• このエントリーをはてなブックマークに追加

クーラー病で足がむくんでだるい。働く女性必見の夏の足冷え対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑―い夏を快適にしてくれる冷房は、梅雨から夏の間ずっと大活躍していることでしょう。

しかし、オフィスの冷房がガンガンに効きすぎていて寒い…。

足がむくむ、身体がだるいー、なんて体調不良に悩まされている女性も多いはず。

それってクーラー病(別名・冷房病)かも!?

今回は、クーラー病による足のむくみでだるい症状に陥らないための冷え対策をご紹介します。

スポンサーリンク

クーラー病で足がむくんでだるい。その理由は?

クーラー病とは、冷房の良く効いた場所に長時間いることで、体温調節機能のバランスが崩れて、体調不良を起こすことを言います。

環境の変化で自律神経が乱れてしまうことが原因なんですね。

外と冷房の効いた場所の温度差が5℃以上あるとクーラー病になりやすいそうですよ。

女性は男性よりもクーラー病の発症率が高いのです。

男性よりも女性の方が筋肉量が少なく、熱をたくさん作り出せないので、体温が上がりづらいからなんです。

寒い場所にいるのに体温が上がらないのでどんどん身体は冷えてしまうんですねー。

ましてや素足で、スカートで、という条件が重なったら、もう最悪。

足がむくむ理由は、主に冷えによって「血行が悪くなるから」です。

むくんでいるときは、筋肉も固くなり、冷たくなっている場合がほとんど。

外が暑くて、冷たい水を飲んだり、コーヒーやお茶飲料など、カフェイン入りのものを飲んだりすると、身体内部の冷えがいっそう進み、本人が気がついていないほど、身体には冷えの影響が多く出てしまいます。

だるくなるのも、同じ理由からですね。

クーラー病のその他の症状って?

クーラー病の症状には、むくみ、だるさ以外にもこんなものもあります。

慢性的な冷えって、恐ろしいんですよ。

・頭痛

・吐き気

・肩こり

・腰痛

・肌荒れ

・風邪をひきやすい

どれも症状が出ると悪化したり、慢性化しやすいものばかりですし、婦人病のきっかけにもなりかねず、とても危険なんだそうです。

クーラー病になりたくない!

辛いむくみやだるさから解放されたい!

そんな方に早速、クーラー病の冷えから身を守る対策をご紹介していきます!

クーラー病の冷えから身を守る対策とは?

クーラー病(冷房病)は、放っておくと、不快なだけじゃなくて、身体のあちこちに悪影響が出てきます。

足のむくみやだるさも、とっても辛いもの。

でも、それは「ひとつの信号」に過ぎず、もっともっと深刻な症状が後から続きかねません。

きちんと対策を講じるのは、とても重要な事なんです。

以下に、真夏でも、クーラー病にかからずに、快適に過ごせるような、予防策と対処法をまとめてみました!

冷房の設定温度を調節する

冷房は、外との温度差を3~4℃程度の温度に設定しておくと、温度差に身体が慣れやすくなるので、体温調節機能のバランスを大きく崩すことなく過ごせます。

適正な温度は27~28℃と言われています。

設定温度を高めに設定するのは、エコの面から考えてもいいことですよね。

ただし、オフィスの中では、セントラルコントロールなので、自分で勝手にいじれないものです。

家ではなるべくエアコンを使わない、とか、弱冷房車に乗るとか、それ以外の場所で、出来る限りのことを心がけましょう。

しっかりと防寒対策をする

オフィスなどで、冷房の設定温度を自分で変えられない。という方もいらっしゃると思います。

そんな時は自己防衛あるのみ!

夏だからと薄着を意識しすぎずに、思い切ってカーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを使って、極力身体を冷やさないようにしましょう。

もちろん足を冷やさないことが最も大切です。

靴下を2重で履いたり、レッグウォーマーを履いたりして足を徹底ガードしましょう。

また、冷風に直接当たりすぎるのはNGなので、どうしても、という場合には、風の当たらない場所に移動させてもらうか、風向を変えてもらうなど工夫をしましょう。

お腹を温める

身体全体や、むくむ足元を冷やさないことはとても大切です。

しかし、その中でも一番冷やさないよう気を付けたいのは、実はお腹。

お腹が冷えていると、身体全体が温まりにくくなるんですね。

お仕事中や就寝時にも腹巻をしたり、身体の中から温めるために、暖かい飲み物、食べ物を採るようにしましょう。

ちなみに、コーヒーや緑茶は身体を冷やしてしまいますので、足のむくみなどが出ているときは、できるだけ控えた方がいいです。

身体を温める役割をする、漢方でも使われる生姜を使って、生姜ティーなど、いいですね。

はちみつを足すと飲みやすくなりますよ♪

食べ物では、香辛料や、ニンニクが入ったものがオススメです。

適度な運動を心がける

クーラー病でなくても、オフィスでずっと座りっぱなしだと足はむくんでしまいます。

さらにクーラー病で身体が冷えてしまうと、血行がなおさら悪くなり、むくみやだるさを悪化させてしまいます。

そうならないためにも、適度な運動は大切です。

たまに椅子から立ち上がって屈伸やふくらはぎを伸ばすなどのストレッチをしたり、マッサージをしてみましょう。

ヨガ、ジョギング、筋トレ、すべて良いことばかりです。

また、毎日10分程度でいいので何か運動することを心がけましょう。

運動して筋肉量が増えれば、代謝がアップして熱も作り出しやすくなり、身体が冷えにくくなります。

どうしても忙しくて…という場合は、通勤時に一駅前で降りて歩いたり、ご自宅でお風呂上がりにストレッチと軽い自重筋トレを取り入れたりと、習慣化しやすい事から始めるといいですね。

夏でもしっかり半身浴

夏はシャワーだけで済ませている。という方も多いのではないでしょうか?

ですが、身体がクーラーで冷え切った夏こそ、しっかりと入浴することをオススメします!

38℃~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、リラックスしましょう。

リラックスすることは、乱れた温度調節機能である自律神経のバランスを元に戻してくれる効果があります。

入浴中に、むくんだふくらはぎなどをマッサージしてほぐすこともオススメです。

入浴で身体が温まり、血行が良くなっているので、むくみのだるさなどを解消してくれますよ。

入浴の前には、脱水症状を防ぐために、コップ1杯のお水を飲むことを忘れずに。

まとめ

クーラー病での足のむくみとだるさの対策法をご紹介しました。

クーラー病にならないためには、体温調節機能のバランスを崩さないことが一番です。

暑い時期、冷房が効きすぎている場所が多く、体調を崩してしまいがちですが、そんな時には今回ご紹介した対策法を試してみてはいかがでしょうか?

暑い夏を健康的に乗り切りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク