• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏おにぎりの傷まない具材や作り方は?美味しく長持ちする方法紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のお弁当を準備する時に心配なのが食中毒。

一番手軽なおにぎり弁当ですが、もし、傷んでしまったらと思うと、パンの方がいいのかしらと思ってしまいます。

今回は、栄養価も抜群で、エネルギーもつく万能食品おにぎりの、「傷まない具材選び」や「傷みにくい作り方」についてまとめてみました。

また、美味しく長持ちさせる方法についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏おにぎりの傷まない具材とは?

傷まない具材に共通するのは、汁気がないということです。

汁気があると、雑菌が繁殖しやすくなりますので、その点に注意して具材を決めてもいいかもしれませんね。

また、「塩気」が決め手。

でも、あんまり深く考えないで、昔ながらの具材が一番いいんです。

昔の人は、ちゃんと「腐らない」知恵を知っていたんですね。

おにぎりと言えばやっぱり梅干しですよね。

なぜ梅干しがいいのかというと、梅干しの中に塩分とクエン酸が入っているからなんです。

この成分のおかげで腐らないんですね。

より傷まないようにするには、梅干しを刻んで握ったらよいそうですよ。

中の成分が外に滲み出て、殺菌効果を強くするんですね。

昆布

昆布にも塩分が含まれているので傷みにくくなります。

醤油や塩分をきかせて、佃煮にしたものが、殺菌効果もあり、食べやすくて良いですね。

大葉

大葉には腐らない効果があるので傷みにくくなります。

大葉と梅干しを混ぜたおにぎりなんか、最強にですよ!

シンプルな味付けである塩には、殺菌効果がありますのでおすすめです。

皆、おにぎりには必ず塩を振ってから握ると思いますが、味付けの意味はもちろん、殺菌効果のためにも重要だったのですね。

殺菌効果を強めるための塩は、精製した塩よりも、天然素材の海塩を選びましょう。

炒った黒ごまを一緒に混ぜれば、風味も増して、美味しさアップ!

夏おにぎりを傷まないようにする作り方とは

夏のおにぎり弁当。傷まないようにする作り方のポイントについてご紹介します。

ご飯は冷ましてから握る

ご飯を温かいまま握ってしまうと、湯気によって水気ができてしまいますので、雑菌が繁殖しやすくなります。

ちらし寿司などを作る時の要領で、うちわや扇風機などで十分に冷ましてから握りましょう。

海苔をまくのは食べる直前に

おにぎりの海苔は、作ったときすぐに巻いちゃいますよね。

しかし、そうすると雑菌が繁殖しやすくなりますので、奈津に限っては、食べる直前にまくようにしたほうが良いようです。

とくに前の日に作り置きをして、海苔もまいていたら、さらに雑菌が繁殖しますので注意しましょう。

食べる直前にまくのが面倒であれば、大葉で巻いて、海苔の代わりにしてもいいかもしれませんね。

味付け海苔などを持参して、それを一緒にいただくのも良いですね。

おにぎりを握るときはラップを使用する

ふだんは、手に水をつけて、おにぎりを握っていると思いますが、よく手を洗っていたとしても、手には菌が存在しています。

このところの高温多湿の夏だと、それが悪影響をもたらす場合もあるのです。

そこで、おにぎりを握る時に、ラップを活用することをおすすめします。

ても汚れずに、簡単にできて、一石二鳥です。

美味しく長持ちさせる方法とは?

おにぎりを傷めず、さらに美味しく長持ちさせる方法をご紹介します。

おにぎりは涼しい場所におく

とにかく気を付けることは、おにぎりを温めないことです。

夏場はとくに日向においていると温かくなってしまいますから、気を付けないと雑菌が繁殖しやすくなります。

なるべく日陰で、風通しの良い場所に置いたありするなどの工夫が必要となってきます。

あとは、保冷剤などをいれるとよいと思います。

私は保冷剤でお弁当袋の中が入り切れなくなるのが嫌なので、前の日からゼリーを冷凍庫にいれて凍らせておいて、当日ゼリーを保冷剤替わりに使うようにしています。

保冷の効果もありますし、固まったゼリーが冷えたゼリーへとかわりますので、とても美味しいですし、一石二鳥になりますよ!

おにぎりは1つ1つラップに包む

おにぎりは、具材がくっついてしまうと傷みやすくなってしまいますので、握る時にラップを使ったら、そのままひとつずつ、個別に包んでしまいましょう。

そうすることで、他の具材と交じることもなく、熱の影響も受けにくく、傷みにくくなるということです。

まとめ

夏のおにぎり弁当は、高温多湿な気候のせいで傷みやすいので、とくに具材や握り方、保存方法に注意が必要です。

梅干しや塩昆布、大葉など、殺菌作用の強い具材を、汁気などがない状態にして握ること。

ラップを使って雑菌を避けること、涼しい場所で保管することなど、ほんのちょっとの気づかいで、食中毒の危険性は防げますよね。

おにぎりは、どんな季節に食べても美味しくて、子供も大好きな主食です。

夏も心配なくお弁当に出せるよう、簡単な気配りをしていきましょう~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク