• このエントリーをはてなブックマークに追加

トレッキングとハイキングの違いを知ってる?シューズも違うって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく耳にするトレッキングに誘われたのですが、ハイキングとの違いは何?って戸惑っている方もいませんか?

山に行くみたいだけれど、ハイキングとはシューズも違うのかしら?

混同して使われることが多いトレッキングとハイキングは、いろいろと違うので、正しい知識を身につけて、正しいシューズを選ばないと、たいへんなことになりますね。

ということで、トレッキングとハイキングの違い、シューズの違いについて見ていきます。

スポンサーリンク

トレッキングとハイキングの違いは何?

山ガールや森ガールの名前も落ち着いてきて、どんどん細分化されるアウトドアライフですが、まずはトレッキングとハイキングの違いをみてみましょう。

トレッキングとは?

オランダ語の「トレッケン」という言葉が語源になっているトレッキング。

Trekは移住の意味も表します。

あまり馴染みのない言葉ですが、「ペースをくずさず、自分の歩幅で山歩きをすること」が、トレッキングの基本的な意味です。

場所が山であることが、何よりの特徴になりますね。

では、登山とはどう違うのかというと、登山とは、登頂、つまり頂に向けて、どんどんと登っていくことをいうようです。

それに対してトレッキングは、山の中の平地を歩くこともあれば、中腹まで登って、緩やかな登山状態を楽しむ場合もある。

より、幅が広い言葉といえるかもしれないですね。

登山とトレッキングは実は違いがあんまり明確ではありません。

が、登山はあくまで上へ上へと目指すもの、トレッキングは、山の中を、自然を楽しみながら縦横無尽に歩くもの、という風に覚えると良いですね。

ハイキングとは?

ハイキングと言われると、楽で楽しそうなイメージがありますよね?

はい、それで大正解です。

「夏休みは、家族で〇〇湖と〇〇山のふもとに行って、ハイキング~!」

なんて感じで、知らない場所を、探検感覚で散策したり、景観を楽しむことをハイキング、と言います。

言ってみれば、ちょっとしっかりとした装備で、多少の目的を持ってウォーキングをするという感覚でしょうか。

自然環境が売りの観光地では、見どころを回るハイキングコースというのがあるのも特徴です。

短い距離から、長い距離まで、体力やら所要時間で、いろいろと選べるようになっていたりしますね。

時折、難易度なんかも書いてありますが、それは傾斜の厳しさだったり、足元の舗装具合であったり、条件はいろいろです。

基本的には、小さなお子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、皆で思い思いに楽しめるのが、ハイキングのイメージですね。

トレッキングとハイキング 場所と装備の違い

トレッキングは、基本的に「山」のアクティビティです。

山を歩くことが目的のスポーツなので、時には傾斜もあり、下は舗装されておらず、土や草地であることがほとんど。

もちろんハイキングでも山に行くことは多いでしょう。

バードウォッチングしたり、カメラで野草を撮影したり、自然観察を楽しめるところは、どちらも共通していますね。

ただ、ハイキングは、山に限らず、近所の丘や海浜公園、整備されていない荒れ地などを歩く場合にも使われる言葉なので、必ずしも山だけが舞台ではありません。

トレッキングは、山登りに近いアクティビティですから、装備も実はきちんとしたものが必要となります。

ストックは、トレッキングの象徴みたいなものですね。

傾斜地も、荒れた足元も、このストックがあるだけで、意外とすいすいと安定感を保って登り降りできるものです。

コンパスや雨具、カロリーの高めな食料などをリュックに入れて持っていくのも、トレッキングならでは。

歩くことがメインですから、平地や川辺を歩くハイキングシューズと、斜面を歩く仕様になっているトレッキングシューズは、重さも作りも違ってきます。

次はシューズについて見ていきましょう。

トレッキングとハイキング シューズの違い

歩くアクティビティだから、スニーカーならば何でもいいかというと、それはまったくの間違いです。

また、ランニングシューズなどは、目的も、使う場所も異なりますので、専用のシューズについて学んで、甘く見ずに、しっかりと準備をしていきましょう。

ハイキングシューズ

ハイキングについては、とくに専用のシューズがあるわけではないので、平地を行くものであれば、普通のウォーキングシューズで構わないでしょう。

ただ、ぬかるみを行く場合、山道を行く場合は、トレッキングシューズに近いものを用意した方が、安全性が高まりますね。

ウエブで検索すると、しっかりとしたハイキングシューズはたくさん見つかります。

滑りにくい、破れにくい、疲れにくい、軽い、通気性がある、防水性があるなど、特徴は様々なので、行く場所の特性に合わせて選べば大丈夫です。

事前に歩いてみて、少し慣らしてから行くことも大事ですね。

Amazon | [メレル] MERRELL MoabGORE-TEX M J24439 Granite/Lantern (Granite/Lantern/7.5) | ハイキング
Amazon公式サイト| MERRELL MoabGORE-TEX M J24439 Granite/Lantern (Granite/Lantern/7.5)を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。ハイキングをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

トレッキングシューズ

トレッキングシューズには、足首をしっかりホールドしたハイカット、くるぶしぐらいまでの高さのミドルカット、脱着しやすいローカットがあります。

ハイカットは、傾斜の高い山や、不安定な岩場を登る時に向いています。

足首が固定されるので、捻挫などの怪我から足を守ります。

トレッキングシューズの特徴として、分厚く固いソール(靴底)があります。

石や岩など、凸凹道を歩く時には、やはり固くないと、足を痛めたりしがち。

もちろん多少重くはなりますが、足をしっかりと守ってくれるようにできているんですね。

しっかりとしながら、なるべく軽量で、滑りにくい素材であることが重要です。

靴の生地もしっかりした丈夫なものを選ばないと、固い岩や草などで破損しかねません。

革のものが、もちろん頑丈で良いのですが、湿気を含んで重くなりがち。

暑い時期には足のムレも相当です。

なので、通気性や防水性が良く、片足500g以下になるように工夫された、特殊生地のものが最近は主流です。

もちろん耐久性も保証されています。

ブームなだけあって、トレッキングシューズも、さまざまなメーカーから、さまざまな種類が発売されています。

安さにばかりこだわらず、安全性、歩きやすさを徹底的に研究して、自分にあった一足を選びましょう。

Amazon | [サロモン] SALOMON トレッキングシューズ XA PRO 3D ゴアテックス 防水 登山靴 | SALOMON(サロモン) | トレイルランニング
SALOMON トレッキングシューズ XA PRO 3D ゴアテックス 防水 登山靴がトレイルランニングストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

トレッキングは、山を歩く楽しみを追求するアクティビティで、ハイキングは、山に限らず、自然環境を気楽に、楽に満喫するアクティビティです。

どちらも歩くことをメインとしますので、シューズ選びもとても大切。

ハイキングシューズは、通気性、防水性、滑りにくさ、歩きやすさと軽量性を重視して、トレッキングシューズは、底がしっかりとして、足首を守り、さらに生地もしっかりとしたものを選ぶこと。

山の中で靴が破損したら、取り返しがつきませんからね、ここはお金を惜しまずに、納得行くものを選びたいものです。

山ガール、森ガールとブームになっていますが、基本を押さえて、安全で、楽しく、自然を満喫いたしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク