• このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のお弁当箱は腐りにくいものを選ぶ。保冷・保湿タイプおすすめ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝の涼しい時間に作ったお弁当だけど、お昼までに腐ってしまわないかな、と夏のお弁当づくりは、毎日ヒヤヒヤものです。

食中毒なんてことになったらたいへんだから、夏のお弁当が腐ってしまう原因や、お弁当が腐らない工夫を調べてみました。

温度のコントロールをしっかりとしてくれる、おすすめの保冷・保温タイプのお弁当箱もご紹介します!

スポンサーリンク

夏のお弁当が腐りやすい理由

お弁当が腐る原因は、細菌によるものです。

特に、ブドウ球菌が食中毒を起こす一番の細菌なんだそうです。

細菌が、繁殖しやすい温度は30℃〜40℃と言われています。そうなんです! これってまさに、夏の気温ですよね!

だから、夏のお弁当は、特に腐りやすいんです。

朝早起きして作ったお弁当が、昼までの気温の上昇とともに、弁当箱の中では、菌がどんどん増殖しているんです。目に見えないから、ますます、怖くなっちゃいますよね。

お弁当が傷むまでの時間は?

では、お弁当が腐ってしまうまでの時間はどれくらいなのでしょうか?

細菌が増殖する最適な温度30℃〜40℃の環境で、お弁当を2〜3時間、置きっぱなしにしていると、食中毒になってしまうほどの数までに菌が増殖してしまうそうなんです。

もちろん、おかずの種類や、調理法、お弁当の管理方法の違いによって、お弁当が腐る時間は変わってくるのですが、ほぼ3時間で、夏場のお弁当は腐ってしまう、と覚えておいたほうが良さそうです。

例えば、朝6時に作ったお弁当を、昼12時に食べるとしても、約6時間も経っているのです。菌は増えに増えまくっていますよね。おかずから異臭がしたり、糸を引いていたり、お弁当が傷んでしまうのは、当然なのかもしれませんね。

お弁当が腐らない工夫とは?

お弁当が腐らないようにするには、菌が増殖しない環境をつくれば、いいわけですよね。

夏のお弁当づくりで注意するポイントを紹介します!

  1. 調理前の手洗いは念入りに行う
  2. 中までしっかり火が通ったことを確認する(中心温度が75度で1分以上加熱するとほとんどの菌は死滅するそうです)
  3. お弁当に詰めたおかずやご飯が、きっちりと冷めてからフタをする(内側に付いた水滴で、菌が増殖してしまう恐れがあります)
  4. おかずの味付けは濃いめにする
  5. 水気を切ってからつめる。生野菜や煮物、おひたしなど、水分が多いおかずは要注意です
  6. 食材を型抜きして作るキャラ弁は、素手で食材を触ることが多いので夏場はひかえる
  7. お弁当の持ち運びには保冷材を使ったり、冷凍食品をそのままお弁当に入れるなどして、温度を下げる工夫をする
  8. お弁当は毎日、キレイに洗って、熱湯消毒などをしてから保管する

夏におすすめ 腐らない温度をキープするお弁当箱!

おかずが腐らないように、調理にも気を使ったけど、やっぱり不安、という方も多いですよね。

そんな時は、保温・保冷機能のあるお弁当箱を使ってみるのもいいですよ。

温度を一定に保てていれば、腐ることは基本的にありませんからね。

では、保温タイプ、保冷タイプ、それぞれに、おすすめのお弁当箱を紹介しますね。

おすすめ「保温」タイプのお弁当箱

保温タイプのお弁当箱は、菌が増殖する30℃〜40℃以上の高い温度を持続できるので、腐りにくくて、真夏にも最適なんです!

サーモス ランチジャー ミッドナイトブルー

保温タイプのお弁当箱は、サーモスが人気ですね。

作り立ての温かいスープやご飯が、冷めずにそのまま食べられる魔法瓶タイプのランチジャーです。

このランチジャーは、下にスープ、真ん中にごはん、上におかずの3段重ねです。取説によると、70度以上で6時間の保温効力があります。そして、痛みやすいおかずは、常温でキープします。

https://item.rakuten.co.jp/edion/4580244690978/

ランタスBS HLB-B600

ステンレス性の保温ランチボックス。2段重ねのコンパクトサイズで、通勤・通学かばんの中に入れて持ち運びもできるそうです。

出かける直前に、ごはんを容器に入れたまま電子レンジで加熱して、保温ケースにセットできる便利な機能が特徴です。

保温効力は、60度以上を6時間キープできます。

https://item.rakuten.co.jp/asvel/3258set4/

おすすめ「保冷」タイプお弁当箱

菌の増殖をおさえて、おかずの鮮度も守ってくれる保冷タイプの夏弁当箱!

真夏は、やっぱりひんやりランチが良い! こちらの方が安心! という方には、こちらのお弁当箱なんかがおすすめです。

保冷剤一体型ランチボックス ジェルクール ペコ

お弁当の上部がぺこっと凹んだ、かわいいお弁当箱。カラーバリエーションも豊富で、選ぶのも楽しそうです。

特徴は、保冷剤が内蔵された凹んだフタです。フタを冷凍庫で6時間ほど凍らせてから本体にセットすると、15℃以下を3〜4時間キープできます。

さらに、凹んだフタの上には500mlのペットボトルが載せられる設計で、セットのバンドで固定すれば持ち運びもラクチンですね。

https://item.rakuten.co.jp/cooking-clocca/10000589/

アースカラーシリーズの「4点ロック保温保冷ランチボックス 800ml」

フタの裏側に、繰り返して使える保冷剤をセットする、エコなお弁当箱です。全体に発泡剤を使っているので、長時間しっかり冷やせるのが特徴です。

4点ロック式で密閉性が高いので、汁物もこぼれにくくて持ち運びが安心ですね。

https://item.rakuten.co.jp/colorfulbox/4973307290589/

まとめ

夏のお弁当は、冷やすのが当然、と思っていましたが、保温のお弁当箱も食中毒を防げるんですね

お弁当メニューのレパートリーも増えて、家族も喜んでくれそうです。

さっそく、家族の好みに合わせて、お弁当箱選びを楽しんでみようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク