• このエントリーをはてなブックマークに追加

ハトムギ茶(はと麦茶)と大麦茶は違うもの? 身体にいいのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が近づき、どんどん暑さが厳しくなると、冷たい麦茶が美味しい季節。

でも、最近、よく聞くハトムギ茶(はと麦茶)も、なんだか身体に良さそう。

麦茶の効能とかもきっとあるから夏によく飲まれるのだと思いますが、ハトムギ茶とどっちが身体にいいのかしら?

今回はその違いや、それぞれの効能について、比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

ハトムギ茶と大麦茶の違いは?

ハトムギ茶と大麦茶ってどちらも「むぎちゃ」ってつきますから、同じ種類のものかと思う方もいるかもしれませんが、はい、まったくの別物です。

ハトムギ茶と大麦茶の違いは、当たり前ですが、その「原材料」。

おなじみ麦茶は、「大麦の実」を使って作られたお茶で、ハトムギ茶は「ハトムギの実」を使用して作られたお茶です。

どちらもイネ科の植物ですから、まったく別物とはいいきれませんし、焙煎方法も同じで、殻付きのままで行います。

皆さんが「麦茶」と言われるものは「大麦茶」を省略したもの。

ハトムギ茶は、あくまでもハトムギ茶だと覚えておきましょう。

ハトムギ茶の効果とは?

ハトムギ茶は、「ノンカフェイン」ですので、妊婦や赤ちゃんでも、安心して飲むことができます。

ハトムギには、タンパク質が多く含まれており、アミノ酸とのバランスもよく、新陳代謝を促進させる効果があります。

カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンB1、B2が含まれており、とても栄養価が高いことがわかります。

美肌効果もありますのでアトピーなど、肌が弱い方や赤ちゃんには、肌あれを予防する作用がありますし、シミやそばかすなどにも良いようです。

食物繊維が含まれていますので便通の改善につながりますし、胃腸の働きもよくなります。

ストレスの多い方は、胃腸に負担がかかりやすいので、眠気覚ましにカフェインの入っているコーヒーを飲むより、温かいハトムギ茶を飲んだほうが身体には良いということです。

大麦茶の効果とは?

大麦茶とは、私たちがよく知る、「麦茶」のこと。

大麦茶には2種類あり、粒の大きい「六条麦茶」と粒の小さめな「二条麦茶」です。

このふたつで、とくに味の違いはないようです。

大麦にはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどが含まれています。

夏には汗をたくさんかきますが、その際に、消耗するのがこれらの要素。

それを効果的に補うことができるのが、麦茶だってわけです。

昔の人の知恵って、ものすごくないですか?

大麦茶に含まれるアルキルピラジン(ピラジン)が、血液をサラサラにする効果があったりします。

血圧の調整にもなりますね。

夏の間は、汗をかいて血液が濃くなりがち。血圧も上がりがちなシーズンなんです。

それも実は、麦茶が防ぐ役割を果たしていたのです。

ちゃんと夏に飲むべき理由がいっぱいあったんですね。

さらには、紫外線にあたることで発生する、活性酸素を抑制する働きがあるそうです。

ちなみに、大麦茶もハトムギ茶と同じように、ノンカフェインですから、どなたでも安心して飲んでいただけます。

ハトムギ茶と麦茶はどちらが身体によい?

どちらもとても美味しくて、さっぱりして、ノンカフェインで。

身体に悪いことはなさそうですが、ハトムギ茶は、飲みすぎるとお腹がゆるくなるそうですので、量は控えめに。

それはもちろん、冷やしすぎた麦茶でも同じことですね。

美容、ダイエットに良いとされるのが、ハトムギ茶。

美肌効果や食物繊維の効能のためなのでしょう。

生活習慣病や、夏の暑さしのぎには、やはり麦茶。

汗で失われるミネラル分を補い、血液をさらさらにする働きが何よりも魅力です。

ハトムギ茶と麦茶、どちらにも関係しますが、小麦アレルギーがある方は注意が必要です。

それらと小麦は別物ではありますが、分子構造が似ていることから、一部にアレルギー反応を起こす方がいるようです。

とくに赤ちゃんに飲ませるときには注意しましょう。

まとめ

ハトムギ茶も麦茶もそれぞれ身体によい効果があります。

麦茶はやっぱり夏の飲み物の王様。

夏の気候でダメージを受ける身体に、必要な養分がたくさん入っています。

ハトムギ茶は、美容、ダイエットにも良いようです。

冷たいお茶は飲み過ぎに注意ですが、カフェインレスでもありますし、上手につきあって、夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク