• このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッカ油の虫除けスプレー効果ない?網戸やベランダもOK!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると、我が家では虫との戦いが始まります。

と、いうのも、夫がトマトやキュウリのプランターを、息子がメダカやザリガニの水槽を、狭い庭にびっしりと並べてしまうからです。

野菜や水槽には虫が集まりやすくて、網戸にしていても羽虫が入ってくるし、夕方の水やりには蚊の猛攻撃に遭うし、もういい加減にして!という感じ。

でも、野菜と生き物を前に、劇薬を含む殺虫剤を使う気にはなれません。

「このごろ、ハッカ油を買って行く人が多いよ。虫除けスプレーを自分で作るみたい。」

えー、でもハッカ油の虫除けスプレーって効果ないって聞くけど…?

網戸やベランダもOKなのかな?

薬局に勤める友人の、おすすめの言葉をきっかけに、ハッカ油の虫除け効果について調べてみることにしました。

スポンサーリンク

作ってみました、ハッカ油で虫除けスプレー!

「ハッカ油には虫除け効果がない?」

そんな噂の真偽も確かめたくて、まずは私もハッカ油で虫除けスプレーを作ってみることにしました。

材料や配合の割合は、たくさんの情報があって迷ってしまったのですが、薬局に勤める友人にもいろいろ聞いて、作ったのがこれです。

ハッカって、シソ科で薄荷という字を書くのですが、「ミント」の総称なんですよね。

なーんだ、って急におなじみの感じになりますし、だから安全なんだ~というイメージがわいてくると思います。

清涼感あふれ、爽やかな感じで、メントールに富んでいます。

人間には気持ち良い、その成分が、実は虫除けに効果があるということなんですね。

準備するもの

ハッカ油は、薬局やドラッグストアなどで手に入ります。

上の写真の商品「天然ハッカ油」は、20ミリリットル入って、500円台と、とってもリーズナブル。

一度に使うのが2ミリリットル程度なので、何度でも使えますね。

無水エタノールも、最近では、電子機器の掃除や、殺菌消毒できる掃除用品として使われたりしていますよね。

・ハッカ油  2ml
・無水エタノール  10ml
・精製水   90ml

あくまでも、すべて自然素材にこだわりたい方には、アロマ系のものや、有機ものなど、オンラインショップで多数、出ていますので、見てみてください。

作り方

1.清潔なスプレーボトルに、スポイトでハッカ油を入れる。
2.無水エタノールを加え、よく振り混ぜる。
3.最後に精製水を加え、再びよく振り混ぜる。

無水エタノールは、ハッカ油と水をうまく混ぜるための「つなぎ」です。

同じ作用の「消毒用エタノール」の方が安価なのですが、無水エタノールを使った方が、肌への刺激が少なくなるとのこと。

ただ、天然由来のものとはいえ、体質は人それぞれなので、虫除け効果や肌との相性を見ながら、配合の割合を試してくださいね。

ハッカ油の虫除けスプレーは効果あり!

いつも蚊の猛攻撃を受ける夕方の水やりに、作ったばかりのハッカ油スプレーを使ってみました。

帽子と上着とズボン、そして手の甲や足首も念入りに、たっぷりスプレー。

目に入ると危なそうなので、顔はやめて、防虫ネットでカバー。

ハッカ独特のスゥ~ッとした清涼感が心地よくて、暑い水やりもやる気が出てきました!

天然由来、という安心感もポイントが高いです。

そして…

実際、蚊は明らかにハッカを嫌っていました。

いつものように、あのモスキート音を発しながら寄っては来るのです。

でも、ふと嫌な顔をして(そんなふうに見えました)飛ぶ進路を変えるのですよね。

殺虫効果はありませんが、除虫効果はバッチリ、無駄な殺生をせずに済みます。

網戸やベランダにも、ハッカ油の虫除けスプレーが効く!

気を良くした私は、庭に面したリビングの網戸へもハッカ油の虫除けをスプレーしてみました。

居心地悪そうに、網戸でぐずぐずしていた羽虫をうちわで追い払ったなら、その後は明らかに虫の数が減ったように思います。

洗濯物干しの時、ハエやカメムシが気になるベランダの入り口にも、たっぷりスプレーしておきました。

ハッカ油には殺虫効果はなく、自然由来の「虫除け」なので、完璧に一掃できるわけではありませんが、多量の虫に悩まされている我が家にとっては、かなり気持ちが楽になりました。

えっ!? ハッカ油の虫除けが効果ない!?

ところが、何度かハッカ油の虫除けスプレーを使ううち、

「これって、虫除けの効果がまったくないのでは!?」と思う事態が発生しました。

それは、午後からずっと庭の草取りをしていた時。

最初は蚊もアブも寄って来ず快適だったのですが1時間くらい経った頃から、蚊の猛攻撃が始まったのです。

はっ、と気付いたのは、虫除けスプレーに使っているハッカ油も無水エタノールも揮発性が高いということ。

こまめにスプレーしないと、まったく効果がなくなってしまうのです!

暑い夏の日差しの下、たった一度きりのスプレーでは1時間が限度。

同じ理由で、網戸やベランダへも、ほぼ1時間ごと、再スプレーしないと効果が続きません。

ハッカ油の虫除け、本来の威力を発揮してもらうには、こまめなスプレーが大切なのです。

まとめ

ハッカ油には、確かに虫除けの効果がありました。

虫を除けつつ、庭のトマトにもザリガニにも安心なので、使っていて気持ちが楽でした。

天然由来だからこその安心感、むやみに殺生しなくて済むこと、ハッカに含まれる清涼感など、良い点の多いハッカ油の虫除けスプレーですが、基本は「虫除け」。

「殺虫」ではないので、市販の殺虫剤のような徹底した効果を求めるのなら、別の方法が良いかもしれません。

また、ハッカ油の虫除けスプレーは揮発性が高いため、こまめにスプレーすることが効果を上げるコツとなります。

自然にやさしいハッカ油の虫除けスプレー、生活の中に上手に取り入れて、これからも使ってゆきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク