• このエントリーをはてなブックマークに追加

セミの寿命は短いのウソはなぜ常識に? 本当は長いセミの寿命の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑くなってくると「ミ~ン、ミ~ン」と聞こえてくるセミの鳴き声は夏の風物詩ですよね。

夏を感じさせるセミと言えば、寿命が短いことで有名です。

でも、実はこれ、間違いだって知ってました?

私も「セミは地面から出てくると一週間しか生きられない」と思っていたんですが、本当は違うみたいなんです。

今回は、誤解されがちなセミの寿命についてご紹介します。

これを読めば、セミを見る目がちょっと変わるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

セミの寿命は短いの常識はウソ。本当はどのくらい?

どこで聞いたのか、もはや覚えていませんが、「成虫になったセミの寿命は一週間」と私は常識として、そう思っていました。

夏になって、セミの鳴き声を聞くと「セミって寿命短いのに頑張ってるなー」としみじみしていたものです。

でも、実際のセミの寿命を調べてみると、セミの寿命は意外と長かったんです!

セミは、寿命の短いツクツクボウシなら1年~2年程度、寿命が長いアブラゼミだと4年~5年程度にもなります。

「でも、それって幼虫の時が長いんでしょ?」と思われた方、鋭いです。

私たちが目にすることがあるのは、多くは幼虫が脱皮して成虫になった後。

でも、それでも、短いと思われている成虫としての期間だとしても、およそ3週間から1か月程度はあるんですよね。

幼虫期間はとても長いですが、成虫の期間も「一週間」と言われるほどに短いわけではないんですね。

「セミの寿命は短い」が信じられる3つの理由

本来は1か月程度の寿命があるセミですが、一般的には1週間程度の命だと思われています。

なぜ、こんな認識が広まっているのかを、3つの理由から解き明かしていきたいと思います。

「寿命が一週間」はある意味、本当  

セミは、成虫してからも1か月程度生きることができるのですが、ある特殊な環境では、1週間程度で死んでしまいます。

その環境とは「人が飼育する環境」です。

セミはストローのようになった口から樹液を吸って栄養としていて、人がエサを与えて飼育することが難しい生き物です。

子どものころにセミの幼虫を見つけて、飼ったことがある人は分かると思いますが、セミは虫かごに入れていると、すぐに死んでしまいます。

実際に飼育してみて、成虫になった後は1週間程度しか飼育できなかった経験から「セミは成虫になるとすぐに死ぬ」という思い込みが広がったことが、セミに対する誤解の理由のようです。

青春までの時間が長すぎる

セミは幼虫期間が非常に長いことが特徴の昆虫です。

特殊な種類だと17年間幼虫として過ごす種類もあるほどで、アブラゼミのようなよく知られた種類でも5年程度、地中で暮らします。

仮に幼虫として地中で5年、成虫になってから地上で1か月生きたとすると、成虫である期間は、生まれてから死ぬまでの時間の2%程度です。

フランスの小説家であるアナトール・フランスは「私が神だったら、青春を人生の終わりにおいたであろう」という言葉を残していますが、それにしても人生の最後すぎるとも思えます。

幼虫期間の長さと成虫期間の短さのギャップから、セミの寿命は短いという印象が強くなり、セミの寿命についての誤解を大きくしたのかもしれませんね。

短命というキャラクター

3つ目の理由は、私個人の考えですが、説明させて頂きます。

人の認識というのは、自分で思っているよりも感覚的なもので、印象や感情に左右されるものです。

ゴキブリは嫌われ、カブトムシは人気があるのは、自然界のルールではなく、その存在に対してのイメージがあるからです。

そして、セミの寿命についても同じことが言えそうです。

つまり、「寿命が短い」というのは、非常にわかりやすいキャラクターで、イメージしやすいものです。

覚えやすく、忘れにくいイメージにより「セミの寿命が短い」という認識が広まったように思います。

また、時期が過ぎると花びらが散る桜は、風情を感じる日本人の心の琴線に触れます。

セミも、長年地中にいるのに短い時間しか地中で生きられないというのが、分かりやすいストーリーとして受け入れられたのではないかと思います。

まとめ

子どものころから鳴き声は聞いているセミですが、意外と知らないことが多くありますよね。

・セミの寿命は成虫になった後でも、1か月程度ある。

それなのにセミの寿命が短いと思われているのは

・セミは人が飼育すると1週間程度しか生きられないから。

・セミはほとんどの時間を幼虫として過ごすから。

今回の内容をまとめるとこんな感じですね。

夏は暑くてやる気が出ないこともありますが、長い時間を土の中で過ごして、やっと地上に出てきたセミのことを考えると、何だか頑張ろうと思えてきますよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク