• このエントリーをはてなブックマークに追加

え!? 男の子の七五三は3歳でもやるの? 七五三の正しい理解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三のお祝いは、男の子が5歳、女の子が3歳と7歳にするイメージがないですか?

でも、3歳の男の子が普通に七五三のお祝いをする地域もあるし、最近は3歳の男の子がお祝いをするケースも増えてきているということを耳にしたんです。

そこで疑問になるのは、本来男の子の七五三のお祝いは何歳にするものなの?ということです。

そこで、七五三の由来からその辺のこと調べてみました。

スポンサーリンク

七五三の由来

昔は幼児の死亡率が高く、子供が成長するのはとても幸運だとされていたようです。

それゆえ、今の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録されるのは、3歳から4歳になってからでした。

生まれた土地の神様に子供の成長を感謝する儀式として、もともと宮中や公家て行われていた七五三ですが、江戸時代に武家社会から庶民へと徐々に広まっていき、明治時代には現在の形の七五三が定着しました。

七五三を庶民に広め定着させたのは、江戸時代の呉服店のビジネス戦略だったようです。

七五三の意味

「七つ前は神のうち」といわれ、7歳までは神の子だとされてきました。

そして、神がその子の運命を決めるとされていました。

そのため、昔から縁起が良いとされていた奇数の歳に、成長できた感謝とこれからの長寿を願う儀式として、七五三をお祝いしたそうです。

また、七五三それぞれの歳には別々のお祝いの意味があります。

3歳は、男女とも髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)の儀式。

病気の予防として剃っていた髪の毛を、伸ばし始められることをお祝いします。

5歳は、男の子が初めて袴をはく「袴着」(はかまぎ)の儀式。

袴をはくことが、幼児から少年になったとされる節目をお祝いします。

7歳は、女の子が初めて帯を締める着物をきる「帯解」(おびとき)の儀式。

付け帯から普通の帯に変えることで、幼児から少女になったとされる節目をお祝いします。

男の子の3歳のお祝い

このように、由来や意味からみると3歳の男の子が七五三のお祝いをするのは当然のように思われます。

実際昔は男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳にお祝いするのが一般的だったようで、3歳の男の子のお祝いを省略するようになったのは最近のようですが、その理由は不明です。

また、何歳が男女どちらのお祝いなのかは地域によって違うらしく、

・男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝い

・男の子は5歳、女の子は3歳と7歳にお祝い

・男女とも3歳、5歳、7歳にお祝い

とバラバラで、特に決まりはないようです。

自分の住んでいる地域の風習がどうなのか分からない場合は、ご近所さんに聞くか、七五三をする神社に確認したほうがよさそうですね。

地域の風習とはいえ、3歳の男の子が七五三のお祝いをするのは、間違いではありません。

一生に一度の事ですし、家族で近くの神社にお参りし、写真を撮ったり食事をしたりして、お祝いして思い出を作るのも良いですね。

七五三っていつするの?

七五三の儀式は、本来11月15日とされています。

でもなぜ11月15日なのか?については、いくつかの説があります。

説1.

昔、旧暦の11月は特別な日とされる冬至が含まれていて、田畑の収穫を神様に感謝する月でした。

そして、旧暦の15日は鬼宿日(きしゅくにち)で、鬼が出歩かない日といわれ縁起の良い日とされてきました。

そこで、11月15日には収穫の感謝とともに、子供の成長を一緒にお祝いするようになったことが、七五三の始まりと言われています。

説2.

徳川家光の四男、徳松が11月15日に袴着のお祝いをおこなったから。

説3.

徳川綱吉の長男、徳松が11月15日に髪置のお祝いをおこなったから。

以上のような由来から、新暦でも七五三のお祝いは11月15日にするようになったといわれます。

しかし、最近は11月15日にこだわらず、10月から11月頃の家族が都合の良い日にお祝いする人が多いようですよ。

数え年か満年齢のどちらでお祝いするの?

今まで単純に3歳、5歳、7歳と書いてきましたが、それは数え年なの?満年齢なの?って思いますよね。

昔は数え年でお祝いをしたようですが、今では満年齢でお祝いするのが主流になっておりようです。

しかし、特に決まりはないようで、どちらでも良いみたいですよ。

中には兄弟で3歳の子は数え年、5歳の子は満年齢でというように、兄弟一緒にお祝いできるように調整する人もいるみたいです。

男の子の七五三 まとめ

七五三は、住んでいる地元の神様に子供の成長を祝い、感謝する儀式です。

3歳は、男女とも髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)の儀式。

5歳は、男の子が初めて袴をはく「袴着」(はかまぎ)の儀式。

7歳は、女の子が初めて帯を締める着物をきる「帯解」(おびとき)の儀式。

七五三の由来からすると男の子のお祝いは3歳と5歳で、3歳の男の子が七五三のお祝いをするのは当たり前だった!

しかし、実際は男女が何歳でお祝いするのかは地域によってバラバラなので、地域の風習に合わせるのも大切ですが、せっかくのお祝いごとなので家族で思い出作りするのもいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク