• このエントリーをはてなブックマークに追加

プール熱って大人もなる?伝染の心配は?咽頭結膜熱の症状と予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プール熱と聞くと、子どもの病気で、大人はならないのではないかと思われる人が多いと思います。

が、意外と子どもを経由してプール熱にかかってしまう大人はいるようです。

今回は大人もかかるプール熱について、伝染の心配やら、咽頭結膜熱の症状と予防について、詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プール熱は大人もかかる病気

プール熱の正式名称は、「咽頭結膜熱」と言って、子どもがかかる感染症として知られています。

感染者が増えるのは、だいたい6月頃からで、7~8月のプールに入る人が多くなる時期にピークを迎えます。

発熱、目の充血や結膜炎、喉頭炎などが主な症状。

プール熱にかかる6~7割の人が5歳以下の子供と言われていて、抵抗力がついていない幼児の病気という認識が強いようです。

しかし、大人だってプール熱には感染するのです。

大人がプール熱を発症するのは、プールではなく家族によって感染してしまうことが多いようです。

仕事や、プール熱にかかった子どもの看病などで疲れ、一瞬、免疫力が落ちたときに感染しやすくなります。

とくに妊娠中の人は妊娠していない時よりも免疫力が落ち気味ですから、感染しないように注意しなければいけないようですね。

プール熱は、どのくらい伝染の心配はあるの?

プール熱は、「アデノウイルス」に感染することで発症します。

アデノウイルスは、飛沫感染や接触感染によって感染すると言われています。

そのため、プールだけで感染するとは限らず、幼稚園や保育園、学校などの人が多い場所で感染しやすいようですね。

プールでタオルを共有すると、感染リスクも高まるそうです。

子供の場合、伝染するといけないので、症状がおさまってから2日ほど経過してから、学校に行くようにアドバイスされることが多いようです。

大人の場合は子供から感染することが多いのですが、通常、大人から大人への感染はまれなようで、とくに会社を休むなど、隔離の心配はなさそうです。

感染経路は、接触感染、飛沫感染ですから、しっかりとマスクをつけたり、トイレに入ったら、終わったあとに除菌シートで拭くなどしてうつさないように徹底すると良いでしょう。

プール熱(咽頭結膜熱)の症状って?

咽頭結膜熱の症状は、このような症状が一般的です。

ただし、これらは子どもの場合で、大人の場合は、いずれもごく軽度の症状で済むようです。

高熱

だいたい38度以上の熱が、長い場合だと、1週間程度、続くことがあります。

結膜炎

目に痛みがあったり充血したり、目やにがいつもより多めにでたりします。

大人でも目を触りたくなりますが、触らないように注意しましょう。

咽頭痛

喉に痛みがでたり、赤くなったり、ひどい場合は咳がでることもあります。

プール熱(咽頭結膜熱)の症状への対処と予防は?

これらの症状に対しての根本的な治療法というのはなく、症状それぞれに対して緩和を目的に対処するしかありません。

咽頭結膜熱への対処法

ゆっくり寝て、休んで、体力の回復を待つ他ないのですね。

夏だとはいえ暖かくして、汗をかいて、ウイルスを体内から追い出すことも必要です。

高熱や咽頭痛などがあると、脱水症状が起きる場合があります。

水分、経口補水液などの補給を上手にいたしましょう。

症状がひどいときには、迷わず病院へいくことです。

咽頭結膜熱の予防

予防法としては、まずは感染者が使用したタオルなどを共有しないようにすることです。

そういったタオルを触ることでも感染することもありますからね。

もし触ってしまった場合は、手洗いを十分にしましょう。

また、飛沫感染でも感染しますから、咳が続いているのであればマスクを装着したり、うがいを徹底して行いましょう。

あとは、ストレスや睡眠不足が続いている人、妊娠中の人は免疫力がおちていますので感染しやすいです。

そのため、十分に休息をとりましょう。

まとめ

プール熱は大人も感染します。

免疫力が低い人や、プール熱に感染している人と同じものを共有したりすると感染しやすくなります。

症状としては、高熱、結膜炎、咽頭痛などがあります。

予防としては、プール熱に感染している人と同じものを使わない、手洗いうがいを徹底するなどがあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク