• このエントリーをはてなブックマークに追加

洗っても臭いタオルの匂いを一瞬で消す重曹と酸素系漂白剤の威力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも、ちゃんとお洗濯をしているのに、バスタオルや洋服から、なんとなく、いやな臭いがただよってくることってありませんか?

そのくさいバスタオルでお風呂上がりに身体をふくと、悪臭はさらに強烈になって、バスタオルが腐っているんじゃないかと、不安になってしまいます。

洗濯物がからっと乾かない、ジメジメとした時期はなおさらですよね。

洗っても臭いタオルの原因や、重曹や酸素系漂白剤を使った、臭いを消すお洗濯の方法を調べてみました。

スポンサーリンク

洗っても臭いタオルの臭いの原因は?

洋服やタオルから、プーンと臭ってくるのは、汗をよくかく、夏場が多いと思いませんか?

その臭いの原因は、わたしたちの身体の皮脂や皮膚、大量にかいた汗のタンパク汚れが、きちんと落ちていないからなんです。

分かりやすくいうと、こぼした牛乳をタオルでふいて、よく洗わないと、すごく臭いタオルになってしまいますよね。

牛乳のタンパク汚れが、落ちていないから、あの雑巾臭になってしまうのです。

洗濯してもイヤな臭いが残ってしまう洋服やタオルも、この雑巾と同じで、わたしたちのタンパク汚れが、まだ残っているからなんですね。

繊維にはもともと悪臭はないので、新品の衣類やタオルを同じように洗濯してもイヤな臭いはしませんよね。皮脂や汗の汚れが付いていないからです。

夏場の洗濯物に臭いが多く発生するのは、他の時期よりも汗をかきやすく、衣類に付くタンパク汚れが増えてしまうから、というわけなんです。

乾くまでの時間も、臭いの原因になる

どうしても部屋干しになってしまう梅雨時期は、洗濯物が乾くまでに時間が掛かってしまいます。

水分を含んだ状態が長く続くと、衣類に付いている細菌がどんどん増えていき、あのイヤーな臭いを発してしまうのです。

お風呂上がりに使ったバスタオルや、汗をたくさんかいた洋服を洗濯物のカゴに入れっぱなしにしておくと、あの臭いがしますよね。同じように、菌が増殖したことが原因なんですね。

また、部屋干しは、直射日光と違って紫外線による殺菌効果がないのも、臭いの原因になるそうです。

洗っても臭う洗濯物に、効果的な方法とは?

洗濯物のイヤーな臭いの原因は、細菌と、わたしたちの身体から出た皮脂やタンパク汚れです。

それらを完全に落とせば、臭いは消すことができますよね。

その解決方法を2つ紹介しますね。どちらも手軽にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

重曹は臭い消しに強い味方!

100円ショップでも売っている重曹は、どこでも手軽に手に入りますよね。

正式な名称は、重炭酸ナトリウムといって、掃除や洗濯、料理にまで使える魔法のような粉です。

重曹はアルカリ性なので、酸性の皮脂や汗の臭いを中和して、あのイヤな臭いを消してくれるというわけですね。

また重曹は、粒子が細かいので、繊維の奥まで入り込んで、汚れをねこそぎとってくれる効果もようです。

用意するものは、重曹1カップです。

いつも通りに洗濯する時に、洗剤と一緒に、重曹を入れるだけでOKです。

お風呂の残り湯など、ぬるま湯を使うとさらに効果がアップします。

しつこい臭いの場合は、洗面器やバケツにぬるま湯と大さじ1杯の重曹を入れて、そこに衣類やタオルを30分ほどつけおきしてから、洗濯機でいつも通りに洗濯すると良いですよ。

重曹は体内でも作られる成分なので、人の身体にも害はないそうです。赤ちゃんの肌着や布おむつを洗う時にもオススメですよ。

最悪は酸素系漂白剤で根本から臭いを断つ

しつこい臭いには、やっぱり酸素系漂白剤が力を発揮します。

用意するものは、粉末タイプの酸素系漂白剤と、50℃くらいの熱めのお湯。

液体タイプの漂白剤は効果が弱いので、粉末がおすすめです。

ここでは必ずお湯を使ってくださいね。

漂白剤が最も殺菌力を発揮するのが40〜60℃とされています。

では、やり方を説明しますね。

バケツや洗面器に、50℃くらいのお湯と、酸素系漂白剤を入れます。

この時の漂白剤の量は、パッケージ裏などに表記された「つけおき」「シミぬき」の分量を入れます。

洗濯物を入れて、1時間ぐらいつけておきましょう。

お湯が冷めないように、フタをしておくのも良いかもしれませんね。

つけおきが終わったら、いつも通りに洗濯機で洗濯します。

柔軟剤を入れても大丈夫です。

仕上がり時には、漂白剤の力で、きっちりと除菌されて、あのイヤな臭いが落ちているはずですよ!

混ぜると、危険なガスが発生するタイプもありますので、よく注意書きを読んでから、間違いのないようにしてくださいね。

まとめ

洗っても臭いタオルの匂いを一瞬で消す重曹と酸素系漂白剤の威力、お分かりいただけましたか?

重曹も漂白剤も、安価で手に入りやすいものですね。

どちらも使い方は簡単で、殺菌も消臭もできるなんて、ぜひ普段のお洗濯に取り入れたいですね。

臭いのもとは、とにかく雑菌。清潔なタオルや服で、快適に暮らしましょう~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク