• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんに与える麦茶、大人用はいつからいいの?その与え方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、赤ちゃん用のベビー麦茶とか流行ってますが、なぜ大人用と一緒じゃダメなの?

薄めればいい? それとも、そもそも成分が違うの? 危険なの? いつからならいいの?

赤ちゃん用麦茶って、結構、買い物では重いし、かさばるし、すぐになくなるしで、面倒なんです。

経済的にも大人用のパックを一緒に飲ませたいので、いろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

赤ちゃん用の麦茶・大人用の麦茶の違いは?

唯一の違いは味の濃さ

赤ちゃん用の麦茶と大人用の麦茶の違いは、味の濃さ

味が濃いと、赤ちゃんは苦みを感じてしまうんですね。

苦いと、なかなか飲んでくれないものですが、大人が飲んでも、ほろ苦さはかえって甘く感じられたりもして、判断が難しいところです。

あの独特の渋みや苦味が、芳香があって、大人には美味しく感じるものだからです。

赤ちゃん用の麦茶を大人が飲んでみると、かなり薄く、淡白だと感じると思いますが、そのくらいがかえって、赤ちゃんには飲みやすいようです。

大人用とベビー用の違いって、言ってみれば、それだけのこと。

だから、気にすることなく、大人用を薄めて使っていい、ということなんですね。

そもそも麦茶はノンカフェイン

ちなみに、麦茶にはそもそもカフェインが含まれていません。

が、ベビー麦茶などには、あえて「ノンカフェイン」って書いてあったりしますよね。

まるで普通の麦茶にカフェインがあるように見せかけていますが、そういうわけではないので、安心してください。

どうやら昔の人の誤解だった、ということのようです。

グルテンアレルギーも心配なし

麦、ということで、最近よく聞くようになった小麦グルテンのアレルギーを心配する方もいるかと思いますが、麦茶の原料は大麦で、小麦とは異なる成分からできています。

ですから、グルテンフリー。

セリアック病などのアレルギー性疾患が起こることはないとされています。

ただし、何か気になる症状が出た場合は、過信せずにお医者さんに相談してみてくださいね。

麦茶はそもそも何で夏にいいの?

夏なると、私たちは麦茶を飲む習慣が古くからありますが、そもそもそれってなぜ何でしょう?

麦茶の原料である大麦にはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどが含まれています。

夏には汗をたくさんかきますが、その際に、消耗するのがこれらの要素で、それらを効果的に補うことができるのが麦茶というわけなんです。

大麦茶に含まれるアルキルピラジン(ピラジン)が、血液をサラサラにする効果があったりします。

夏の間は、汗をかいて血液が濃くなりがち、血圧も上がりがちなシーズンですから、まさに最適な飲料。

さらには、紫外線にあたることで発生する、活性酸素を抑制する働きもあるそうです。

大人にも子供にも、安心して飲める自然飲料だったというわけです。

赤ちゃんに与える麦茶の美味しい作り方は?

赤ちゃんに与える麦茶は、大人用を薄めたもの、ということですが、薄めるっていっても、どれくらい薄めたらいいのでしょう。

私もいろいろと調べてみたところ、麦茶:白湯が、1:2の割合がよいと言われているようです。

大人用の麦茶を入れて、それをさらに2倍量のお湯で割る、ということですね。

もちろん、すでに冷たくなっている場合は、お水で薄めれば結構です。

赤ちゃんは冷たい麦茶を飲んでしまうと、急にお腹が痛くなったりする可能性がありますから、できれば、冷やされたものであっても、お白湯を使用して、温めて飲ませるのも良いですね。

一度、ベビー麦茶を買ってみて、比べてみたのですが、それで私が感じる味やにおいは、ほぼ同じものになった気がしました。

麦茶には甘みがなく、ミルクの味しか知らない赤ちゃんには、初めての味だと思います。

まずは、スプーンで1口飲ませて与えてみて、その反応に合わせて薄めてみたり、そのまま与えたりしても良いですね。

どうやって飲ませたら?

私の場合は、もう離乳食が始まる5ヶ月くらいの時に夏が来たので、ストロー付きの赤ちゃんマグで試したんですね。

そしたら、美味しそうにちゃんと飲んでくれたので、ああ、これで良かったんだなって、それからは、ずっとこの方法です。

哺乳瓶であげるのも良いのかもしれませんが、哺乳瓶=ミルク、という風になっている赤ちゃんもいるかもしれません。

その場合は、拒絶反応も示すこともあるでしょう。

この辺は、とっても個人差があることなので、いろいろとお試ししてみると良いと思います。

ストローも哺乳瓶も、ミルクと一緒で、やけどには十分注意して。

まずはパパやママが試して、危なくない温度で出してあげましょうね。

赤ちゃんだから、甘めがいいのかな、なんてお砂糖を入れるのは禁物です。

お砂糖の味は、子どもの頃に覚えてしまうと、ずっと癖になるといいますから、そのままでも十分に自然の甘さが感じられる麦茶は、やっぱり何も加えずに、ただ薄めて、何とも割らずに飲ませてあげるのが良いと思います。

まとめ

子育ても、まだ赤ちゃんだったりする場合は、なんでも初めて与えるものだと怖いものですよね。

麦茶は、大人用も子供用も、基本はもとは同じもの。ただ、薄めているだけです。

そもそもノンカフェインなので、安心して大人用を薄めて、出してあげて大丈夫。

市販のものを参考に、薄めて試してみてくださいね。

夏に飲むと、とても良いことがある麦茶。大人も子供も、これで無事に夏を乗り切りましょう~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク