• このエントリーをはてなブックマークに追加

お月見を子供に伝え一緒に楽しむ。子供が喜ぶ絵本と料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十三夜、十五夜のお月見は、秋の風物詩として、家族で一緒に楽しめる静かなイベントです。

でも、子供にお月見の意味や由来を伝えるのって、自分がまず知らないと無理。

どうせなら、子供にお月見の意味を伝えながら、一緒に楽しめる何かがないかな、と思って調べてみました!

スポンサーリンク

お月見っていつやるもの? 意味、由来は?

まずは、親自身のために、お月見の基本をおさらいしておきましょう。

いつ? お月見の時期

お月見を行う時期は、陰暦八月十五日の夜と九月十三日の夜に行います。

日本では中秋観月と言って、古くから十五夜の満月を鑑賞する行事が行われてきました。

宮中では宴が催され、民間では薄(すすき)・団子・灯明(とうみょう)を供えて川に舟を浮かべてお月見を楽しみました。

今の日本では陰暦ではなく陽暦が用いられているので、十五夜や十三夜の日付は毎年要チェック。

ちなみに、2017年~2019年は、このようになっています。

十五夜

2017年(平成29年):10月4日
2018年(平成30年):9月24日
2019年(平成31年):9月13日

十三夜

2017年(平成29年):11月1日
2018年(平成30年):10月21日
2019年(平成31年):10月11日

収穫への願いと感謝

お月見はそもそも収穫を感謝する行事。古くは、サトイモや豆類をお供えして恵みに感謝を示していたんですね。

一般的には太陽が恵みの象徴として崇められることが多いですけど、お月様も実りの象徴だったんですね。

平安時代の頃からお月見は行われています。

十五夜は「芋名月」、十三夜は「豆名月」「栗名月」と呼ばれたりしました。

収穫・豊作を感謝する気持ちは月につけられた名前からも読み取れますね。

ススキを飾る意味

お月見のお供え物にはススキも登場しますが、ススキってお米の稲穂に似ていると思いませんか?

そう、稲穂に似たススキをお供えすることで、米の豊作を祈願するんです。

秋の十五夜の頃はまだ米の収穫期ではありません。

ですから、これから先に迎えるであろうお米の収穫が成功するようにお祈りをするんですね。

子供に読み聞かせたい「お月見の絵本」

秋の夜長、というくらい、秋には夜がしっとりと静かで長く感じるもの。

そんな時に、テレビやゲームを消して、子供には自然への感謝の気持ち、生命への興味関心がわいてくるような、良質の絵本を読んで聞かせてあげるといいですね。

お月見は、月を見ながら、自然へ感謝する習慣。

そのせいか、お月見をテーマにした、すばらしい作品がたくさん出ています。

私が読んで、子どもと一緒に感動した3つの良書をご紹介しましょう。

お月見のイベント「お月見泥棒」

子供達に嬉しい「お月見泥棒」というイベントがあります。

泥棒っていうと、なんだか物騒ですが(笑)、怖いものではありません。

各地域で行われていて、中秋の名月に飾られているお供え物を、この日に限り盗っても良いという面白いイベントです。

なぜ盗んでも構わないかと言いますと、子供たちは月からの使者と考えられていて。月が綺麗なその日くらい、大目に見てあげるのが良い、という言い伝えからなんですね。

現在では、地域によっては、各家を子供達が回ってお菓子をもらったりする形で、その風習は残っているみたい。

まるで、日本版のハロウィンと言えそうですね!

軒先や縁側にお月見のお供え物やお菓子を用意してあげて、15夜に子供達に盗らせてあげるときっと喜びますよ。

近所に、お月見泥棒のイベントをやっているところがないかどうか、探して参加してみるといいですね。

参考動画

子供と楽しむ! 子どもが喜ぶ! お月見の味覚

月見団子

綺麗な月を見て心を満たした後は、美味しいものを食べてお腹を満たしたいですよね。

そんな時にはやっぱり「お月見団子」。

昔はサトイモや豆類を月にお供えしていましたが、今では米から作ったお団子もお供えするようになり、“お月見といえば団子”というまでになりましたね。

お団子のまるい形も、月にピッタリだし、子ども作るのに、最も簡単で盛り上がります。

本来はいろいろとルールがあるようですが、そんなことは置いておいて、家族の笑顔の時間を楽しみましょう。

月見団子の参考レシピ

豆腐入りでもっちり柔らか♪「豆腐の月見団子」
プレーンの白とかぼちゃ入りのオレンジ、2色がとってもかわいい月見団子。豆腐入りで時間が経っても固くならず、もっちり柔らかです!きなこやあんこなど、お好みで添えてどうぞ~♪詳しい作り方はこちら↓↓↓ 【材料】(2~3人分) (プレーン) 白玉粉… 200g 絹ごし豆腐… 200g 水… 大さじ3 (かぼちゃ) かぼ...
カラフル★七色お月見団子 by おふろん
いろんな色でわくわくするような思い出に残るお月見になります

お月見と言えば…月見うどん!

お団子の他に、「月見うどん」や「月見そば」もいいですね。

月見そばや月見うどんは、かけそばやかけうどんに生卵を割り落として黄身を月に見立てたものです。

温かいお出汁と一緒に麺をすするシンプルな味わいが堪らないんですよね。

新定番! 月見バーガー

お手軽にお月見気分を味わいたいなら、月見バーガーはいかがですか?

ぷるんとした卵とジューシーなお肉をサンドして頬張るのも、新たなお月見の楽しみ方ですよね。

いつもの卵焼きを、よく焼いた目玉焼きにするだけで、簡単に作れるのが魅力です。

子供が絶対に喜ぶ! おすすめレシピ

その他に、子どもと一緒に作ったり、子どもが絶対に喜ぶだろうなあというレシピは、レシピサイトにもあふれていますね。

いろいろと毎年、違う料理に挑戦して、家族水入らずの夜長を楽しみましょう。

かわいい♪お月見ハンバーグとウサギご飯 by ronmike
十五夜にピッタリの月見ハンバーグとウサギのご飯。子供も喜ぶかわいいプレート♪ススキは素麺で作ってみました。
お月見プレート♪ by コープかごしまのお店
十五夜…子供たちと一緒にお月見プレートを作ってみませんか?
和風 お月見 ライスバーガー by となりのお米
余った冷やごはんや前日に余ったチキン、唐揚げ、きんぴらなどを喫茶店のようなメニューに変身させる お味噌汁と相性バッチリ

まとめ

お月見を子供に教え、一緒に楽しむ工夫の数々を見てみました。

  1. お月見は十五夜と十三夜に行われる
  2. お月見は収穫を感謝する行事
  3. ススキを供えるのはお米の豊作を願って
  4. 月見をテーマにした絵本には良作がいっぱい
  5. お月見泥棒というハロウィンの様なイベントがある
  6. 月見団子や月見うどんを一緒に作って食べれば子どもも大喜び

お子さんと一緒に、仲良く、楽しく、伝統行事のお月見を味わってくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク