• このエントリーをはてなブックマークに追加

八十八夜っていつ?その意味や由来は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日差しが初夏らしくなり、そろそろ外出には帽子がほしい季節となると、よく聞く言葉、「八十八夜」。

微妙な数字、八十八って、なに? 初夏の明るい季節に、なんで、夜?

お茶摘みと関係がありそうだけど、本当にそうなのかな?

八十八夜についての意味や由来を、まとめてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

八十八夜はいつ?

中国由来の、季節の節目を表す暦、二十四節気。

その一つ、立春(2月4日頃)から数えて八十八日目、これを「八十八夜」と呼びます。

年によって、多少前後するのですが、2018年は5月2日が八十八夜となります。

2019年も同じ5月2日です。

八十八夜の由来は?

立春をもとにして日を決めてはいますが、二十四節気とは別の、「雑節(ざっせつ)」という暦からの言葉が八十八夜です。

「雑節」は日本人が作った、日本独自の暦で、貴族や武士階級の儀式的なものではなく、主に、庶民の生活や農作業の流れに沿った、季節の節目を表します。

中国由来の「二十四節気」を柱としながらも、日本の気候や風土に合わせて、自分たちの生活にぴったりな暦を作って伝える、その「雑節」のひとつが「八十八夜」なのです。

雑節には、他に「節分」、「彼岸」、「土用」、などがあります。

どの言葉も、今も日常生活で親しまれているものばかりですよね。

八十八夜の意味は?

八十八夜の数日後は、立夏。

気候も安定し、夏に向けてのさまざまな準備が必要となる時期です。

この日から、種まきをしたり、苗代のもみまきをしたり、茶摘みをしたり…。

夏を迎えるための、そんな農作業の準備を始める目安が、八十八夜という節目です。

日が暮れてから急に気温が下がり、せっかく育った農作物が霜で傷んでしまう、

そんな心配も、この時期からはなくなるので、「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の忘れ霜」という言葉も生まれています。

ただ、自然相手のことなので、何事にも、想定外というものはありまして、思いがけず遅い時期に冷え込んで、農作物に霜の被害が出ることもあるのですよね。

それを「八十八夜の泣き霜」と呼びます。

八十八夜は、ちょうどゴールデンウィークの真っ最中。

帰りが遅くなる日は、ちょっと「泣き霜」のことを思い出し、上着を一枚、持っていくのもいいかもしれません。

八十八夜はお茶摘みの日…?

「夏も近づく八十八夜

野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは茶摘みじゃないか

あかねだすきに菅の笠」

この文部省唱歌の『茶摘み』から、八十八夜は茶摘みを始める日、というイメージを持たれる方も多いと思います。

茶の木はツバキ科の常緑植物。

亜熱帯性の低木なのですが、日本では、北海道以外のすべての地域で栽培されています。

日本列島は、タテに長いです。

同じ日本国内でも、北と南では、まったく気候が違います。

だから…八十八夜、全国一斉この日にお茶摘み!と、いうわけにはゆかないのですよね。

関西地方では、ちょうど八十八夜の頃に、お茶摘みが始まります。

京都の宇治和束の茶畑など、有名なところのお茶摘みと八十八夜の時期が重なるため、「お茶摘み=八十八夜」のイメージが、余計に強くなるのかもしれませんね。

八十八夜はお茶摘みだけの日ではなく、お茶摘みをも含む、農作業全般の、夏への準備をする目安の日、なのです。

 八十八夜は縁起の良い日…?

八十八夜は、末広がりの「八」が二つも重なっている言葉です。

しかも、「八」「十」「八」を組み合わせると、「米」という字になります。

豊かさにつながる言葉、「八十八夜」。

この日は、とても縁起の良い日と言われています。

そして、「八十八夜に摘んだ新茶は、不老長寿の縁起物」とも言われ、新茶をいただく風習が残っています。

まだ、それほど太陽の光にさらされていない茶の新芽には、甘み成分の「テアニン」がたっぷり。

対して、渋み成分の「タンニン」はちょっと控えめとなっています。

まろやかな味の新茶を、縁起の良い八十八夜にいただく。

初夏の夜の、そんな粋な楽しみ方も素敵ですね。

八十八夜の「夜」って、なに?

現在、私たちが普通に使っているカレンダー、

これは、明治5年(1872年)に制定された、「太陽暦(グレゴリオ歴)」と呼ばれるものです。

文字通り、太陽の動きをもとにした暦ですね。

でも、それまで日本では、月の満ち欠けをもとにした「太陰暦」を使っていました。

「お月さまが太ってきたね。」

「そろそろ満月になるね。」

と、夜、月を見上げることで、年月の流れを感じる生活でした。

そんなふうに、「夜」に重きをおいた時間の感覚から、「立春より八十八回目の夜」が「八十八夜」となったと考えられています。

八十八夜についてのまとめ

・2018年の八十八夜は5月2日。

・八十八夜は、立春から88日目にあたる日。

日本独自の「雑節」という暦のひとつで、夏に向けての農作業を始める目安とされていた。

・八十八夜にお茶摘みができるのは、主に関西地方。

・八十八夜は縁起の良い日。古くから、八十八夜に摘んだ新茶を飲む風習があり、「不老長寿の縁起物」と言われている。

・八十八夜の「夜」は、月の満ち欠けをもとにした「太陰暦」が使われていた時代のなごり。日本人は「夜」に重きをおいた時間感覚を持っていた。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク