• このエントリーをはてなブックマークに追加

靴の臭いが取れない! 原因とスッキリ消臭するカンタン対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴を脱いだとき、「うわ、臭いな」って思うときありませんか?

夏場はとくに感じやすいですが、1年中靴が臭くなってしまう原因が隠されています。

運動靴や仕事、学校で毎日履いている靴は、とくに臭いが強いと感じますよね。

そういった靴は、しっかりと対策をとらないとますます臭くなります。

靴の臭いが取れない原因とは何か? スッキリ消臭するカンタン対策はないものでしょうか?

原因と対策について調べてみました~。

スポンサーリンク

靴が臭くなる原因とは?

靴が臭くなってしまう原因は、3つあります。

汗と脂

足はとても汗をかきやすく、また垢がでやすい箇所でもあります。

足から汗をかくと、靴の中の湿度が高くなってしまい、ムレにつながります。

体のほかの場所(手や脇)などで汗をかいた場合、みなさんは手を洗ったり脇に消臭スプレーや汗を拭くタイプのもので汗を拭き取ることができますよね。

臭いの原因となっているのは、雑菌です。

雑菌は、垢などを餌としていますので、その餌を拭き取ることができる手や脇などは、外出中でも対策をしやすくなります。

しかし、足はどうでしょうか?

足を洗ったりすることは難しいですし、足の裏を拭き取ったとしても、また靴下を履かなくてはいけませんので、臭いが取れにくくなります。

高温・通気性の悪さ

サラリーマンの方などは特に、通気性の悪い靴を履いていることがほとんどです。

外回りをしたり、室内で靴を履いたままの状態が続いていると、靴の中の湿度がとても高くなります。

湿度が高いと、雑菌などの住みやすい環境を作っている状態になりますので、臭いの原因を作っている1つとなるのです。

日頃のお手入れ

毎日履いている靴であるととくに、洗う日がありませんよね。

というか、革靴って、自分でお手入れすることもほとんどないはず。

外側はしても、内側はほとんど何もしないでしょう。

洗う機会が少なくなってしまうと、その分湿気の多い環境が続いている状態になりますので、靴に臭いがついたままになってしまいます。

運動靴などは、普段の靴よりも汗をかきやすく、湿度も高くなりやすいので、靴に臭いがつきやすくなってしまいます。

革靴も、日頃から歩くお仕事の場合には、運動靴とまったく一緒。

通気性がそもそも欠ける場合が多いので、より注意が必要なんです。

靴の臭いを取るための対策とは

靴の臭いが取れない~!とお嘆きの方。私も、かつては本当に苦労したんです。

旦那さんが汗かきだし、外回りの営業で、常に蒸れてしまっていたんですね。

抗菌ソックスを履かせたり、いろいろして、それなりに効果は感じていたのですが、でも、一度、臭いがついた靴は、しっかりと消臭ケアをしないことには、自然になくなることはありませんでした。

以下が、私が試して、効果あり!と思った方法です。

それからは自分の靴も意識して、しっかりとケア中。

臭くなる前に、予防効果もありますからね。

ぜひ試してみてくださいね。

重曹を靴の中に入れる

私の一番のおすすめは、重曹を使うことです。

重曹は、食べ物にもありますが、値段が高いですので、掃除用の重曹を購入しましょう。

上の写真は、アマゾンで買ったもの。

100均にも売っていますのでお手軽に買うことができます。

ティッシュを2枚用意し、重曹をスプーン1杯程度ティッシュの中に入れます。

そのあと、輪ゴムで結んで靴の中に入れるだけです。

とっても簡単ですよね。

ちなみに、ティッシュ1枚だと破れやすくて、重曹の粉が靴の中でバラバラになってしまった経験があったからです。

これだけでも臭いを撃退することができます。

注意してほしいのは、この重曹を入れていることを忘れて靴を履かないようにしてほしいことですね。

薄いストッキングや靴下に入れておく、というのも同様の効果が得られますよ~。

ファブリーズを使う

ファブリーズは、分解消臭によって臭いのもとをシャットダウンしてくれます。

毎日帰ってきた時に、靴にファブリーズを吹きかけるだけで臭いのもとを抑えてくれますのでとても便利ですよね。

ちなみに、布製品に対してこの効果がありますので、ローファーなどの皮だと効果がありません。

靴の中の布部分に吹きかけるようにしましょう。

定期的に靴を脱ぐ

一日中靴を履いていることによって靴の中の湿度が高くなりやすいということをご説明しましたよね。

そこで、定期的に靴を脱ぐことによって、靴の中の湿度を下げるようにします。

何度も靴を脱ぐと、臭いが部屋中に充満してしまうのではないかと思いますよね。

そのため、毎日ファブリーズや重曹などで予防をしておくことで、その心配がなくなります。

余談:蚊に刺されやすい原因は、足の裏にあった!?

余談ですが、夏場になるとよく蚊に刺される人と、刺されにくい人がいますよね。

血液型が関係していると思っている人がいるかもしれません。

たしかに、血液型によって刺されやすさはあるとは思います。

しかし、それよりも「足の裏の雑菌の種類の多さ」によっても蚊による刺されやすさがあるのです!

足の裏に垢が溜まっていたり、雑菌の種類を多く含んでいる人は、かなりの頻度で足に刺されやすくなります。

これは、雑菌の種類によって、蚊が「血を吸いたい」と興奮させる化学物質が含まれているからだと言われています。

そのため、蚊に刺されないために、そして靴の臭いをとるためにも、しっかりと対策が必要になってきます。

足を清潔に保つことが役に立つわけですね。

お風呂のたびに、重曹で足を洗うことも、とってもいいらしいですよ!

まとめ

靴の臭いの原因は、ムレ、湿気、靴の手入れの不十分さにあります。

そのため、対策としては、重曹を利用する、ファブリーズを使う、定期的に靴を脱ぐことがあげられます。

足そのものを清潔に保つことが、まずは大切ですね。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク