• このエントリーをはてなブックマークに追加

皮脂でついた頑固なシャツ襟の汚れの落とし方。自然素材で楽々に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じっとりと蒸すような暑い日が続くと気になるのが、ワイシャツやブラウスの襟の汚れ。

普通に洗濯するだけでは、なかなか落ちず、放置していると、どんどん落ちにくくなり、汚れが目立ってきます。

チラリと覗く襟元が汚れていたら、周りの人に幻滅されてしまうかも…

なんてことにならないように、自然素材を使って、自宅で簡単に汚れを落とす方法を伝授します!

汚れを落とした後は、キレイを保つ裏ワザもありますよ!

スポンサーリンク

 シャツ襟の頑固な皮脂汚れの正体は?

そもそも、シャツやブラウスの襟につく黄ばんだ汚れの正体は何なのでしょう?

実はアレ、皮脂なのです。

毛穴から出る皮脂と汗が入り交じり、肌に触れている襟の部分に付着します。これが酸化すると黄ばみとなり、さらに埃や土と混じると黒ずみのような汚れに!

シャツの襟の部分は首や肩と常にこすれ合うようになっているので、皮脂も付きやすく、繊維の奥まで染み込んでしまうのです。

皮脂は油のような成分なので、水と馴染みにくく、普通に洗濯するだけではなかなか落ちません。

最初は気づかない程度の汚れがだんだん溜まっていき、ふと気づくと常に黄ばんだ状態になっているのです。

シャツ襟の皮脂汚れはこの自然素材で撃退!

では早速、そんな皮脂汚れを自宅で落とす方法を紹介しましょう。

化学薬品を使わず、自然素材を使って簡単にできますよ~。

最近では、重曹が洗濯や掃除に大人気ですが、ここでは一歩進んで、それよりさらに効果がある「セスキ炭酸ソーダ」を使います。

用意するもの

  1. セスキ炭酸ソーダ
  2. 使い古した歯ブラシ、または専用の洗濯ブラシ
  3. 40~45℃くらいのお湯、500ml

使い方

  1. 500mlのお湯に小さじ1程度のセスキ炭酸ソーダを溶かします。
  2. 汚れに直接スプレーするか、襟を浸して濡らしてもOK。
  3. 20分ほど放置したら、歯ブラシか洗濯ブラシに溶液をつけて、襟の汚れ部分を優しくこすります。
  4. もみ洗いしながらお湯で軽くすすいで、洗濯機へ。

ポイント

水に溶けやすいので、温度なども気にしなくていいのが楽ですね。

ただ、脂汚れには、ある程度の温度があった方がより効果的。

脂汚れに強いセスキ炭酸ソーダと、汚れが落ちやすい温度のお湯で、皮脂汚れを分解して落としやすくするのがポイントです。

あまり固いブラシでゴシゴシするとシャツの生地を傷めてしまうので、柔らかいブラシで優しくこするのがおすすめですよ!

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性なので、皮脂汚れにはうってつけ。重曹よりも肌に優しので、使って安心な素材です。

それでも落ちない頑固な皮脂汚れには

軽い汚れなら上記の方法で落ちるのですが、しばらく放置した頑固な汚れだと、落としきれないことも。

そんな場合は、次の方法を試してみましょう。

使うのは、洗濯、掃除の秘密兵器と言われる、この魔法の自然素材ふたつです。

用意するもの

  1. 重曹(大さじ1)
  2. クエン酸水(100mlの水にクエン酸小さじ1/2を溶かしたもの)

※部分洗いに使いやすい量です。使用する部分の大きさによって、調整してくださいね。

使い方

  1. 重曹は少量の水と混ぜてペースト状にし、襟の汚れた部分に塗って20~30分ほど放置します
  2. 重曹を塗った部分にクエン酸水をスプレーで吹き付けると、シュワシュワと泡立って汚れを分解します
  3. そのまま洗濯機に入れて普通に洗濯します

重曹はアルカリ性なので油汚れや脂肪を分解する作用があり、クエン酸は酸性なので洗濯物の柔軟仕上げや黄ばみ防止に使います。

この重曹とクエン酸の合わせ技で、頑固な汚れを撃退できるという訳です。

 

皮脂汚れを防ぐひと工夫

せっかく汚れを落としても、また毎日着ているうちに汚れが溜まって…となってしまいます。

着る前にちょっとした工夫をするだけで、皮脂汚れを防ぎ、キレイな状態をキープすることができますよ!

ベビーパウダーをはたく

洗濯して乾いたシャツの襟に、ベビーパウダーを少量はたきます。

パウダーが皮脂を吸着するので、汚れが付きにくくなりますよ。

つけすぎに注意してくださいね。

汚れ防止テープを貼る

襟の汚れを防止する専用の薄いテープを、襟の部分に貼るだけ!

人から見られても分かりにくいデザインなので、安心です。

100均や、ネットショップでも多数、いろんな種類が売っっていますね。

「汚れガードテープ」で検索してみてください。

液体の洗濯糊をスプレーする

100円ショップやホームセンターに売っている液体の洗濯のり大さじ1を水250mlに溶かし、スプレー容器に入れて襟元に吹き付けます。

ポイントは、洗濯した後の濡れた状態でスプレーすること。

繊維をコーティングすることで汚れが入り込むのを防ぎ、洗濯しやすくしてくれますよ。

まとめ

襟元の黄ばみに代表される皮脂の汚れ、一見手ごわそうですが、自宅で簡単に落とせるんですね!

もちろんクリーニングに出せば、キレイな状態で戻ってきますが、毎回クリーニングに出すのは手間ですし、お金もかかります。

家にエコな洗剤をいくつか常備しておけば、皮脂汚れ以外にも様々な汚れに使えて一石二鳥!

上手に洗濯して、清潔感をキープしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク