• このエントリーをはてなブックマークに追加

花火でたまや~というのはなぜ? 意味や由来、その他の掛け声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の夜空に、きれいな花を咲かせる花火は、情緒にあふれて魅力的ですよね。

ところで、花火大会などでよく耳にする『たまや〜』『かぎや〜』という掛け声。

あれってなんだか気になりませんか?

大人でも意外と知らない、花火でよく聞く掛け声について、意味や由来を添えて紹介します!

スポンサーリンク

花火でたまや~と掛け声をかける意味、由来

花火で掛け声をかけるのは、江戸時代に「鍵屋」と「玉屋」という花火屋が存在していて、その二つの花火屋さんが、より美しい花火を上げようと競っていたことから始まりました。

花火を眺める観客たちは、素晴らしい花火を打ち上げてくれることに感謝の意を込めて、「鍵屋」「玉屋」という屋号を叫んだんですね。

それが、「たまや~」「かぎや~」の意味と由来です。

しかしながら、こうした掛け声は、昭和以降には叫ぶ習慣が薄まり、現代の人は、ただ単に「綺麗だなぁ・・・」と眺めるだけになりました。

花火を作る職人も、メーカーも多彩で、海外からの輸入も増えています。

時代の移り変わりですね。

屋号を叫ぶことはなくとも、綺麗な花火を打ち上げてくれる花火師さんへの感謝は忘れないようにしたいですね。

隅田川花火大会と鍵屋・玉屋

東京二大花火大会である隅田川花火大会ですが、昔は「両国の川開き」という名のお祭りで、最初期に打ち上げを担当していたのが「鍵屋」です。

鍵屋は1659年に初代弥兵衛が創業し、1808年に番頭の清七が暖簾分けをして玉屋が創業されました。

鍵屋の守護神は、お稲荷さんの狐で、狐は“鍵”と“玉”を咥えています。

この“玉”にあやかって、玉屋の屋号を清七は与えられたんですね。

1732年に大飢饉で多くの餓死者が出て、さらに疫病も流行し、江戸は勢いを失っていました。

そこで幕府が翌年に犠牲者の冥福と悪病退散を祈って、隅田川で水神祭を行い、両国橋周辺の料理屋は花火を打ち上げたんですね。

これが花火と隅田川花火大会の由来です。

参考動画はこちら

[4K] 2015 隅田川花火大会と東京スカイツリー Amazing Beautiful Sumida river Fireworks
2015 隅田川花火大会と東京スカイツリー Amazing Beautiful Sumida river Fireworks The history of the Sumida River Fireworks Festival dates far back to 1733. Altho...

鍵屋の歴史

萬治二年、初代弥兵衛は日本橋横山町で「鍵屋」を開きました。

葦の菅に火薬を練って小さな玉を作ったそうですが、これが飛ぶように売れたみたいです。

1711年、大会では有りませんが、初めての花火が鍵屋によって打ち上がります。

時の将軍であった徳川家宣が、打ち上げを命令したそうです。

そして現在では15代目の天野安喜子さんが鍵屋を背負っていますね。

「ドドーン」という花火音に、音響効果で音の演出を加え、花火大会の在り方に進展をもたらしています。

花火ファンとしては、伝統が引き継がれている事に感動を覚えます。

歴史ある花火屋として、これからもドンドン花火大会を盛り上げてほしいですね。

玉屋について

競い合っていた当時に評判が良かったのが玉屋で、あちこちから「たまや〜」という掛け声が上がっていました。

川柳に『玉屋だと又々吐かすわと鍵屋云ひ』と詠まれたほどです。

しかし1843年に失火事故を起こして、玉屋は江戸を追われてしまいます。

その結果、玉屋は1代限りで断絶してしまいました。

現在まで続いていれば、鍵屋の良きライバルとして凌ぎを削っていたかもしれないと思うと、とても悲しいですね。

本来的な意味で「たまや〜」と叫びたかったものです・・・。

ただ町並み半町を焼くほどの大火事であったそうですし、江戸所払いの重い刑を受けたのも仕方ないですね。

その技術を惜しむ人々の情が、「たまや〜」と掛け声に表れています。

古くは玉屋、今では鍵屋

玉屋が古く人気を誇っていた理由の一つは、技術が優れていたからです。

その美しさに人々は励まされたんですね。

浮世絵にも多く玉屋の花火が描かれていて、人気さが伝わります。

そしてもう一つには語呂の良さが有ります。

「たまや〜」と大きな声で叫ぶのは、とても気分がいいですよね。

断絶した今もなお玉屋の掛け声が親しまれるのは、叫びやすさと愛情の表れです。

そして、現在も花火を開発し続ける鍵屋。鍵屋の伝統があってこそ今の花火があると言えましょう。

「鍵屋」「玉屋」の二大花火師を讃えて掛け声をし、その文化は今もなお残り続けるんですね。

菊や牡丹の綺麗な花火を打ち上げてくれる、宗家花火鍵屋の存在は、歴史を背負っている分それだけ貴重ですね。

まとめ

花火の掛け声についてまとめます。

  1. 掛け声をかけるのは美しさを讃えるため。
  2. 花火屋には“鍵屋”と“玉屋”があったから「たまや〜」「かぎや〜」と叫ばれた。
  3. 「両国の川開き」の花火が最古で、そこから隅田川花火大会へ発展。
  4. 鍵屋は現在まで続いていて、長い歴史がある。
  5. 玉屋は火事が原因で断絶してしまった。
  6. 文化として掛け声は今も残り愛されている。

これから花火大会で花火を鑑賞するときは、打ち上がった花火だけでなく、それを苦労して作り上げている花火師さん達にも、思いを馳せたいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク