• このエントリーをはてなブックマークに追加

台風で腰痛が起こるのはなぜ?低気圧に打ち勝つ簡単な治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天候の変化によって頭痛や節々が痛む人って多いようですが、とくに、雨が降ったり台風が近づくと気圧の変動によって症状が現れてしまいがちです。

日々生活していく上で、天候の変化をさけて通ることはできませんので、症状が出るとつらいですよね。

そこで今回は、台風のときに腰痛が起こる原因と、低気圧に打ち勝つ簡単な治し方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

台風によって腰痛が起こる原因とは?

台風が近づくことによって腰痛の症状が発生する原因は主に3つあげられます。

台風がくると、腰痛がひどくなるからと、痛み止めを飲んでなんとか仕事を乗り切っている人が多いかもしれません。

でも、他に治し方はないのでしょうか?

健康のためにも、まずは原因をしっかりと理解したいですね。

普段使っている身体の機能が、気圧の変化に対応しきれずに、腰痛の症状を引き起こしているんです。

血管の収縮によるもの

台風によって低気圧が発生すると、気圧が下がって、全身の血管が拡張します。

血管が拡張すると、近くにある神経に刺激が加わり、痛みが発生することがあります。

それが腰痛の原因になっていることが多いようです。

交感神経・副交感神経の働きによる

低気圧が近づくことで副交感神経が優位になり、ヒスタミンが分泌されます。

交感神経を優位にしようとして起こる身体本来の作用です。

が、副交感神経は体を休めようとする神経、交感神経は体を働かせる神経になりますからこの2つの神経を同時に働かせようとすると、身体が対応できずに、あちこちに不調の症状があらわれてしまうんです。

普段から姿勢が悪いとか、座り仕事、立ち仕事で疲れがたまっていたりすると、弱い部分に現れます。

それが、あなたの場合は、腰にきている、という見方ができるようです。

「内耳」の不調による

内耳とは、身体のバランス感覚を担うとともに、気圧の変化を脳に知らせる働きをもっています。

この内耳の働きが敏感になっている人が、気圧の変化を他の人よりも必要以上に反応してしまうことで症状が現れてしまいます。

これも、疲れがたまっているところ、弱いところに出やすいのです。

低気圧に打ち勝つ簡単な治し方

さあ、原因がわかれば、次は対策です。

本来は、気圧の変化で、そこまで不調が起こることはないものなのですが、そもそも身体本来の抵抗力が弱っていたりすると、起こりやすくなりますね。

基本の基本は、身体を鍛えること。

気象の変化にも耐える、強い自律神経を作ることなのですが、ここでは、応急処置として、今すぐ役立つ処方をいくつかご紹介しますね。

血流をよくするお風呂

血管が神経を圧迫して痛みが起こっているのであれば、身体中にめぐっている血流をよくすることで、痛みを鎮めることができます。

そのための方法としては、身体を温めること。

例えば、お風呂に浸かる、運動をするなどです。

女性はとくに、血流が滞ることで慢性的に冷え性やむくみなどをかかえている人がいると思います。

血流をよくすることで、気圧の変化で悪化しかねない、持病的症状も軽減することができるでしょう。

運動は、きつい運動はつらいでしょうから、ヨガやストレッチなど、静かな動きのものがおすすめです。

血行を良くするマッサージ

全身の血行を良くし、体調を根本から整えるものとして、マッサージも効果的ですね。

自律神経を整え、副交感神経を優位にし、身体本来の機能を取り戻すことができます。

プロにやってもらえれば一番ですが、自分でするときは、仰向けに寝た状態で、腰のあたりにテニスボールやゴルフボールなどをおき、上下左右に動くとよいでしょう。

抗ヒスタミン薬を飲んでみる

原因の中で、ヒスタミンが交感神経を優位にしようとする働きがあるとご紹介しました。

もしこれが原因であると考えられる場合は、お医者さんと相談の上、ヒスタミンの分泌を抑える薬も解決になるかもしれません。

アレルギーを抑える薬には、ほとんどこの機能が含まれています。

身体の過剰反応を抑えるので、眠くなったり、ぼーっとしたりしますから、注意してくださいね。

耳のマッサージをする

実は、耳の周りの血流が悪い人は、内耳異常の症状が現れやすいそうです。

耳を温めたり耳つぼマッサージをするなどの行動で、症状が緩和されるようですよ。

お風呂場でゆっくりお湯に浸かっているときに、ついでに耳の周りを痛く感じない程度に押してあげたり、耳を手で覆い隠すようにすると、血流がよくなって、体全体が温まります。

まとめ

台風で腰痛が起こる原因は、全身の血管が拡張するため・交感神経と副交感神経が同時に働くため・内耳の不調のためにおこることがいえます。

治し方としては、血流をよくするような行動・抗ヒスタミン薬を内服してみる・耳のマッサージをするなどがあげられます。

これらの治し方を実践していただき、つらかった腰痛を少しでも軽減していただけると幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク