• このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸にはぼたもち? おはぎ? 違いと由来は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お彼岸といえば、春お彼岸と秋お彼岸があります。

お彼岸にはお墓参りに行きます。その時にいつもお供えされているのは、おはぎやぼたもちですね。

実際に、おはぎとぼたもちって何が違うのでしょうか?

供える理由や、おはぎとぼたもちの違いについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お彼岸とは? ぼたもち、おはぎの由来

お彼岸にはお墓参りをすることを知っている方は多いと思いますが、なぜお彼岸の時にお墓参りに行くのかを知っている方は少ないと思います。

お彼岸は日本独特の風習となっていますので、他国ではこのような風習はありません。

お彼岸の正式名称は「彼岸会」と言われるようです。

仏教の西方娯楽浄土の教えより、十億万仏土先の西方には阿弥陀如来がいるとされる浄土があるため、太陽が東から上って西へ沈む春分・秋分を含んだ彼岸に修行をするのがよいとされていたようです。

昼と夜が同じ12時間の日が春分の日と秋分の日。

この日は一番亡くなった方への想いが通じやすい日とされています。

そんなことから、お彼岸の日にはお墓参り、となったんですね。

日本は豊作を願う儀式や安全を願う風習があり、それがお彼岸をする意味とも重なっています。

春には種をまく時期で、秋には収穫をする時期ですから、その時期にお彼岸をするようになりました。

なぜお供え物はぼたもち?おはぎ?

お彼岸の時にお供えするものは「ぼたもち」なのか? それとも「おはぎ」なのか?

と思いますが、実はこの2つ、言い方が違うだけで全く一緒のものなんです!

なぜ一緒のものなのに呼び方が違うんだろうと思いますよね。

これには、お彼岸をする時期が関係しているんです。

先ほども説明したように、お彼岸は春分の日と秋分の日が関係していることがわかっていただけたと思います。

「ぼたもち」のぼたというのは、牡丹(ぼたん)の花のことを言います。

牡丹というのは春の花なので、この名前がつけられたんですね。

春分の日が関係する春のお彼岸には「ぼた餅」をお供えします。

対する「おはぎ」は、はぎを漢字にすると「萩」です。

秋の七草のひとつである、萩から取って、おはぎ、という名前がつけられました。

秋分の日が関係する秋のお彼岸には「おはぎ」をお供えします。

ぼたもちもおはぎも、漢字で書くと「牡丹餅」「御萩」と書くんですね。

ぼたもちもおはぎも、昔は高級品だった!

お彼岸は古くからの風習となっています。

特に江戸時代、砂糖は本当に高級品でした。

そんな高級なものを使用するときは、大事な日や大切な人に食べていただく時にしか食べることができませんでした。

ぼたもちもおはぎも、昔は高級品だったんですね。

そういった高級なものをお供えし、願い事をしたり健康に過ごすことができるようにお祈りをしたそうです。

ぼたもち、おはぎの変わりレシピ

ぼたもちやおはぎはスーパーなどでよく売っていますよね。

お彼岸でお墓参りをする時、時間がない時はよくスーパーで買ってお供えするなんてことがあると思います。

それでもいいとは思いますが、やはりお供え物にも気持ちがこもったものが良いと思いますので手作りのものをお供えしてはいかがでしょうか?

それではネット見つけた、変わりぼたもちレシピをご紹介します。

四色ぼたもち

お彼岸にはかかせない、ぼたもち。四つの味で贅沢に。

色とりどり*四色ぼたもち(おはぎ) by 福島県
お彼岸にはかかせない、ぼたもち。四つの味で贅沢に。

このレシピのおすすめなポイントは、色合いが良いということです。

あずきの色が印象的ですが、様々な色があることでなくなった人にも色とりどりのぼたもちを見て楽しんでいただけるのではないかと思い、選びました。

その分手間はかかりますが気持ちが大切です!

もち米を使わない!

いつものお米と残ってるお餅でつくっちゃいましょう~。

もち米なくてもOK♪おはぎ♡ by キッチンmaki
いつものお米と残ってるお餅でつくっちゃお♪

こちらのレシピのおすすめポイントは、家にあるもので作ることができるところです。

もち米なんて、なかなか買うことも使うこともないと思います。

お彼岸でぼたもち(おはぎ)を作るためだからと言って買うのももったいない…なんていう方にはおすすめのレシピだと思います!

お餅もなかなか家にはないかもしれません。しかし、意外と賞味期限がもちますし、秋分の日のお彼岸の時に使った後にお正月にも使用してもいいと思いますよ。

そのためお餅が余るという可能性が低くなると思います。

まとめ

お彼岸のおはぎとぼたもち。

実は同じものだったなんて、驚きの発見ですね!

萩、牡丹、という花にたとえて表現するなんて、昔の方々は、やっぱり季節を楽しむ天才!

本当に風流って、こういうことだなと思いました。

意味を知るだけで、なんだかとてもお彼岸が身近に感じられて、これからはもっと心から楽しめそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク