• このエントリーをはてなブックマークに追加

入院のお見舞いに花は厳禁!? 知らないと恥かく見舞い花のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族や友人が入院をしたと聞いたとき、「お見舞いにお花を持っていこう」という人が多いかもしれません。

しかし、病院側の対応として、最近ではとくに、造花はいいのですが生花は禁止しているところが増えています。

なぜなら、菌が持ち込まれたり、花固有の匂いなどによって、患者さんの状態が悪くなってしまうことがあるからです。

「花ならなんでもいいんだと思っていたー!」という人のために、お見舞いのときの花のマナーについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

入院のお見舞いに花は厳禁?

先ほども説明したように、入院のお見舞いの際に花を持ってくることは、現在では、かなり多くの病院で禁止されていますので、まずは確認をしてみましょう。

とくに注意してほしいのは、個室管理されている患者さんです。

全病室が個室の場合は、元気な人もいます。

しかし、4人部屋や2人部屋などがある病棟で個室に入院している場合は、患者さんの状態が安定していないことがあります。

あとは、末期の患者さんなども個室に入ることがほとんどです。

そういった患者さんは免疫力が低下しています。

元気なときは、とくに症状は出ていなかったとしても、免疫力が低下しているときは感染をしてしまう可能性があります。

~看護師として働いているときに起こったできごと~

患者さんのところに友人だと言われる人が面会にきました。

面会の人をお部屋にご案内したあと、面会の人は

「○○さんの好きな花を持ってきたよ」

と言ってユリのような花をだしました。

すると、患者さんは急に嘔吐をしてしまい、面会の人もびっくりした様子でした。

原因は「ユリの花の匂い」でした。

面会の人は、患者さんの好きな花だからと思って持ってきたようでしたが、患者さんは薬の副作用によって食事量が落ちており、嘔吐しやすい状況でした。

このように、お見舞いの花によっては患者さんの状態を悪化させてしまうこともありますので注意が必要なのです。

入院のお見舞にOKな花とは

生花は基本的にNGの病院が多い、とお伝えしましたが、OKな花もあります。

たとえば、造花があげられます。

病院側にとって、花を持ってくるのがNGという理由もありますが、患者さんの病状を詳しく知らないというときには造花を選ぶことが大人としてのマナーだと言われています。

造花だと、枯れる心配がありませんし、水をあげる必要もありません。

そのため、患者さんにも家族にも負担をかけることがありません。

花を選ぶのが難しいときは、花屋さんに「お見舞い用の造花を考えている」ということを伝えたほうが一番よいと思います。

私のおすすめは、「シルクフラワー」という造花です。

これは、光触媒加工があるからです。

部屋の菌を抑制してくれたり、花にホコリがつく心配がないからです。

シルクフラワーを置くことによって、部屋の菌を抑制してくれて、なおかつ目でも楽しめるため、患者さんにも喜んでもらえると思います。

知らないと恥かく入院見舞にNGな花とは

病院によっては、生花も普通に受け付けてくれるところも、まだまだあります。

が、持っていくお花には、いろいろと気をつけるべきことがあります。

1.先ほどの体験談のように、匂いのきつい花はやめましょう。

2.赤い花は血を連想させてしまいますので、縁起が悪いということになり、NGな花となっています。

3.時々花束をもってこられる人がいますが、花瓶がないと飾ることができません。花瓶に入った水から雑菌が繁殖してしまい、患者さんに感染することがありますので、ブーケ状のものがおすすめです。

4.コンパクトなものが喜ばれます。なぜかというと、長期間入院している人は、物があふれていることがほとんどだからです。そこで日々、生活をしているわけですから、自然と物が増えてしまうのも仕方ありませんよね。

花瓶が必要な花をおすすめしないのは、そのせいでもあります。

見舞い花の金額ってどのくらい?

お見舞いに持っていく花は大体3000~5000円程度のものを買うとよいでしょう。

値段というよりも、色合いや花の種類などに気を使ったほうがよいと思います。

そして、できれば小さいもののほうがよいでしょう。

これは、看護師としての立場でいいますが、看護師は毎日環境整備といって、患者さんの机やベッド周りの掃除をします。

その時に、大きな花があったりすると邪魔に思ってしまうんですよね・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

入院のお見舞いの花は、多くの病院で、菌の心配や匂いで体調を崩す人がいるために、生花はNGとなっています。

しかし、造花はOKとなっており、おすすめの造花は「シルクフラワー」です。

生花がOKという病院でも、匂いのきつい花や、赤い花、花瓶のいる花束などは、基本NG。

花の金額は3000~5000円程度のものがよいでしょう。

患者さんが花を見て、穏やかな気持ちになると嬉しいですし、1日でも早く元気になってもらえるといいですね。

ぜひ参考にしていただき、素敵な花を選んでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク