• このエントリーをはてなブックマークに追加

バーベキューで簡単に火おこしする方法は?初心者もOKのコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供からお年寄りまで、皆でわいわいと盛り上がりながら、お肉やお野菜なんかを焼いて食べるバーベキューは、楽しいですよね。

でも、実は一番たいへんなのが、最初に炭に火起こしするところなんです。

そこで戸惑ってしまって、早く調理に入れず、焦ってしまったり、皆が待ちくたびれて、白けたり…

今回は、そんなことがないように、初心者でも簡単にできる、バーベキューの火おこしの仕方やコツについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バーベキューの火起こし 2つの方法

バーベキューは、やっぱり香ばしく炭火で調理できるのが何よりの魅力ですが、炭は、着火しにくいんですね。

いくらライターで火をつけてみようとしても、無理。永遠につかないどころか、手をやけどしてしまいますね。

そこには、多大な工夫が必要なのです。

台所で、ガスコンロのスイッチをひねれば、さっと点火して火がつくのが当たり前の現代の私たちには、かえって、そこが新鮮な魅力。

アウトドアならではの雰囲気が、その時点からもう味わえるんです。

炭の着火の方法は、大きくわけて2通り。

1)着火剤、という便利な発明品を使うやり方と、それは使わずに、2)昔ながらの、自然のやり方に近い状態で着火する方法です。

着火剤って何? どんな種類があるの?

木炭や練炭は火がつきにくいため、着火剤と呼ばれるものが多数、売られるようになっています。

いずれも、すぐに火がついて燃え、しばらくは燃えた状態が長続きするので、その火が炭にも行き渡っていく、というもの。

導入剤、みたいな意味合いですね。

おがくずなどをブロック状にした自然派タイプと、火が燃える燃料を固形にしたものとがあります。

よりエコ的で、危険が少ないのは、自然派タイプ。

とにかくガンガン燃やしたい人は、燃料タイプを選ぶと良いでしょう。

燃料系は、それ自体にも火がつきやすいので、取扱にはくれぐれも注意しましょう。

自然派タイプ

ファイヤーアップ

パイン材のおがくずを圧縮したものに、植物オイルを染み込ませたもの。

バラで使えるので、便利。

エコココロゴス

ヤシガラを炭の形状にしたもので、火があっという間につき、長時間燃えることで重宝。

炭の下に敷いて使う。

燃料系

着火剤パック入り

メチルアルコールを固形にしてチューブに入れたもの。

炭の上に並べて火をつけるだけで、炭に燃料が移り、着火される。

ファイヤブリッツ

ゼリー状になったメタノール、エチレングリコールを、炭の上に塗りかけ、そこにライターで火をつけると、あっという間に炭にも着火される仕組み。

着火剤に点火するための便利グッズ

柄の長いライター

炭は、BBQコンロの底に敷くものですので、普通のライターでは、なかなか届きにくいもの。

また、ライターも火の近辺が熱くなりますので、やけどしがちです。

燃料系の着火剤は、一瞬で驚くほどの大きな火があがりますので、手元も注意が必要。

ですから、BBQには、このような柄の長いライターが不可欠です。

トーチバーナー

ちょっと最初の内、火が弱いなあ、と思ったら、このようなガス缶に取り付けて使うトーチバーナーを用意すると、強い火力で一瞬にして火が回ります。

燃料系には十分注意しつつ、様子を見て使うと、炭の着火には便利でしょう。

着火剤を使わない場合は、どうするの?

せっかくのアウトドア体験。

着火剤を使わずに炭の火おこしをする方法を覚えておくのもいいですよね。

子どもとアウトドアで試す自然体験が、いっそう意味深いものになりますよ!

新聞紙を使う

新聞紙は、丸めたり、棒状にしたりして、「束」にすると、とても長い時間、燃え続ける、火力の強い着火剤代わりになるんです。

そんな魔法のようなやり方をしっているだけで、あなたはもうスター(笑)。

着火剤も、いつも使うとしたら、意外に高いものになったりしますし、燃料系は、揮発油を使うので危険だし、身体にいいのかどうかも気になりますよね。

その点、紙をそのまま使うから、新聞は安心なんです。

この動画は、「ためしてガッテン」で紹介した方法を試した実験。

見事に着火できていますよ!

その他に使えるアイテム

卵のパック、松ぼっくり、ダンボール、牛乳パック、みかんの皮なども、実は新聞紙の代わりに使えるものです。

卵のパックやダンボールは、紙が何層にも重なったものだから、火力が強くて長持ちします。

松ぼっくりやみかんの皮は、油を含んでいるので、燃え方が激しいのです。

牛乳パックは、外側のコーティングが燃えやすくできています。

火おこしのポイントとは?

動画を見ると、よくわかりますが、新聞紙を使う場合は、新聞を井の字型に積み重ね、高さを出していますよね。

それらを囲んで、風を防御したり、その上に、炭を置いたりしている。

炭の下に着火剤を使うときでも、炭を井の字型に組み上げるのは、基本中の基本。

その方がより多くの炭に、一度に着火できて効率が良いのです。

着火剤を使うときは、とにかく一気に大きな火が起こりますので、お子さんたちが近寄らないように注意しましょう。

覗き込んだりして、顔がグリルの上にあったら、大やけどの可能性があります。

また、燃料系は、持っている手に燃え移る可能性もあるので、必ず大人が気をつけながらやりましょう。

火をつける時は、着火剤は手に持たないように。

様子を見ながら、バーナーを使うと、強い火力で、風に負けず、勢い良く火をつけることが可能です。

まとめ

バーベキューは、火をつけるところから含めて、とても楽しめるアウトドアアクティビティ。

着火剤を使えば、とても簡単に初心者でも炭に火をつけることができます。

着火剤にも、燃料系や、おがくずなどを原料にした自然の木材系などがあります。

長い柄のライター、ガス缶を利用したバーナーなどを用意すれば、火起こしもとっても楽。

家族で、仲間で、ワイワイガヤガヤと、バーベキューを楽しみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク