• このエントリーをはてなブックマークに追加

潮干狩りの道具。これは必要! これは禁止! 知らずに行ったら摘発も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族で行くのも良し、カップルで行くのも良し、老若男女楽しめるのが潮干狩りですよね!

しかしそんな誰でも楽しめる潮干狩りにも禁止のことがあります。

知らずに行ってしまうと捕まってしまうかもしれません。

今回は潮干狩りに必要な道具や禁止の物について説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

潮干狩りに絶対に必要な便利な道具

まず絶対に欠かせない道具を紹介していきます。

熊手

小さなスコップを使っている人もいますが熊手の方がいいです。

貝を捕る道具がないと素手でやらないといけないですからね(笑)

そんな高価なものではないので1人1つ用意しておくようにしましょう!

バケツ

捕った貝を入れる道具がないと話になりませんからね。

どれくらいの時間潮干狩りをするかにもよりますが1グループに1つあれば十分でしょう。

ザル

大きなバケツ1つに人数分のザルがベストでしょうね。

バケツだけだと砂を一緒に入ってしまうので砂をとるときにもザルは必要になってきます。

バケツの中に入れておけば荷物にもならないのでお手軽です。

買わなくても家にあると思うので潮干狩りに行く際は忘れずに持っていきましょう!

着替え

海でのイベントなのでどうしても濡れてしまうことがあります。

大人の人は大丈夫と言ってあまり持っていきませんが尻もちをついたら最悪ですよね。

ずっと気持ち悪いまま過ごさなくてはいけません。

また汗もかくので大人でも着替えは絶対に必要です。

小さな子供と行く場合は子供の分は多めに着替えを持っていくようにしてくださいね。

保冷剤

貝を持って帰る時に必要になります。

近所の場合は大丈夫ですが、遠くから来た場合は必ず持っていくようにしましょう。

車で行くのであれば、クーラーボックスもあった方が良いですね!

保冷材に関しては、暑くなった時に体も冷やせるので便利なアイテムですね。

熱中症対策グッズ

潮干狩りのシーズンは各地域によって違いますが、砂浜に日陰などほとんどないので、対策は必ずしてください。

飲み物はもちろん、帽子やタオル、アメなど持っていくといいでしょう。

潮干狩りに、あると便利な道具

ビーチサンダル

デートなどで靴で出かけるときは、ビーチサンダルも持っておくといいでしょう。

彼女の分も用意しておくと喜ばれますね。

リュックサック

荷物を預ける場所があれば普通のカバンでも大丈夫ですが常に自分が持っておく場合にはリュックサックがおすすめです。

絆創膏などケガ対策グッズも入れておくと便利ですね。

日焼け止め

女性はまず化粧下地に塗っていると思いますが、男性も油断せずに塗っておくといいでしょう。

日焼けして黒くなりたい!と思う方は別ですが(笑)、思いがけず長時間、海辺の強い紫外線を浴びていると、ひどい火傷にもなりかねません。

とくに海のシーズンのはじまりに行く場合も多いので、肌はまったく慣れていないもの。

ヒリヒリしてお風呂に入れなかったり、脱皮みたいに皮がむけるのが嫌な人は、必ず日焼け止めを準備しておきましょう。

汗拭きボディシート

汗をかくので潮干狩りが終わって着替えるときにあると気持ちよくて便利です。

制汗スプレーやシーブリーズなど液体のものでも大丈夫です。

デートで行く際には臭い対策にもなるので1つは持っておくようにしましょう!

http://item.rakuten.co.jp/otoriyosestadium/c/0000000405/

防水ケース

スマートフォンなどを水から守ることができます。

ポケットに入れておいて落としたら大変ですからね。

濡れたらまずいものは防水ケースに入れておくのがおすすめです!

http://item.rakuten.co.jp/wilmart/wm-746-07bk/

潮干狩りの道具はどこで買えばいいの?

これから潮干狩り用の道具を買おうと思っている人は、どこで買えばいいのか困っている人も多いと思います。

楽天などはもちろん、100均でそろうものもたくさんありますよ。

ふだんなくてもシーズンになると品揃えも変わるもの。

熊手やバケツ、ザルなど、潮干狩りに必要な道具は、100均で手に入れましょう!

熊手やバケツ以外にも、今まで紹介したものは、100均に売っているものも多いので、1回の買い物で済むのもありがたいですね。

潮干狩りでの禁止道具とは?

潮干狩りの禁止道具については、考えたことすらないという人がほとんどとは思います。

でも、知らずに使ってしまうと、捕まって罰金を取られてしまうかもしれないので注意してくださいね。

ほとんどの場合、「捕れ過ぎ防止」のため、環境保護のためが理由です。

毎年、毎年、皆が安全に楽しみ続けることができるように、自然を保護する意味合いなんですね。

とっても大事なこと。ルールやマナーを守って、自然と共存していきましょう。

禁止道具1 ジョレン

テレビなどで見たことがある人もいると思いますが、漁師さんとかが使う道具ですね。

わざわざ持っていく人はほとんどいないと思いますが、この道具は禁止されています。

若い人がノリでしてしまいそうな気もしますが禁止なので止めてくださいね。

忍者熊手

忍者熊手に関しては、普通のくまでとの区別がつきにくいこともあって、禁止ということを知らずに使ってしまっているという人も多いと思います。

忍者熊手というのは普通の熊手に網が付いているもので、貝が逃げることはなく便利な道具です。

しかし、採れ過ぎてしまったり、子供の貝殻まで根こそぎ採集してしまったりすることが問題です。

普通の熊手より貝が捕れて便利ゆえに、禁止になっている場所があるので注意してください。

他にも、それぞれの潮干狩りスポットによって、個別に禁止になっているものがあるかもしれないので、潮干狩りに行く際は、事前に十分、確認しておきましょう~

まとめ

潮干狩りの道具は。基本的に100均でもそろえることができます。

各地域によって潮干狩りの時期は異なりますので自分の住む地域はいつごろからできるのか確認することも必要ですね。

潮干狩りは日陰もなく直射日光を浴びてしまうので日焼け対策や熱中症対策は必ずしておくようにしましょう。

体調を崩してしまってはせっかくの良い思い出が台無しになってしまいますからね。

その場所の潮干狩りのルールを確認したうえでしっかりと楽しんできてくださいね!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク