• このエントリーをはてなブックマークに追加

炭酸水は飲みすぎるとなぜダメなの? 無糖でも害は同じ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い時期や、汗をかいたあとなど、炭酸水は手放せない飲み物ですよね。

美味しくって、ついつい飲みすぎてしまいますが、炭酸水の飲みすぎは身体にはあまり良くないようです。

無糖で砂糖が入っていない炭酸水にも同じことがいえるそうですよ。

炭酸水が身体にもたらす良い効果や、飲みすぎた場合の悪影響などを調べてみました。

スポンサーリンク

飲み過ぎはダメ! でもそもそも炭酸水って?

シュワーっとしたのど越し爽快な炭酸水ですが、いったい何からできている飲み物なのでしょうか?

市販されている無糖の炭酸水は、水と二酸化炭素が原料です。

シュワーと気泡が立つのは、圧力を加えて製造されているからなんです。

勢い良くボトルを振ったりすると、その圧力で中身が膨張して、吹き出しますよね。

逆に、炭酸水が入ったペットボトルのフタを開けっぱなしにしていたり、グラスに注いで時間が経つと、圧力はどんどん抜けていきます。

気が抜ける、なんて言い方をしますが、溶け込んだ二酸化炭素がどんどん無くなっていって、ただの水になっていくというわけです。

ですから、味や甘みを入れていない場合は、単なる水とまったく同じカロリーになります。

飲み過ぎなければGood! 炭酸水は効果抜群

ただ飲むだけで健康になる、ダイエットや美容に良い、などといわれている炭酸水ですが、この場合の炭酸水は、無糖のことをさしています。

では、炭酸水を飲むメリットを紹介しますね。

1 食前に飲めば、ダイエット効果も!

炭酸水を食事前や食事中に飲むと、胃が膨らんで、満腹感が得られます。

自然と食べる量が減るので、摂取カロリーが抑えられ、ダイエットに効果的です。

2 血行が良くなって、代謝力アップ!

炭酸水を飲むと、血管に炭酸ガスが入り、血中の二酸化炭素濃度が高くなります。

そうなると身体が酸素不足になって、酸素濃度を高めようとします。

その働きで、血行が良くなり、代謝が促進されます。

代謝が高くなるほど、体内で消費するエネルギーがアップして、痩せやすい身体になっていきます。

身体の血行が良くなるので、冷え性や、肩凝りにも効果が期待できそうですね。

3 腸を整えて、毎日スッキリ! 

朝の起きがけに、炭酸水をコップ1杯、ゆっくりと飲み干します。

すると、体内に入った炭酸水の炭酸ガスが胃腸に刺激を与え、腸のぜんどう運動が活発になります。

飲んでからすぐにお腹がきゅるきゅる〜っとしてくる方もいるほど、便秘解消には効果が高いそうですよ。

便秘はお肌にも良くないので、炭酸水は美肌効果にもメリットがありそうですね。

4 疲れた身体を癒してくれる!

人が疲れたなぁと感じる時、体内には疲労物質といわれる水素イオンがたまっているそうです。

炭酸ガスが、この疲労物質と結びついて、二酸化炭素と水に変化して、身体の外へ排出してくれるのです。

何となくだるいなぁ、身体が重いなぁと感じた時に、炭酸水を飲むと、翌朝の目覚めは、スッキリ気分爽快ですね。

5 皮膚から直接、浸透させるのも良いらしい!

スーパー銭湯の炭酸風呂や、天然温泉でも炭酸泉ってありますよね?

湯船につかると、身体中がシュワシュワとして、子どものころはちょっと怖くて入れなかったけど、大人になるとあれが、とても気持ち良くなるんですよね。

炭酸風呂も、炭酸水を飲むのと同じで、血行促進や疲労回復の効果があるそうです。

さらには、傷の治りが早くなったり、皮膚などの組織が腐敗して黒くなる壊疽にも効果があるようです。

炭酸水を飲み過ぎるど、どんな害があるの?

炭酸水には、たくさんのメリットがありますが、大量に飲んだからといって、効果も倍増、とはいかないようですね。

では、炭酸水のデメリットをあげてみます。

1 疲れやすくなる

炭酸水を飲み過ぎてしまうと、体内がアルカリ性から酸性に傾いていき、逆に疲れやすくなってしまいます。

炭酸水は、弱酸性の食品ですから、やっぱり多量摂取は良くないですね。

他にも体内を酸性に傾けてしまう食品は、肉類や脂肪分をたくさん含んだもの、砂糖などがあります。

どれも太りやすいものばかりですね。

2 太りやすくなる

疲れやすくなると同時に、代謝も悪くなってしまいます。

基礎代謝が低下すれば、自然と太りやすい身体になってしまいます。

3 貧血を起こしやすくなる

炭酸水を多量に飲み続けていると、胃の中が酸性からアルカリ性に傾いてしまい、鉄が吸収されにくくなるそうです。

鉄不足になると貧血になってしまいます。特に、妊婦さんの多量摂取は要注意ですね。

4 胃腸のトラブル発生

炭酸水は胃腸を刺激するので、飲み過ぎると腸の運動が活発になり過ぎて、下痢になる恐れがあります。

胃もたれ、むかつきなどの症状も。ひどくなると胃潰瘍になってしまうケースもあるそうです。

炭酸水の適量とは?

ダイエットにも健康にもメリットが多い炭酸水です。

毎日の生活に、上手に取り入れていけばデメリットも気になりません。

1日の摂取量は500mlまでにしましょう。

常温で飲むのがおすすめです。

キンキンに冷えた炭酸水を一気に飲むのは、胃腸にも負担がかかるのでやめておきましょうね。

まとめ

炭酸水のメリットとデメリットは紙一重ですね!

たくさん飲めば飲むほど、効果も早いはず、と大きな勘違いをしていました。

何事も、適量が肝心なんですね。

毎日、暑い日が続きます。適量の炭酸水をとって、元気に夏を乗り切りたいものです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク