• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に寝る時エアコン設定温度は何度が適正? 冷え過ぎず快眠するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏となると、寝苦しい夜が多くなりますね。

身体に良くないなと思っても、扇風機だけでは汗だくになって、結局エアコンのリモコンに手を伸ばしたり。

身体に害のない、寝る時のエアコンの設定温度って、いったい何度が良いのでしょう?

冷え過ぎに快眠するコツについても調べてみました。

スポンサーリンク

寝る時のエアコンの快適な設定温度とは?

快適に眠るためには布団の中の温度、湿度が関係しているようです。

快適な温度・湿度から5度以上変化してしまうと、中途覚醒する回数が通常の5倍以上になってしまいます。

その快適な温度とは、こちら。

お布団の中の温度が約32~33度、湿度が約50~55%

この温度、湿度を保つとよく眠ることができると言われています。

そんな温度を保つためには、室温を約25~27度がよいとされているんですね。

ズバリ、エアコンの設定温度もその間。

寝るときのエアコン設定温度は、25~27度

おそらく25~27度でも暑く感じてしまい、下げている方がいると思いますが、人は寝ていると体温が低下するようになっています。

そのため、日中の設定温度より1~2度高い温度に設定したほうがよいのです。

除湿設定だと冷え過ぎは防止可能?

快適な睡眠環境を整えるには、温度と湿度が関係します。

温度設定について説明しましたが、湿度はどうなのでしょうか?

湿度が高いときに使うのは、「除湿」ですね。

除湿を使用すると、温度は下げすぎずに、湿気だけをとってくれて、身体にはよさそうだと思いませんか?

しかし、冷房と除湿の部屋、それぞれ入ったことがある方は思うかもしれませんが、実は除湿のほうが寒く感じるのです。

除湿のほうが、かえって温度を下げてしまうことがあり、寝る時には冷房より身体を冷やしてしまうことになりかねません。

少なくとも、寝る時には冷房にして、温度設定の方を優先すると良いようです。

暑い真夏の夜に快眠するための工夫とは

エアコンなしには眠れない!

でも、冷え過ぎやイヤ!という方は、やはり設定温度をある程度、高めにしておいて、その分を他のことで補うと良いでしょう。

それでも、家族の関係で、やっぱり温度は低くしないと…という方は、冷えすぎに注意。

いくつか夏の快眠について、ヒントをお伝えします。

氷枕や、冷感タオルを使用する

熱を出した時に使うアイスノン。

でも、熱帯夜の快眠にも、とても役に立つのです。

頭を冷やす、あるいは枕にして首を冷やすと、それだけで全身の血液の温度が下がりますから、体全体をゆるやかに冷やしてくれることになります。

熱中症気味のときにも良いですし、身体が疲れている時には、ぐっすりと眠れますので、弱めのエアコンとコンビで使うと疲労回復につながりますね。

扇風機を併用する

エアコンだけで暑かったら、扇風機を併用するのも一案です。

エアコンの風を直接身体に浴びるのは、本当に毒。

ですから、エアコンは天井に向けておいて、ゆるやかに下に冷気が降りてくるようにする。

そして、部屋の中をぐるっと冷気が行き渡るように、上に向けた扇風機を弱くかけておく。

扇風機は、首を回したり、強弱のリズム設定があれば利用したりすると、自然の涼しさの中で眠っているように感じて、熟睡できます。

くれぐれも、直接、風に当たらない工夫をして、冷えすぎには注意してください。

エアコンにおやすみタイマー設定をする

エアコンをつけっぱなしにすることでクーラー病になる方がいます。

クーラー病とは、寝ている間に身体が冷えすぎてしまうことで血管収縮し、気分不良や朝起きたときに疲労感を感じてしまうことです。

そのため、エアコンにタイマー設定をしておくことで、長時間エアコンによる身体の冷えから身を守ることになります。

しかし、クーラーを消してしまうとやっぱり暑くてつけてしまうこともありますね。

何度もつけたり消したりすると眠れませんし、電気代もつけっぱなしよりも何度もつけたり消したりするほうが高くなってしまいます。

外気がぐっと低くなる午前2時くらいまでの間だけ、タイマー設定をして眠ることができる方は、この方法を試してみましょう。

寝る時はタオルケットや着るもので冷えないようにする

上記のことに挑戦したけど、それでも暑いという方は、設定温度を徐々に下げてみてもいいかもしれません。

しかし、身体が冷えてしまいますので、しっかりとタオルケットやパジャマで冷えを防ぎましょう。

身体の冷えだけではなく、エアコンをつけっぱなしにすることで、喉が乾燥して朝起きたときに喉が痛いということもありますので、適宜、マスクを試してみるのも一案です。

基本は、エアコンなし、または設定温度を低くしすぎないのが疲れないコツ。

でも、猛暑のときだけは、という期間限定でお試しください。

まとめ

エアコンは日中の設定温度より1~2度高い設定にしたほうがいいようです。

エアコンを低くしないと寝苦しい、という場合には、なるべく補助アイテム(アイスノン、扇風機など)を上手に使って、冷過ぎないように工夫しましょう。

設定温度をどうしても下げたいときは、冷えすぎない工夫をして自ら防御を。

設定温度に関わらず、エアコンは除湿ではなく冷房にしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク