• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんのドーナツ枕はタオルで代用がカンタン便利。折り方・作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首の座っていない赤ちゃんに枕は危険、とよく言われますよね。

ドーナツ枕は、少し首が落ち着いてきた3~4ヶ月の赤ちゃんに使わせる特別な赤ちゃん用枕。

窪みがあって、後頭部の形を絶壁ではなくきれいな形に整える役割をする、と言われていますが、わざわざ専用枕を買わなくても、タオルでも十分に代用できちゃうんです!

タオルで赤ちゃん用の枕を作るとしたら、どのように作るのでしょうか? 折り方・作り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんにドーナツ枕が利用される理由

新生児の赤ちゃんに枕を使うのはあまりよくないと言われているのをご存知でしょうか?

新生児は首がすわっていませんので寝返りもうつことができないため、柔らかい枕を使用してしまうと、口や鼻がふさがってしまうことがあります。

最悪の場合、死にいたるケースもあります。

そのため、首がすわる3~4ヶ月から枕を使うことを推奨されているようです。

まだ頭の骨も柔らかい時期に、一日中寝ているわけですから、固い枕だと後頭部が絶壁に鳴ってしまうとも心配されて、窪みのあるドーナツ枕が人気を呼んでいます。

自然と正面を向いて寝るようになる傾斜がついていることから、寝返りをうって口が塞がるのを防ぐ役割もあると言われています。

タオルを代用したドーナツ枕の利点とは

ドーナツ枕は市販でたくさん売っていますが、タオルを代用して枕やドーナツ枕を作ることでの利点がいくつかあります。

タオルの方が汗を吸収しやすい

赤ちゃんは代謝がとてもよいですから、その分汗をかきやすくなっています。

タオルを代用することで、直接タオルに汗を吸収させることができます。

もし布団に寝かせてしまうと、朝起きたときに布団が汗でびっちょりということになりかねません。

タオルの方が交換が簡単

赤ちゃんは、寝ながら嘔吐したり、よだれを垂らしたり、とにかく汚れ物がたくさん出ます。

市販のドーナツ枕もいいけれど、そんなに頻繁に汚されては、洗うのもたいへんだし、洗っている間の予備も必要。

だったらタオルがベストですよね。

タオルは気軽にすぐに洗えるし、何枚も用意しておくことができますので、とても便利です。

高さ調整も自由自在

赤ちゃんにとって良い枕というのは、高さが低い枕と言われています。

できれば平べったい枕のほうがいいです。

もし高さのある枕を使ってしまうと、姿勢が悪くなったり睡眠の質が落ちてしまうことがあります。

タオルを使えば、好きなように高さを作れるし、成長に合わせて変化の可能。

とっても便利なんですよね。

タオルで代用したドーナツ枕の折り方・作り方

タオルで赤ちゃん枕を作る方法は、いくつかありますので、ご紹介しましょう。

タオルを折るだけ簡易法

まず、赤ちゃんには基本的に枕は不要、とも言われているので、ドーナツ枕をとくに意識せず、薄手のバスタオルを適当に折って、赤ちゃんの頭の下に敷けばOK。

シーツやベッドの汚れ防止にもなりますし、一石二鳥です。

厚手のバスタオルをふたつに折って敷いてもいいですね。

色は、薄いものか明るいものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんが吐いたときに、その色を確認したりするためには、わかりやすい色を使ってほうがよいためです。

また、吸収性が良いもの、オーガニックのコットンを使用した無農薬タオルだと、赤ちゃんの敏感な肌にも安心ですね。

え? それだけ?

どうしても、ドーナツ枕の形がいいんだけれど…という方には、こんなタオルの代用法もあります。

タオルをクルクル丸めて輪っかにする方法

タオルを使いながら、ドーナツ状に輪っかの枕を作る方法です。

①タオルを細長く、幾重にか折ります。

②①を軽くひねるようにしながら輪っかを作ります。

③端と端を輪ゴムでとめます。

これで輪っかのドーナツ枕が完成。

ポイントとしては、よくひねってから輪ゴムでとめたほうがよりよいようです。

また、頭の上の方が高くなって傾斜がつくように、頭の半分くらいまで別のタオルを下に敷くようにすると、嘔吐防止にも良いようです。

本格的な手縫いドーナツ枕を作る方法

裁縫が得意な方は、すぐに作れて、たくさん用意できて、いつでも洗えるタオルドーナツ枕を手作りするのも一案です。

(準備するもの)

・タオル

・綿

・裁縫道具(針と糸、チャコペンがあればよいです。もしミシンがあるならミシンも使います)

・型紙

①型紙をドーナツ型になるようにつくります。

②まち針で型紙をタオルでとめていきます。

③周りをチャコペンで書いていきます。

④縫い代のために約1cmは残すようにしてハサミで切っていきます。(2枚作成します。)

⑤作った2枚を縫い合わせます。

⑥ドーナツ枕の中心部分となる円をチャコペンで書きます。

⑦円のところに綿がくるように入れます。

⑧⑦を縫います。ミシンがあるならミシンで縫っていきましょう。

⑨最後に円の外側にも綿を入れて最後に縫います。

⑩完成

そんなに時間もかかりませんのでぜひ作ってみてくださいね。

ちなみに洗濯をするときは、ネットに入れてから洗濯しましょう。

私は手縫いが雑だったようで、洗濯機にそのままいれたときに中身がでてしまったことがあります。笑

まとめ

タオルを代用したドーナツ枕には、汗を吸収しやすいことや、すぐに洗濯できて交換が楽なのがメリットですね。

タオルを折るにしても作るにしても、そんなに時間もかからずにできます。

赤ちゃんに枕は必要ではない、とも言われていますので、あまり神経質にならずに、赤ちゃんが寝やすそうにしてればそれでいいのよ、と母からも言われています(笑)。

私は結局、タオルをそのまま折って使うことのほうが多かったですね。

それで、元気な子供にちゃんと育ちましたので、ご安心を!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク