• このエントリーをはてなブックマークに追加

おはぎとぼたもち本当は何が違い? 田舎風のおいしい作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸になると、和菓子屋さんに並ぶ、おはぎ。

でも、お店によって、ぼたもち、って表記だったりしますよね。

おはぎと、ぼたもち。見た目も味も同じだけど、一体、何が違うんだろう?

おはぎとぼたもちの、由来や意味、おいしい作り方も調べてみました。

スポンサーリンク

おはぎとぼたもち違いは?!

おはぎとぼたもちの気になる違いですが、実は基本的には同じ食べ物です!

食べる季節の違いで、おはぎとぼたもち、2つの呼び方で分けているだけなんですね。

漢字で書くと、その違いが分かります。

おはぎは、「お萩」

ぼたもちは、「牡丹餅」

どちらも、季節の花にちなんで付けられた呼び名なんですね。

に咲くの時季、秋のお彼岸に食べるのが「おはぎ」です。

萩の花は小さい花がたくさん付いていて、その様子を小豆で表現したといわれています。

に咲く牡丹の時季、春のお彼岸に食べるのが「ぼたもち」です。

あずきの粒をぼたんの花びらに見立てたといわれています。

なぜ、お彼岸におはぎやぼたもちを食べるの?

お彼岸に、おはぎやぼたもちを食べる理由には、いろいろな説があります。

昔から小豆には、邪気を払う食べ物とされていて、おはぎやぼたもちをお供えして先祖を供養したという説。

小豆の赤い色には、災難から身を守るという説。

お米とあんこを合わせて作ることから、ご先祖さまと心と心を合わせるという説。

さらには、秋は収穫に感謝をしておはぎを作り、春は作物に恵みを与える山の神さまをお迎えるするためにぼたもちを作って、お供えをしたという言い伝えもあります。

粒あんと、こしあんの違いは?

こしあんと粒あんの違いは、和菓子屋さんの好みではありません。

本当の理由は、収穫の時期にありました。

秋は収穫の季節ですよね。

採れたての新鮮な小豆は、皮も実も柔らかくて、そのままつぶして、粒あんにできます。

春は、冬を越した小豆を使うので、皮は硬くなっています。

そのまま使ってしまっては食感が悪いので、皮を除いて作るためこしあんができ上がります。

というわけで、秋のおはぎは、粒あん、春のぼたもちは、こしあんとなったそうです。

でも、今では、栽培技術も保存技術も発達して、小豆の善し悪しの違いはなくなりました。

小豆の調理法で、区別はできなくなっているのかもしれないですね。

実は他にも呼び名があった!

おはぎとぼたもち、という2種類の名前だけでも混乱するのですが、実はもうふたつほど、別名があるんだそうです。

秋はぼたもち、春はぼたもち。

その季節の花に例えて、そう呼ばれていますが、実は夏と冬にも、それぞれの名前が用意されているのです。

夏は「夜船(よふね)」

おはぎを作る時は、お餅のようにぺったんぺったんつかないので、音がでませんよね。

荒くつく、すりつぶす、といった感じでしょうか。

なので、隣近所の人たちは、いつおはぎを作ったのかまったく気付かない。

なので、「つき知らず」、または「着き知らず」。

夜中に到着した船も、いつ着いたのか分からないので、それとかけて、おはぎのことを夏は別名「夜船」と呼ぶ、なんてこともあったようです。

冬は「北窓(きたまど)」

冬も同様。「つき知らず」まではいっしょで、それが「月知らず」となり、「北窓」になったのです。

冬の月は北の窓からは見えないからということなんですね。

完全にダジャレ、というか、連想ゲームみたいで、昔の人は風流で面白いですね。

田舎風のおいしい作り方

田舎風、いろいろと解釈はあると思いますが、私の祖母が作ってくれた田舎風は、大きく丸めた餅に、甘い粒あんをたっぷりまぶしたものです。

大きな口を開けてパクつくような、見た目ぼってりとした、決して和菓子屋さんに並ぶお上品なものではありませんが、とっても温かみがあって、美味しいんです!

レシピを紹介しましょう。

もちの作り方

  1. もち米2合と、うるち米1合を洗って1時間ほど置いてから、炊飯器で炊きます。
  2. 炊き上がったら、米粒が少し残る程度まで、しゃもじやすりこぎでつぶします。
  3. 手を水で濡らして、もちを大きめに丸めます。
    すぐにあんこを付けない場合はラップをしておいてね。

あんこの作り方

  1. お鍋に洗った小豆250gと、かぶるぐらいの水を入れて、中火にかけます
  2. 沸騰したらお湯を捨てて、小豆をザルにあけて軽く水で洗います。
  3. 小豆の3〜4倍ぐらいの水を入れて、沸騰させてから弱火でコトコト煮ていきます。
  4. 小豆が小指でつぶれるぐらい柔らかくなったら、お湯を捨てて、砂糖(お好みで250g〜300g)を加えます。
  5. 砂糖が溶けるまで、木ベラで焦げないように弱火で煮ていきます。
  6. ぽってりとしてきたら、塩を入れて味を整えます。
  7. 丸めたもちに、あんこをたっぷりまぶしたら完成です!

時間のない人は、市販のあんこでも充分美味しいので、ぜひ作ってみてね。

まとめ

何気なく呼んでいた、ぼたもち、おはぎには、ちゃんとした理由があったんですね。

お彼岸に食べる理由も、元々は自分たちが食べるために作ったものではなくて、ご先祖さまや、仏さま神さまへ感謝の気持ちと、家族の健康を願って供えられた食べ物だったんですね。

今年のお彼岸は、心を込めて作ったぼたもちを、お供えしようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク