• このエントリーをはてなブックマークに追加

秋服・秋物はいつから着る? いつから販売されるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ毎日暑いと思っているうちに、カレンダーは8月から9月へ。

そんな季節の移り変わりを感じる時期、着る服に迷ったりしませんか?

なんとなく夏のファッションを引きずっていると、そろそろ違和感もあるけれど、まだまだ暑い日もあったりで、いつから秋服に変えればいいかわからない。

秋服や秋物はいつから着るのが正解なのか? そもそもいつから販売されるのか?

夏から秋へ上手にシフトするファッションのコツなどを紹介します!

スポンサーリンク

秋服や秋物はいつから着るのが正解?

最近は温暖化のせいなのか、9月になっても暑い日が続くので、秋服を着るタイミングが難しい!

ファッションは我慢!とばかりに頑張って先取りしても、汗ダラダラで周りから浮いてしまっては残念ですね。

その年の気候や地域によってもバラつきはありますが、一般的に涼しくなり始めるのは、9月の半ばを過ぎたあたりから。

「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句のとおり、秋分以降は秋らしい日が増えてくるようです。

誰にでもわかりやすく気温で判断するなら、最低気温が20℃、最高気温が25℃を下回るようになれば、そろそろ秋服の出番。

まだ暑さのぶり返しなどもありますから、一気に衣替えするのではなく、気温調節できる羽織ものなどを活用するといいですよ。

秋服はいつから販売されてるの?

ファッション業界は季節を先取りするので、夏のうちに秋物が並び始めます。

夏物のセールは早ければ6月下旬から、大体は7月上旬に始まり、8月まで続くことが多いのですが、この夏物セールの終盤には秋服が登場します。

お盆を過ぎたら秋服と考えれば、わかりやすいですね。

出始めの頃は、素材感はあまり変わりませんが、春夏の明るいカラーからぐっと落ち着いた深い色味になり、その年のトレンドを反映したデザインが出てくるので新鮮に映ります。

涼しくなるにつれ、徐々に暖かい素材へとチェンジ。

10月中には、ウールやファーなどの冬モードに切り替わります。

なので、秋服を買うタイミングは8月中旬~10月半ば頃まで、大体2ヶ月くらいの間と言えますね。

夏服から秋服、秋物へとスライドするおしゃれテク

それでは、秋服を無理なく取り入れるポイントをいくつか伝授しましょう。

 

季節を取り入れるのは小物から

まずは、トップスやボトムスなど面積の広いものをいきなり変えるのではなく、小物やアクセサリーから秋物にチェンジしていくワザ。

靴やバッグ、ストールなどの小物はファッションの脇役のように思われがちですが、意外と季節感が出やすいもの。

Tシャツにデニムといったスタイルでも、夏の間活躍したかごバッグを革のショルダーバッグにしたり、素足に履いていたサンダルをこっくりした色のパンプスに変えたりするだけでも、さりげなく秋らしい印象になります。

アクセサリーなら、クリアなガラス素材やターコイズなどの鮮やかな色の石から、ウッドビーズやオニキス、シトリンなどへチェンジするのがおすすめ。

ヘアカラーをしている人は、明るめの色から落ち着いたカラーリングにしたり、まとめ髪から髪を下してみるだけでも、雰囲気が変わりますよ。

秋服は色とデザインで選ぶ

朝晩の気温が下がり始めたら、少しずつ秋服を取り入れていきます。

ここで大事なのが、いきなり素材を変えるのではなく、色とデザインを重視して選ぶこと。

先にもお話ししましたが、ショップに秋服が並ぶ頃はまだ夏なので、素材は涼しげなものが多いのです。

ボルドーや深いグリーンなどの秋らしい色で、素材はコットンやポリエステル、シルク混などのシャツや薄手ニットを選べば、暑苦しくなく季節感を演出できます。

ボトムスはシルエットが鍵。

ワイドパンツやロングスカートなど、その年のトレンドを意識すると楽ですよ。

気軽にトレンドアイテムに挑戦するなら、ファストファッションもおすすめです。

まとめ 

夏物のセールが終わる頃に並び始める秋服。軽やかな素材で秋らしい色のトップスや羽織ものを早めにゲットしておくと、季節の変わり目に重宝します。

9月半ばを過ぎたら、靴やバッグ、アクセサリーを少しずつ秋モードへシフトしていくと、周りから浮くことなく、おしゃれ上手な印象に。

昼間も涼しくなってくれば、いよいよ秋服の出番。

最初は色やデザインから少しずつ取り入れていくのがスマートな着こなしのコツです。

ウィンドーショッピングも楽しい爽やかな季節、心地よい秋のおしゃれを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク