• このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症と夏バテの違いって?症状や予防法、効果的な食べ物って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱い夏がやって来ると、気をつけたい熱中症と夏バテ。症状が出る前に、予防したいですよね!

でも、熱中症と夏バテの違いって、何だろう? 予防の仕方も違うのでは?

それを知らなきゃ、予防も出来ないよね、と言う事で、その違いから、それぞれの症状と予防法、効果的な食べ物まで、調べてみました。

スポンサーリンク

熱中症と夏バテの違いとは?

夏バテは、体調が徐々に悪くなる事が多いですが、熱中症は急に体調が悪くなる事があり、最悪の場合、死に至る場合もあります。

熱中症は、医学的にも使われる言葉で、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病の4つのタイプをまとめて熱中症と呼びます。

通常私たちの体は、体温を調節する機能をもっていますが、長時間高温の環境にいると、この機能が働かなくなることがあります。

それにより、熱が体内にこもってしまい急激な発汗で体内の水分や塩分が奪われ、体に影響し、熱中症となります。

夏バテは、医学用語ではなく、夏に起こる色々な体調不良をひっくるめて、夏バテと呼んでいます。

その原因は、湿気が多く熱い夏に、体自身が体内の温度変化をコントロールしようと、自律神経をおもいっきり働かせます。

例えば、冷房の効いた涼しい室内から、熱い室外に急に出たとき等、そのせいで、自律神経は疲れてきて、バランスを崩し、体調不良を起こしてしまうのです。

自律神経って?

自律神経は、脈拍を打ったり、発汗を促したり、胃腸を動かしたりと、私たちが生きるために必要な器官を、無意識に動かしている神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、通常は2つの神経がバランスを取り合い働いています。

このバランスを崩すことで、体調不良が起こります。

夏バテもそのひとつ、ということなんですね。

熱中症の症状

熱中症は、医学的にも使われる言葉で、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病の4つのタイプがありますが、それぞれについて症状を簡単に説明しますね。

1.熱失神の症状

めまい、たちくらみ、急激な発汗、一時的な意識障害等

2.熱痙攣の症状

手足の痙攣、筋肉痛、筋肉の硬直等

3.熱疲労の症状

吐き気、嘔吐、頭痛、倦怠感、虚脱感等、体温は40℃以下

4.熱射病の症状

発汗が止まる、意識障害、痙攣等、体温は40℃以上に上昇

3の熱疲労、4の熱射病が疑われる場合は、危険ですので、すぐに病院へ行くことをオススメされています。

夏バテの症状

夏バテには、実は、特定の症状はありません。

食欲が落ちたり、体がだるかったり、体重が落ちらり、眠れなかったり、立ちくらみや、めまい、下痢、便秘まで、様々な症状が考えられます。

なんとなく疲れた…、だるい…なんてことも、夏バテ、と呼ぶことがありますよね。

これは、個人差があることで、とくに病気というくくり方ではないのです。

夏バテは、真夏にだけなる訳ではなく、気温や湿気の変化に差が出てくる、梅雨の時期から。

熱中症の予防法

熱中症は、ひどい場合は、命に関わることもあり、危険ですので、しっかり予防対策を取りたいですね。

下記に、一般に言われている主な予防法をピックアップしてみたので、参考にしてください。

  1. 炎天下では、帽子や日傘で直射日光を遮ったり、日陰を選ぶようにしたりしましょう。また室内でも、暑さを我慢せず、冷房や扇風機等を利用し、温度を下げる工夫をしましょう。
  2. 通気性、吸収性、速乾性の良い生地で作られたを着るのも、有効です。
  3. 十分な水分補給をしましょう。しかし大切なのは、水分だけでなく、塩分や糖分も一緒に取る事です。水1Lに対して、1gから2gの塩が目安になります。水分、塩分、糖分を一緒にとれるような、スポーツドリンクは、熱中症予防には、効果的です。
  4. 日中、熱帯夜等の、急に上昇した温度に気を付けましょう。最近は、テレビやネット等で、熱中症の指数により、危険度が図れるようなったので、確認しておきましょう。
  5. 自分の体調に変化がないか、気にしましょう。炎天下での活動は、こまめに休憩をとる事が必要です。

夏バテの予防

夏バテは、人それぞれに症状も原因もありますが、基本は、疲れを癒やすこととなります。

以下に注意して、しばらくは無理をせず、体力の回復に集中すると良いようです。

  1. 夏バテになる大きな原因の一つに、冷房の影響があります。温度差が5℃以上でるような環境の変化が続くと、自律神経のバランスが崩れる原因となるので、冷房の設定温度に気を付けましょう。
  2. 睡眠不足も、夏バテの大敵になるので、熱帯夜等で眠れない時は、冷房も良いですが、寝ている間中の冷房は、体の負担になるので、タイマーを利用し、市販の頭や首を冷やすグッズや、体感温度を下げてくれるシーツ等を併用するのがおすすめです。
  3. 熱いからと言って、冷たいものばかり飲んでいると、胃や腸等に負担をかけます。ぬるめの物を飲みましょう。また、冷房や冷たい飲み物で、冷えた体を温めるのに、ぬるめのお湯で半身浴をするのも良いですよ。リラックス効果もあります!

熱中症や夏バテ予防に効果的な食べ物

熱中症も夏バテも、基本は夏に汗をかいて塩分バランスが崩れたり、必要なビタミン、ミネラルを失ったりすることが原因となります。

また、どうしても胃腸の働きが弱って、食欲不振となりますので、刺激の強いものがほしくなりますね。

共通で補いたい栄養素は、カリウム、塩分、ビタミンB1、クエン酸

素材としては、じゃがいも、梅干し、豚肉、スイカ、きゅうりなどが効果的です。

また、無理せず身体を自然に冷やす働きのある夏野菜、ナスやトマトも良いですね。

自然にはちゃんと意味があるものです。

香辛料としては、にんにく、玉ねぎ、ニラ、唐辛子などが、食欲増進+栄養増強に最適。

ドリンクでは、最近、塩レモン、はちみつレモンなども手軽に作れると大人気。

梅を混ぜてもいいですね。

クエン酸の酸っぱい味が、身体にとてもいいんです。

ネットにはたくさん美味しそうなレシピがあふれていますね。

ぜひ参考にしましょう。

熱中症対策に! 「梅干し水」 by DANAmegumi
材料は、梅干しだけ〜〜(^-^)/ かんたん過ぎて、レシピって言えるのかな?
熱中症対策パスタ by みきてぃ☆千葉
にんにくを多めに使った熱中症対策になるパスタです! 野菜と豚肉でさっぱり食べれるように考えました!
ナスとピーマンの肉味噌炒め☆熱中症対策に by ちゃう姉
甘辛味噌でご飯が進む!油少なめ!塩分、糖分バランスよく熱中症対策にもなる一品!たっぷり夏野菜とれちゃいます(*^_^*)
夏バテ予防熱中症対策!スイカに塩レモン by Elly’s
家では今年の夏、スイカに塩レモンが定番です。すっきりさわやかレモン味のスイカです。夏は汗をかきながら食べましょう♪
涼感!きゅうりともずくの黒酢和え by ワンディッシュco
暑〜い時は夏バテ防止に美味しくアルカリ補給!塩味もある程度は必要になる時期なので熱中症対策としてもばっちりな一品です。

熱中症と夏バテの違い まとめ

熱中症と夏バテの違いについて、詳しく見てみました。

熱中症は医学的な用語で、4つのタイプの症状があります。

いずれも危険な状態に通じる兆候なので、十分な注意が必要ですね。

夏バテは、夏にありがちな「蓄積した疲労」。

なので、十分に睡眠を取って、涼しくしたり、または必要に応じてゆっくりと体を温めて休んで、自律神経の働きを取り戻すこと。

今はたくさんのレシピもネットで公開されているので、予防に最適な食べ物を見つけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク