• このエントリーをはてなブックマークに追加

毛虫かぶれの皮膚炎はうつる? 刺された後の家庭でできる応急対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春や夏になると、緑の葉に毛虫がいっぱいついていたりして、知らない内に刺されて、腕がまっかに腫れたなんてこと、ありませんか?

毛虫かぶれの皮膚炎は、かゆくてたいへん。人にもうつるって言われたりしてるけど、でも本当なのかしら?

気をつけてても刺された後の、家庭でできる応急対処法ってどんなことがあるの?

意外に知らない毛虫のいろいろ、調べてみました。

スポンサーリンク

毛虫かぶれの皮膚炎ってどんな症状? うつるの?

毛虫かぶれの皮膚炎って?

毛虫かぶれは、正確には「毛虫皮膚炎」というものです。

毛虫かぶれが起きる原因は、毛虫が持っている「毒針(毒針毛)に触ったから」です。

人の肌に毛虫の毒針が触れると、その部分で写真のような湿疹を伴う炎症が起きます。

毛虫の発生時期は、4~6月、8~9月ごろ、と結構、幅があります。

気候の変動などで年に3回発生することもあるそうです。

日本で主にツバキやサザンカの木の近くに生息していることが多いのは、体長は2~3cm程度で、色は黄色や黒です。

最近では、都市部に大量発生して問題になっているようですね。

毛虫の毒針に触れると、このような症状があらわれます。

  • 赤く腫れ上がる
  • 激しいかゆみ
  • かゆみが1~2週間続く

大人でも耐え難くなるほどの、激しいかゆみが出るのが特徴です。

毛虫かぶれはうつるの?

毛虫かぶれの皮膚炎は、感染症ではないので、発症した人から別の人にうつるということはありません。

毒針に触れた人だけが、湿疹みたいなものができる、という、それだけ。

では、一体なぜ、毛虫かぶれが周りの人にうつるものだと言われるようになったのでしょうか?

毛虫の毒針は小さく短いため、パッと見はわかりません。

しかし毒素は強烈で、風によって簡単に毛虫から飛んで行ったり、毛虫自身が死んだとしてもその毒素は消えたりしません。

毒針があなたの肌や衣服に付いていることを気づかないまま、別の人が触れてしまったりすると、別の人が炎症を引き起こしてしますことがあります。

近くにいた人に、偶然、同じように毒針が触れたり、ということは、十分あり得ることなんですね。

毛虫に直接、触ってもいないのに、かぶれるなんておかしい、「あいつから移ったんだ!」という風になって、広まったのだろうと思われています。

実際には、かぶれからかぶれへと移ったりはしないので、ご安心ください。

ただ、毒針を知らずに撒き散らしている可能性があることは認識しましょう。

刺された後の家庭でできる応急対処法

毛虫に刺された!と思ったときの対処法として、まず大事なのは、絶対に患部を掻かないことです。

もしもお子さんが毛虫に刺されたら、お子さんが患部を掻かないように注意して見ておくようにしてください。

掻いてしまうと刺さっている毒針は深く入っていったり、他へと拡がって、症状はひどくなる一方です。

刺された後の対処手順は、

①服を脱ぐ

②患部の毒針を抜く

③患部を洗い、冷やす

④市販の薬を塗る

の4つです。

①服を脱ぐ

毛虫に刺された場合、毒針が風で散って体に付着した可能性があります。

セロハンテープ、もしくはガムテープを使って、衣服に付着した毒針を取り除いてください。

②患部の毒針を抜く

患部に刺さっている毒針を、ピンセットでそっと取り除いてください。

③患部を洗い、冷やす

流水で患部を洗い流します。

この時に刺さった毒針が残っている可能性もあるため、出来る限りやさしく洗います。

そのあと氷や保冷パックで冷やしてください。

④市販薬を塗る

抗ヒスタミン剤ステロイドが入っている市販薬であれば、かゆみと炎症、両方とも抑えることができるようです。

ムヒアルファEX、アレルギール錠、フルコートf、プレバリンα軟膏など多数ありますが、オススメは虫刺され用のムヒアルファEXです。

そのほか、激しい運動をする、お酒を飲む、お風呂に長湯するなどを行うと、炎症が悪化する可能性があるため十分に気をつけてくださいね。

毛虫に刺された場合の応急処置の動画も参考にしてみてください。

どうしても腫れが引かないなら… 

応急処置をしても腫れが引かない時は、迷わず皮膚科へ行きましょう。

市販薬は万人向けなので、腫れを抑えるステロイドも人によっては副作用がありますし、効果には個人差も出ます。

その人に合った処置をするためにも無理をせず、医師に処方してもらいましょう。

まとめ

毛虫かぶれの特徴と応急対処法は、

  1. 毛虫かぶれは、毛虫の持つ毒針に触れたことによって起こる、一時的な湿疹状態
  2. 毛虫かぶれの皮膚炎は、人にはそのままうつらないが、服や患部に残った毒針が、他人に触れると、毒性が強く残っているので、同様に皮膚炎を起こす
  3. 着ている服を脱いで、服や患部の毒針を除去する。
  4. 患部を洗って冷やしたら、市販の薬を塗る。

ひどくなったら、くれぐれも素人判断はやめて、皮膚科へ行って、見てもらってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク