• このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓参りには時間のきまりがあった!時期や服装、お供えのマナーを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸や帰省の時に、亡くなったご家族や親族のお墓参りに出かける方も多いと思いますが、実はお墓参りには時間の決まりがあったのをご存知でしたか?

私も住職さんに教えていただいて初めて聞いたのですが、気づいてみたら、意外にお墓参りの時期や服装、お供え物など、基本的なことって知らないんですよね。

正式、というのを一応は知っておいた方が安心だなと思って、子供にも教えたくて、いろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

お墓参りは時間のきまりがあった!

お墓参りなんて、いつでも自分の都合の良い時に行けばよいものだと思っていたのですが、実はお墓参りは午前中に行く方がよい、と言われているんだそうです。

「午後からお墓参りに行くと霊がつく」という言い伝えが地方によってはあるくらい、このことを真剣に守っている地域やご家庭もある様子。

でも、その真意は、別に怖がらせることでも、本当に呪いがあるようなわけでもないんですよね。

一日の中で、午前中というのは、最初の予定ということになりますよね。

だから午前中にお墓参りを組み込むことは、「ご先祖様への気持ちを最優先している」のを体現しているのと一緒。

気持ちを行動で表すことにつながるから、他のことを優先させないで、午前中に真っ先に行きなさい、という風に伝えられてきたそうなんです。

しっかりとお墓参りを継承していきたいという、昔の人の知恵のひとつです。

ただ、お墓が遠方にあったり、どうしても午前中には難しいこともありますよね。

そんな時は、別に午後からでも問題はありませんよ、と住職さんもおっしゃてくださいました。

決まりは決まり、ではなく、できる範囲内で精一杯のことをすれば、それを、亡くなった方もご理解くださいます、と。

慌ただしくせかせかと行くのではなく、故人を大切に思う気持ちを整えつつ、きちんとお参りをする基本は大事ですね。

その気持ちの問題、ということなんです。

お墓参りには実は時間がかかるもの

お墓参りはなるべく午前中や、午後の早い時間に行く方が良い、という現実的な理由があることはあります。

霊園や共同墓地の場合、閉園の時間があるもので、24時間ずっと空いているものではないですよね。

お墓参りって、やってみるとわかると思いますが、お墓のお掃除には、思いのほか時間がかかるんです。

徒歩でお墓の場所まで歩いていって、水を汲み、汚れたお墓周りを一生懸命掃除する。

草を抜いたり、湯呑みを洗って水を入れ替えたり、枯れた花をゴム袋に入れて、新しい花に入れ替えて…。

最後にお線香に火をつけて、手を合わせる頃には、結構な肉体労働で疲れていたりします。

久しぶりに墓地へ行って、念入りにお掃除するならば、人によっては2時間くらいを考えておいた方がいいかと思います。

午後遅く着いて、掃除をしているうちに日が暮れ始めたりしたらたいへんです。

墓地は、街灯設備があるところの方がまれですし、石畳などで足元も悪い。濡れた狭い通路で、転んでけがをする心配も出てきます。

そんな意味もあって、お墓参りには、時間にも気持ちにも余裕を持って、午前中の内に行きたいものですね。

お墓参りの時期はいつ?

日本では昔から、季節の節目を大切にしていますが、お墓参りも、その節目を目安に行くと間違いがありません。

でも、「必ずこの日に行かなくてはならない」との決まりごとではないので、あくまでも目安、ということで、柔軟に考えてくださいね。

普段の日に行くお墓参りも、行きたい、という気持ちが大切ですので、とても意味があるものです。

お盆

ご先祖様は、年に一度、お盆に家へ帰ってくると言われています。

そのご先祖様を迎えにゆくのが、お盆のお墓参りですので、この日には、お墓をきれいに掃除して、お迎えします。

お彼岸

春と秋の二回、「春分」と「秋分」を中日とした一週間がお彼岸です。

春分と秋分は、太陽が真東から昇って真西に沈みます。

東をこの世、西を極楽浄土と考えると、春分と秋分は最短距離になることから、お彼岸はあの世とこの世が一番近づく日とされています。

普段よりも現世に近いところにいるご先祖様に会いに行くつもりで、お墓参りをします。

年末年始

年末に家を大掃除するのと同じように、お墓をきちんとお掃除し、一年間、見守ってくださったお礼の気持ちをこめて、お参りをします。

新年、ご先祖様が「年神様」として福を持って家にきてくれる、との風習もあり、それをお迎えに行くため、お正月にお墓参りをすることもあるようです。

命日

故人が亡くなった月の命日を「祥月命日」、毎月めぐってくる亡くなった日付を「月命日」と言います。

例えば、7月16日に亡くなったのなら、祥月命日は7月16日、他の月の16日は月命日、となります。

祥月命日は大切な日とされているので、故人を偲んで、お墓参りをすることが多いかと思います。

月命日も大切ではありますが、毎月、お参りをしなくてはならない、というわけではありません。

お墓参りの服装は?

お葬式や法要はハレ(特別)の行事なのですが、お墓参りはケ(日常)の行事。

なので、お参りに行くときの服装は、普段着で大丈夫です。

ただ、墓地はご先祖様が眠る、厳粛な場所ですから、派手すぎる服装や、肌が露出しすぎているものは避けた方が無難です。

迷った時には、落ち着いた色合いの、飾り気の少ないすっきりしたものを身につけましょう。

暑い盛りなら帽子をかぶるのも良いのですが、手を合わせる時には、脱ぐようにします。

お墓参りのお供えものは?

仏教での大切なお供え物は、「香(線香)・花・灯燭(ローソク)」の三つと言われています。

それに加えて、ご先祖様を供養するための「浄水・飲食(おんじき)」の五つを「五供(ごく)」といい、お墓参りでの基本のお供えものです。

お線香は、香りや煙を通じて、ご先祖様と対話するためのもので、一般的には、三本立てることが多いです。(宗派により、違いがあるので確認を。)

は「仏花」として売られていますが、厳密なきまりがあるわけではなく、故人の好きな花を選んだり、季節感のあるものを添えるのも良いかもしれません。

気をつけたいのは、お墓の花器の大きさと、花の持ちが良いかということ。

「お墓参りのお花なのですが」と、お店の人と相談しつつ選べば、間違いがないと思います。

ローソクは、道を照らし、慈悲を表す灯り。

ロウをたらすと墓石が傷むので、小さな灰皿など耐熱性の器を用意して、それに立てると安心です。

先ほどのお線香も、このローソクも、「ふうっ」と息をかけて消すのはご法度で、消す時は、手であおぎます。

お墓は神聖なものなので、人間の息を吹きかけるのは無作法となってしまうのです。

浄水は、ご先祖様の喉の渇きをうるおすものとされています。

ペットボトルで持参して、コップに注ぐのが便利です。けっして、お墓の掃除用の手桶などから汲んではいけません。

最後に飲食(おんじき)

果物やお菓子、ビールやジュースなど、基本的には何をお供えしても大丈夫です。

お酒をお墓にかけたりすると石が傷むので、飲み物はコップに、果物等も半紙を敷いて、その上に置くようにします。

そして、お供え物を置くのは、お参りをしている間だけで、帰るときには、花だけを残し、すべて持ち帰ります。

ご先祖様は食べ物の「心(しん)」を召し上がっているので、あとのお下がりには福が宿っており、それを家族で分け合って食べるのも大切なことなのです。

普段、意識をすることはありませんが、ご先祖様がいてくださったからこそ、今、ここに自分が生きているのですよね。

お墓参りの後には、皆でお茶とお下がりをいただきながら、ほんの少し、そのことに感謝するのもいいかもしれません。

まとめ

意外に知られていませんが、お墓参りは午前中に行くものだということが、昔からいい伝えられてきたようですね。

ただ、厳密なきまりがあるわけではなく、故人へのお墓参りを「最優先にする」心持ちを問われているだけなのです。

とはいえ、お掃除にも時間がかかりますから、早めに行くに越したことはありません。

お墓参りの時期は、お盆、彼岸、年末年始、祥月命日などの節目を目安にし、普段着で行っても大丈夫です。

何はともあれ、お墓参りは「気持ち」が大事です。

神聖な気持ちで、故人を敬う気持ちを忘れずに、しっとりとした気持ちで伺うのがいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク