• このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄慰霊の日は祝日? 学校・会社は休み? 何をする日ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月23日の沖縄慰霊の日は、沖縄ではどんなことをしているのでしょう。

学校や会社もお休みになるって聞いたことがあるけど、本当でしょうか。

沖縄慰霊の日とは、どんな日なのか、その日、沖縄はどんな様子なのかを、調べてみました。

スポンサーリンク

沖縄慰霊の日は、沖縄だけがお休みの日

沖縄慰霊の日は、6月23日です。

カレンダーは黒字で表記されていますが、この日は、沖縄県だけがお休みになる公休日なんです。

慰霊の日は、県内の小・中学校、高校がお休みになります。

県庁や各市町村役場などもお休みになります。

ただ、一般企業や郵便局、金融機関、お店などはいつも通り営業をしているそうです。

公共交通機関も、休日ダイヤではなくて、平日と同じように運行しています。

学校や仕事がお休みといっても、子どもも大人も、いつもの休日のように、ウキウキわくわく気分にはなれないそうです。

沖縄慰霊の日は、沖縄戦が終わった日

沖縄慰霊の日の6月23日は、第二次世界大戦(太平洋戦争)で、沖縄戦の組織的な戦闘が終わった日とされています。

沖縄戦は、1945(昭和20)年3月、アメリカ軍が沖縄に上陸して、3ヶ月間にわたって、激しい地上戦を繰り広げたもの。

この戦闘で亡くなった日本人は、約20万人以上とされていますが、そのうちの半数の人々が、一般の住民や子どもたちでした。

兵隊ではない一般住民が戦争に巻き込まれ、たくさんの尊い命が犠牲になったのは、太平洋戦争で唯一、この沖縄戦だったそうです。

6月23日は、日本軍の陸軍部隊の牛島司令官が自決した日といわれていて、この日が沖縄戦の戦闘が終結した一区切りとなり、沖縄慰霊の日が制定されたそうなんです。

沖縄慰霊の日には何をする?

沖縄慰霊の日は、沖縄戦で亡くなった人たちの霊を慰め、平和を祈る日になっています。

沖縄が本土復帰するまでは、慰霊の日は休日でしたが、1972年に日本に返還後は、日本の法律が適用されて、法的根拠がなくなったということで一時期、休日ではありませんでした。

その後の1991年に、沖縄県の県条例で、正式に、慰霊の日が休日となったようです。

慰霊の日、沖縄の街はどんな様子?

慰霊の日は、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、沖縄県全戦没者追悼式の式典が行われます。

多くの遺族の方たちや県知事、時の総理大臣も参列して、正午から1分間の黙とうをささげます。

この時の様子は毎年、テレビでも放送されていますよね。

2015年の式典には、アメリカのケネディ駐日大使が、2年連続で参加して、大きなニュースになりましたね。

同じ大使の連続参加は、今までにない異例のことだったそうです。

ちなみに、この平和祈念公園がある糸満市は、牛島司令官が自決した場所といわれているそうです。

沖縄戦の最後の激戦地でもある、その市内を毎年、子どもからお年寄りまで、全国から集まったたくさんの人たちが、平和への願いを込めて、大行進をしています。

糸満市は式典も行われるので、昼前後は、道路が混み合っているようです。その他の地域は、目立った混雑もなくて、旅行している人も問題なく過ごせるみたいです。

学校がお休みの子どもたちは?

学校がお休みになった子どもたちは、ただ遊んでいるわけではないようです。

「ひめゆりの塔」など戦争の史跡を巡ったり、戦争で亡くなった人たちの名前が刻まれた「平和の礎(いしじ)」を見学したり、平和学習をしているそうです。

沖縄慰霊の日は、沖縄県平和祈念資料館や沖縄平和祈念堂が、無料で公開しています。海外からも、多くの観覧者が訪れているようです。

まとめ

沖縄慰霊の日は、平和を誓う日として、沖縄では正式な公休日だったんですね。

このたった1日に、世界中から、たくさんの人が沖縄県に集まります。平和祈念公園周辺では、朝早くから、花や線香を手向ける遺族の姿が見られるそうです。

県外に住む人たちも、6月23日は、特別な日として覚えておきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク