• このエントリーをはてなブックマークに追加

クーラー病(冷房病)のよくある症状と予防、対策法。働く女性必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い季節、クーラーなしでは快適に夏を過ごせないと言っても過言ではないほど必需品となっています。

その反面、職場や出かけ先のクーラーの効きすぎで体調を崩し悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

あなたのその体調不良、クーラー病(冷房病)かもしれませんよ!

ここでは、クーラー病の症状がどんなものなのか、その予防と対策方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

クーラー病(冷房病)のよくある症状は?

クーラー病には具体的にどのような症状があるのでしょうか?

実は、冷え性や、低体温症とまったく同じ症状があるのです。

・頭痛

・むくみ

・肩こり

・腰痛

・腹痛

・食欲不振

・疲労感

・不眠症

・肌荒れ

・めまい

・生理不順

ひどい方は吐き気や発熱を引き起こすこともあります。

そもそもなぜクーラー病(冷房病)に?原因は?

    クーラー病とは温度差のある所を行き来することで自律神経が乱れ、体調不良を起こすことです。

一般的に温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れると言われています。

自律神経には、体温を下げる役割の交感神経と体温を上げる役割の副交感神経があります。

オフィスで仕事をしている時など緊張状態のときには交感神経が活発に働いています。

つまり、体温を下げる役割の交感神経が活発なところに、さらに冷房で体を冷やしてしまっているのです。

この状態で息抜きに外に出たり、トイレに行ったときにはリラックスして副交感神経が活発になります。

しかし、体は冷え切っていて、副交感神経は体温調節をうまく行うことができません。

これを繰り返していると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、体調不良を起こしてしまうのです。

でも、夏の間だけなら我慢できそうかも?と侮るなかれ!

慢性化した自律神経の乱れは、修正が難しく、常に体が冷えて頭痛や肩こりが続くなんてことになりかねません。

そうならないようにクーラー病の予防対策をしっかり行いましょう。

クーラー病にならない!予防対策とは

以下に、クーラー病の予防、対策をご紹介します。

クーラーの設定温度

クーラーの温度は、外気との気温差に気を付けて設定しましょう。

24℃~28℃が適温と言われています。設定温度が高めでも、ドライにしておくと湿度が下がって快適に過ごせますよ。

直接冷気にあたり続けると、低体温になる恐れがありますので避けた方がいいです。

可能な限り、冷気を直接浴びないようにしましょう。

衣服で体温調節

オフィスなどのクーラーの設定温度を変えられない場所では、カーディガンを羽織るなどして、体が冷えないようにしましょう。

冷気は下に行くので、足元が冷えないように靴下を履くのもいいですね。

内臓が冷えると体の中から低体温になってしまうので、ブランケットやひざ掛けなどでお腹を温めることも大切です。

それでも寒いと感じる時には腹巻をしたり、ホッカイロを貼るのも効果的です。

また、首が冷えると体が冷えるてしまうので、スカーフを首に巻くのもいいでしょう。

冷たい食べ物、飲み物は避ける

暑いとどうしても冷たい食べ物や飲み物が欲しくなりますが、冷たいものは食べすぎると内臓に負担になります。

冷たいものの摂り過ぎには注意しましょう。

また、冷たい飲み物の代わりに、体を温めるため、生姜ココア、生姜紅茶などの生姜ドリンクを飲むのもいいですよ♪

生姜のチューブを使えば、入れて混ぜるだけで簡単に作れるのでオススメです。

5~10分程度の軽い運動をする

運動をすると血行を良くし、体内から温めることができます。

さらに、自律神経の働きもよくしてくれるんです!

オススメの運動は有酸素運動とストレッチです。

散歩やウォーキングをする場合は、少し息が弾むくらいのペースが良いですよ。

長時間座っていることが多い人は、立ち上がってストレッチをしたり、こまめに動くといいでしょう。

運動は長時間でなくていいので、毎日続けるのがポイントです。

お風呂にゆっくり入る

夏は特に、暑いからシャワーだけ。なんて方も多いのではないでしょうか?

しかし、シャワーだけでは体を十分に温められません。

37℃~38℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり(30分程度)つかりながらマッサージなどをして血行を良くしましょう。

湯船につかって体の芯まで温めると、自律神経のバランス改善効果があったり、新陳代謝が促進されて体内の老廃物や疲労物質を排出することができるもの。

心身共にリラックスできて良いこと尽くしです!

生活リズムの改善

一番の基本として大切なのは生活リズムを崩さないことです。

夏は日が長くなり、夜更かしが増えたり、夜中に食事をとるなどして生活リズムが崩れがちです。

夜更かしや夜食はお肌に悪いだけではなく、自律神経のバランスも崩しやすいのです。

夏は何かと楽しいことがたくさんで生活リズムを崩しがちですが、できるだけ規則正しい生活を心がけて、体への負担を減らしてあげましょう!

まとめ

さて、クーラー病(冷房病)の症状と原因、そして予防対策についてご紹介してきましたが、ざっくりまとめると

○クーラー病の症状は冷え性に似ている。重症化すると吐き気や発熱の恐れも

○クーラー病は自律神経の乱れで起こる

○クーラー病の予防対策は、とにかく体を冷やさないこと!

と、なります。

夏になるとなんだかだるい、肩が凝る、頭痛がつらい…という方はすでにクーラー病かもしれません!

心当たりのある方は、ご紹介した予防対策を是非試してみてください。

つらいクーラー病とはおさらばして夏を満喫しましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク