• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニットとセーターの違い。呼び方が違う理由とニットの多彩な種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の会話の中で、何気なく使っている「ニット」や「セーター」という言葉。

皆さんは「ニットとセーターの違いって何?」と聞かれたら違いをうまく説明できますか?

違いを知っていればそれだけでおしゃれ上級者と思われるかも!?

今回はニットとセーターの具体的な違いは何か? 呼び方が違う理由とニットの多彩な種類について、調べてみたのでご紹介しますね〜!

スポンサーリンク

ニットとセーターの違いは何?

さて、皆さんは「ニット」と言われるとどんなものを想像しますか?

多くの人は、秋冬に大活躍のあったか~い「セーター」が思い浮かぶのではないでしょうか。

間違いではないのですが、ここで「ニット=セーター」と勘違いしている人も多いはず。

実は=(イコール)ではないんです!

ニットとは、糸でループを作りながら編んだ生地のことを言います。

糸を編みこんで作られた生地には、伸びやすいという特徴があります。

マフラー、帽子、カーディガン、手袋、靴下、肌着など、ニット素材で作られていればそれらは全て「ニット」と言えます。

セーターだけをニットと呼ぶわけではなく、ニット素材で作られた全てのものを総称してニットと呼ぶのです。

ニット製品にはたくさん種類があり、その中の1つがセーターということなんですね~。

ちなみに、セーターとはニット素材でできた上衣(トップス)のことを言いますが、日本では主に頭からすっぽりかぶって着るプルオーバータイプのものをセーターと呼んでいます。

クルーネックでもVネックでもタートルネックでも、すっぽりかぶって着るニット素材でできた上衣はセーターと呼びます。

ただ、季節やトレンドによってはセーターのことを「ニット」と呼ぶこともあり、アパレル業界でも呼び方はかなり曖昧なので、そうゆうものなんだなぁと思うくらいでOKです!

ニットの種類と分類

ニットが生地であるとわかったところで、その種類と分類についてもご紹介していきます。

カットソー

ニットの種類の1つに、カットソーがあります。

カットソーとは、ニット生地を裁断(cut)し、縫製(sew)して作られるものを言います。

海外ではカットソー(cut and sewn)は製品を作る過程の時に使う言葉ですが、日本ではニット生地を裁断、縫製して作られた製品そのものを指す言葉として使われています。

ブラウスやシャツ、スーツは、糸を縦横に交差させて織って作られる織物生地を使って縫い合わせて作られますが、織物生地で作られる服はカットソーとは言いません。

なぜなら、織物は最初から裁断、縫製することを前提とした素材だからです。

「カットソー」という言葉は、裁断、縫製をしたニット素材の服と、裁断・縫製をしていないニット素材の服を区別するために生まれた言葉と考えられます。

裁断・縫製をしていないニット素材の服には、セーターなどがあります。

セーターは裁断したり縫い合わせたりせず、身頃や袖を全てひとつながりで編んで作ります。

これを「一体成型編み」といいます。

ところが、セーターを身体の部分と袖の部分を別々に編み、それらを縫ってつなぎ合わせて作ると、それは「カットソー」に分類されることになるんです。

ジャージー

ジャージーとは、基本的なニットの編み方を言います。

ジャージー編みは、メリヤス編みとも呼ばれていて、伸縮性が良いので肌着からアウターまで幅広く使われています。

ちなみに、ニットの基本的な編み方がジャージーと呼ばれるようになったのは、イギリス、ジャージー島の漁師たちが、この編み方で作られた作業着を愛用していた事からと言われています。

ジャージー生地が日本に伝わると、その優れた伸縮性、機能性、動きやすさから、学校の体操着や、トレーニングウェアとして使われることが多くなりました。

このことから、トレーニングウェアや体操着などを日本では、「ジャージ」と呼ぶようになったんですね~。

ニットは糸の繊維によって分類される

さらに細かく言うと、ニットは糸に使われる繊維によっても分類されています。

羊の毛で作られたウールニット、アルパカの毛で作られたアルパカニット、ヤギの毛で作られたカシミヤニットなどの動物の毛を使った天然繊維や、アクリル、レーヨン、ナイロンなどの化学繊維も種類がたくさんあります。

使われている繊維によって、着心地や肌触り、暖かさはそれぞれ異なりますし、お値段もピンキリです。

どの繊維で作られているものが自分に合った着心地の良いニットかを見極めて、お気に入りの一着を長く着たいですね。

※写真はクリックすると、販売ページに飛びますので、ご興味あるかたはどうぞ~

ウールニット

カシミヤニット

アクリルニット

ナイロンニット

 まとめ      

ニットとセーターの違いを紹介してきましたが、もう一度違いをまとめると…

  • ニットとは糸をループ状に編んだ生地のこと。
  • セーターはニット製品の中の1つ。頭からかぶって着るプルオーバータイプのものを言う。
  • ニットにはカットソー、ジャージーなど種類があり、さらに細かく、使う繊維によって分類される。

ニットとセーターの違い、少し分かっていただけたでしょうか?

ニットやセーターだけではなくカットソー、ジャージどれもニットで、時期によってトレンドの言い方に変わる事もあります。

また、そのお店によって呼び方が違うなんてことも。その場合は、素材のイメージが違う事もあるので購入する時には少し注意した方が良いかもしれませんね。

服を購入する時には素材や編み方に注目してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク