• このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓参りで線香を燃やす意味は? 束で使うのが正式? 線香のつけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、お彼岸のお墓参りでは、当たり前のように、お線香とお花を供えます。

でも、ちょっと気になっていたののが、お墓参りのマナーです。

お線香も、数本の人もいれば、束であげている人もいます。

火のつけ方も、ロウソクや、紙を燃やしたりと、人それぞれです。

正しいお墓参りの仕方ってあるのでしょうか?

線香の役割や、供える意味、燃やし方、上手な火のつけ方などを調べてみました。

スポンサーリンク

お墓参りで、どうして線香を燃やすの?

お墓参りでは、必ずお線香を供えますよね。

でも、どうしてお線香なのでしょうか?

その理由は、お線香の香りが、亡くなった方の食べ物とされているからだそうです。

仏教では、生前に良い行いをしてきた人は、良い香りを食べ、悪い行いをしてきた人は、イヤな臭いしか食べられない、と言われてきたそうです。

お墓参りで、お線香をあげるということは、お墓に眠る故人や、仏様に、美味しい食べ物を供える、ということなんですね。

お線香の香りには、また、その場所を清め、浄化するという役割があるそうです。

土葬の時代には、死臭を消したり、動物を寄せ付けないために、お線香の香りが使われたともいいます。

また、お線香の香りは、人の心も清め、煩悩を静め、心を落ち着かせる役割もあります。

お墓やその場所はもちろん、お墓参りに訪れた人たちも清められ、仏様や故人をお参りできるように、お線香をあげたのでしょうね。

お墓参りのお線香は束であげるのが常識?!

お墓参りのお線香は、その家族や人によって、束であげたり、数本ずつだったりと、その数が違いますね。

調べてみると、お線香の数は、宗派によって決まっていることが分かりました。

・1本 臨済宗 日蓮宗 曹洞宗 禅宗

・2本 浄土宗

・3本 天台宗 真言宗

宗派によっては、お線香を香炉に立てずに、横に寝かせて供える作法もあります。

お線香の数に、特別な決まりがない宗派もあります。

また、お線香を束であげるのも、間違ってはいないそうです。

それが一般的とされている地域もあるようです。

いずれにしても、お線香をあげるのは、故人を供養するものなので、堅苦しく考えなくても良いようです。

それでも気になるという人は、お寺に聞きに行けば丁寧に教えてくれるはずですよ。

お線香の火のつけ方や消し方の作法ってあるの?

お墓参りには、お線香に火を付ける専用のライターがあると便利ですよ。

不慣れな人でも、風が強かったり、悪天候の時でも、困ることなくお線香を燃やすことができます。

お線香が束になっていると火が付きにくいので、お線香をとめている紙を外して、扇子のように広げると、火が付きやすいです。

試してみてください。

お線香の火を消す時は、絶対に口でふき消してはいけないそうです。

仏教では、人の口から出る息は、汚れたものとされているので、その息でお線香やロウソクを消すのは不作法という考えがあるそうです。

お線香の火は自然に消えるまで待ちましょう。どうしても消したい時は、お線香を振って火を消します。

お線香を供える向きは決まっているの?

お墓参りでお線香を供える香炉は、お線香を寝かせるタイプが、最近は多いですよね。

雨風から、お線香を守るための設計のようです。

この時、お線香の火が付いている方が右なのか、左なのか、悩んでしまうことがあります。

調べてみると、お墓参りの際のお線香の向きは、特別な決まりはないそうです。

ただ、前の人が置いた向きにそろえた方が良いようですね。

逆に置いてしまうと、お線香が両端から燃えてしまって、あっという間に燃えつきてしまいそうです。

お線香にも種類があるってほんと?!

お線香は、原料によって「匂い線香」と「杉線香」の2種類に分けられます。

お墓参りで使われているのが「杉線香」。

杉の葉の粉末を原料に作られています。杉の香りがする煙の多いお線香です。

家庭のお仏壇や寺院で使われているのが「匂い線香」。

主な原料はタブの木の樹皮の粉末です。香木や香料を加えて作られていて、いろいろな香りのお線香が出ていますよね。

近年は、炭を原料にした煙の少ないお線香も人気だそうです。

また、お線香の長さは、一般的に、30分ほどで燃え尽きる長さが多いようです。

その理由は、お坊さんがお経を1回、読み上げる時間に合わせているそうです。

最近は、長い時間の供養に合わせて燃焼時間の長いお線香や、忙しい家庭などお仏壇に手を合わせる時間を短くしたいという人に合わせた燃焼時間が短いタイプなども出ていますね。

まとめ

今まで、当たり前のようにお線香をあげていましたが、煙や香りには、いろいろな意味があったんですね。

今度のお墓参りには、お寺に行って、正しいお線香の数を聞いてみようかと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク