• このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸の意味や由来|お彼岸にすることってお盆とどう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸と言われ、恥ずかしながら私が思い浮かべるのは、お墓参り、お萩、牡丹餅ぐらいでしょうか。

でもあれ?お墓参りと言えば、お盆じゃなかったっけ?

そもそも、お彼岸っていつだっけ? どういう意味? 何をするのが本当?と、何も知らないんだと言う事を気づきました。

子供にも、きちんと教えてあげないといけないし、正式にいろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

お彼岸の意味や由来とは?

お彼岸は、春と秋の年2回あり、それぞれ春彼岸、秋彼岸と呼ばれています。

時期、意味、由来の順に見てみましょう。

お彼岸の時期

春彼岸は、春分の日と、春分の日の前3日と後3日の合計7日間。

秋彼岸は、秋分の日と、秋分の日の前3日と後3日の合計7日間のことをさしています。

2017年彼岸は、3月20日が春分の日なので、3月17日から3月23日となります。

2017年彼岸は、9月23日が秋分の日なので、9月20日から9月26日となります。

2018年彼岸は、3月21日が春分の日なので、3月18日から3月24日となります。

2018年彼岸は、9月23日が秋分の日なので、9月20日から9月26日となります。

春分の日と秋分の日は、決まった日にちがなく、毎年微妙に変わるので、お彼岸の日もそれに合わせて変わります。

これは、国立天文台が天文学を駆使して、太陽の春分点、秋分点(太陽が真東から昇り、真西に沈む日)を割り出した日を、春分の日、秋分の日と決めるからです。

が、たいていは春分は3月の20日~21日、秋分は9月の22日~23日だと覚えておけば大丈夫そうです。

お彼岸の意味

彼岸とは、仏教用語で「人が持つ様々な煩悩から解放された悟りの世界」のことをいいます。

その反対に、煩悩に縛られている世界を、此岸(しがん)と言います。

一般的には、私たちの住む世界を「此岸(しがん)」と言い、仏様が住む世界を「彼岸(ひがん)」と言います。

此岸と彼岸の間には、三途の川(さんずのかわ)が流れています。

この川は煩悩の例えで、煩悩から解き放たれて此岸から彼岸に渡るためには、修行が必要とされています。

お彼岸(行事)の由来

お彼岸は仏教用語ですが、お彼岸の行事があるのは日本のみで、他の国の仏教にはありません。

本来、彼岸とは、修行をして達することができる悟りの世界でしたが、日本ではいつしか「極楽浄土」と混同され、亡くなった人が行く場所と認識されるようになりました。

春分と秋分の日には、昼と夜の時間がほぼ同じとなり、此岸と彼岸の距離が最も短くなる日、と考えられているんですね。

この世とあの世が通じやすいということから、ご先祖様を供養する日となったというわけです。

この彼岸には、もう一つ説があります。

昔から農民が大切にしてきた、春の豊穣と秋の収穫を感謝する日である「日願」が、仏教伝来後の「彼岸」と混じって、風習として今に残っているという説です。

確かに、ひがん、という響きが同じなのが面白いですね。

先祖を供養し、豊穣を願い、感謝する。

それらが一緒になったものが、「お彼岸」であると理解すれば良いでしょう。

お彼岸には何をするの?

お彼岸は、私たちとご先祖様の住む世界の距離が縮まるということで、お墓参りに行く習慣があります。

彼岸の世界へ行くことは、悟りの境地を開くこと。

そのためには、6つの修行「六波羅蜜(ろくはらみつ)」をしなければならないことから、お彼岸の期間を修行期間ととらえる方もいます。

各お寺では、彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要が行われ、お経を読んだり、六波羅蜜の勉強をしたり、ご先祖様を偲ぶ行事が行われます。

お彼岸のお供え物といえば、ぼたもち(牡丹餅)とおはぎ(お萩)ですが、材料の小豆の朱色が厄除けを意味するので、あんこが用いられているとのこと。

甘いお菓子は贅沢品だったため、ご先祖様へ供えるごちそう品として作られた、という意味もあるようです。

牡丹餅とお萩とは、名前は違いますが、実は同じもの。

春彼岸には、春の花である牡丹の名がつけられ、秋彼岸には、秋の花である萩から、その名前がつけられた、という風流な話だったりするんですね。

お彼岸とお盆とはどう違うの?

お盆も仏教用語で、盂蘭盆(うらぼん)という行事から来ています。

お盆の時期は、旧暦の8月13日から8月16日。

新暦の7月13日から7月16日に行うところもあるようで、地域によって時期が違います。

お盆とは、各家のご先祖様が、あの世から戻ってくるのをお迎えし、感謝と供養をして送り出す行事です。

それに比べてお彼岸は、私たちの世界とご先祖様の住む世界の距離が短くなるということで、私たちの方からご先祖様の方へ出向いて、感謝と供養を行う行事、というわけです。

お供えも、お彼岸の時は牡丹餅やお萩、お盆には、ご先祖様が好きなものをお供えしてあげるのが慣習です。

お彼岸のまとめ

お彼岸には、3月中旬過ぎの春彼岸と9月中旬過ぎの秋彼岸の年2回、それぞれ1週間の期間があります。

一般的には、彼岸をあの世、此岸をこの世と考え、彼岸の期間中は、あの世とこの世の距離が短くなるので、この世に住む私たちから、あの世のご先祖様に会いに、お墓参りに行くという風習です。

お盆は、ご先祖様があの世からこの世に戻ってくるので、供養し、再びあの世へ送り出すと言う行事です。

お彼岸の期間中は修行したり、説法を聞いたり、ご先祖様を偲んだりします。その時のお供え物には、春は牡丹餅、秋はお萩が人気ですが、その2つは呼び名が違うだけで、同じものです。

普段はお墓参りに行かなくても、たまにはご先祖様に感謝する日があっても、いいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク