• このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のハロウィンはいつやるの? 何をする日?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のハロウィンはどんなコスプレをしようか、どんなイベントで盛り上がろうか、などと全国でハロウィンを楽しむ人たちが急増中です。

もうすでに、クリスマスのように、年間の大イベントにきっちり、食い込んでいますよね。

でも、そもそもこのハロウィンって、日本はいつやるものなのでしょう? 何をする日?

そこで、ハロウィンの意味や由来、日本でのハロウィンの様子などを調べてみました。

スポンサーリンク

ハロウィンは何月何日? 日本ではいつ?

ハロウィンは毎年、10月31日に行われています。

ハロウィンはもともと、古代アイルランドのケルト人が起源とされている、民族行事なんだそうです。

秋の収穫を祝って、悪霊を追い出す祭りで、宗教的な意味合いがありました。

ケルト人の1年の終わりは、10月31日で、日本でいう大みそかにあたります。

この日の夜は、亡くなった人の霊が、この世に舞い戻って来ると信じられていました。

その霊と同時についてくる悪霊から身を守るために、仮装をして、たき火をたいて、魔よけの儀式をしていたとされています。

ただし、世界中、どこでも共通なことですが、10月31日が平日にあたる場合は、その周辺の週末に、大きなイベントを催す場合もあります。

ハロウィンウイーク、みたいな感覚で、とらえておくといいかもしれませんね。

ハロウィンは世界で盛り上がっている?

もともとは、宗教的な意味合いがあったハロウィンですが、現在は、ほとんどなくなり、全世界の多くの国で、賑やかなお祭りとして楽しまれていますね。

その世界的な人気も、多くのアイルランド人が移民して、アメリカにハロウィンの伝統が知れ渡ったことで、広まったそうです。

アメリカのハロウィンは何をするの?

古来の魔よけの儀式が転じて、現代では、お化けや魔女などに仮装をした子どもたちが、近所の家を1軒1軒たずねて、「トリック・オア・トリート (お菓子をくれないと、いたずらするよ)」と言って、お菓子をもらって回るのが、アメリカの習慣になっています。

なぜ、お菓子がもらえるかというと、魔女やお化けが家の中に入らないように、お菓子をわたして機嫌よく帰ってもらう、という意味があるそうですよ。

またハロウィンの夜は、各家庭では、カボチャをくりぬいて、中にロウソクを立てた「ジャック・オー・ランタン」を作り、家の戸口などに置きます。悪霊を怖がらせて、追い払うためなんですね。

でも、カボチャのお化けランタンに、どうしてジャック、という名前が付いているのでしょうか、気になりますよね。

ジャック・オー・ランタンの、ジャックって何者?

カボチャで作った「ジャック・オー・ランタン」ですが、このジャックという名前の人は、アイルランドの伝説に出てくる男性のようです。

伝説の内容を紹介しますね。

その昔、ずる賢くて遊び人のジャックという悪者がいました。

彼は死んだ後、天国からも地獄からも追い出され、行き場を失ってしまったそうなんです。

ジャックは、あの世とこの世をさまよい続けることになってしまいました。その時、道を照らすために、カブをくりぬいて、ランタンを作った、という伝説があるんですね。

また、あのお化けランタンの顔は、安住の地を求めて、カブにのりうつったジャックの姿、ともいわれているそうです。

この伝説が、アイルランド移民によって、アメリカに伝わると、カブのランタンはカボチャに変わったようです。

理由は、アメリカはカブよりもカボチャの生産量が多かったからだとか。とても単純ですよね。

日本のハロウィンは、どんなことをするの?

日本のハロウィンといえば、大人たちの仮装イベントになっていますね。

魔女やゾンビなどだけでなく、ゲームやテレビ、アニメなど好きなキャラクターのコスプレをして楽しむ人がとっても増えています。

ハロウィンのイベントは、全国各地で行われています。

中でも有名なのは、「カワサキ・ハロウィン・パレード」や「原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード」、さらには「渋谷ハロウィン」などではないでしょうか。

毎年、テレビでもニュースになるほどの社会現象になっていますね。

ハロウィンにもトレンドがある?!

ハロウィンの仮装にも時のトレンドが大きく影響されるそうです。

例えば、その年に流行った映画ですね。

これまでには、スターウォーズのジュダイの騎士やダースベーダー、アリス・イン・ワンダーランドのアリスの仮装などが人気だったそうです。

さらに近年は、コスプレのリアルさに注目されているそうです。

ハロウィンの時期が近づくと、ネットショップでもさまざまな仮装衣装がたくさん出ています。が、衣装や小物アイテムをハンドメイドする人も増えているそうなんです。

衣装にとどまらず、メークでもリアルさを追求する人も。ネットにはハロウィンメークのやり方が紹介されているので、気軽に誰でお挑戦できそうですね。

まとめ

ハロウィンはアメリカ文化と思っていましたが、古代アイルランドが由来だったんですね。

日本の仮装パレードやパーティーイベントなどお祭り的なものは、アメリカのハロウィンが影響されているそうです。

今年は、秋の収穫に感謝をして、楽しいハロウィンパーティーにしようと思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク