• このエントリーをはてなブックマークに追加

男の子の七五三はいつ?3歳にもやるのは当たり前⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ私の家には男の赤ちゃんが生まれる予定ですが、子供が生まれると行事がたくさんで大変。

そんな行事のなかでも七五三は男女でいつするのか違います。

そこで疑問なのが、男の子は正式には七五三はいつなのか? 3歳のときにもやると聞いたのですが、それってどこでも当たり前?

今回はそんな男の子の場合の七五三についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

  七五三とは? 意味や由来

まずは七五三についてのアレコレを調べてみました。

七五三は、子供が無事に成長したことに対してお祝いをする行事の1つとされています。

昔は子供でも死亡率が高かったので無事に生きる事が出来たことに感謝をするために始まりました。

子供は病気にかかりやすいですからね。

ちなみに、7歳までの子のことを神の子とされていました。

七五三では、家族で神社へ参拝をし、写真撮影をしたのちに食事をするなどが一般的です。

神社は子供への負担がかからないように近所の神社に行くほうがよいと言われています。

七五三の日は11月15日となっていますが、それ以前の大安の日にいくのがベターです。

ですから、大体10月か11月頃で都合の良い日に行くとよいとされています。

男の子の七五三はいつするの?

世間では、なんとなく男の子の七五三は5歳に行うと言われていますよね。

しかし、地域によっては3・5・7歳いずれもするところや、3・5歳に行うなど様々なようです。

3歳は髪をのばし始めるため「髪置き」

5歳は初めて袴を着るため「袴着」

7歳は帯を使い始めるため「帯解き」

5歳のみ実施する地域は、神奈川県、東京都、大分県となっており、3歳と5歳は青森県、大阪府となっています。

その他は、とくに地域としての慣習はなさそうです。

一般的に男の子は5歳だけすると言われるようになったのは、3歳と5歳の間隔が短すぎるため、5歳のみになったと言われるようになったそうです。

女の子は3歳と7歳の2回七五三をしますが、男の子は5歳の1回だけだと思っていましたので2回七五三をしてあげてもいいのだなと知りました。

最近では共働きの家庭が多いですから1回のほうがいいなと大人としては思いますが、子供との行事は確かに多い方が家族の思い出がたくさんできますよね。

気にせず、何度も祝ってあげたいなと思います。

七五三は満年齢?数え年?どっちで祝ってあげたらいいの?

昔は数え年で年齢を数えていたため、七五三も当然数え年で行っていました。

しかし、最近では数え年が身近ではなくなったことや、数え年という数え方をする人が周りにあまりいないこともあり、満年齢でする人が多いため、満年齢で行う人が多いようです。

家庭によって、満年齢と数え年のどちらでするのかが異なりますので決まりはないようです。

ですのであまり気にせずに、その地域に合わせてもいいのかもしれません。

おそらくママ友や親戚づきあいができると思いますので聞いてみるのもいいですね。

早生まれだとどうなるのかな?と思う方もいらっしゃると思いますが早生まれだとしても満年齢と数え年のどちらにするかを家庭で決めておけば問題ないと思います。

七五三というと、写真撮影などがありますが、3歳くらいの男の子というのは、やっぱり落ち着きがなくて大変だと思います。

その頃の様子を見て、3歳に七五三をするかどうかを決めてもよいかもしれませんね。

無理にやらねば、ということもないし、やっちゃダメ、というものでもないので、ある程度、柔軟に考えるのが良いようです。

3歳で七五三に行くときの着物ってあるの?

七五三のときに着る着物には、3歳用もあります。

今は、楽天やアマゾンでたくさんセットが売っていますので、好きなのを見つけてみると良いですね。

男の子甩は、ちゃんと3歳甩、5歳用と、同じ柄でもサイズがいくつか用意されていたり、調整して伸ばせるようになっていたり、いろいろあるようでした。

セットで買えば、意外とリーズナブルなんだなと思いました。

七五三 3歳 5歳 男児 縞 袴 セット (HESAKA)

値段4860円

お値段もお得だしレビューを見ると☆5がついていますのでおすすめの商品となっています。セットになっていますので買い忘れがないのもいいですね。

着物ひととき 七五三 着物 3歳 5歳 男の子

値段 7020円

濃い青色に兜や鶴が描かれています。

こちらもお値段がお手軽ですし、3歳と5歳どちらでも使用できますのでおすすめ商品です。

まとめ

男の子の七五三は、3歳と5歳、5歳のみなど地域によって違います。

そのため3歳に七五三をするのは当たり前ではないので、子供の状態に合わせたり、仕事の事情に合わせて決めてもいいかもしれません。

満年齢か数え年なのかも、昔の考えでは数え年ですが最近では満年齢で数えることもあります。

家族との思い出作り、という意味あいが最も強いと思いますので、素敵な写真なんかも残して、家族それぞれに、楽しい行事といたしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク