• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニットとカーディガンの違い!呼び方が違う理由と他に混乱しがちな物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段何気ない会話の中に出てくる「ニット」「カーディガン」などのファッション用語。

あなたは正しく使えていますか?

「それってどんなものなの?」と聞かれたときにさらっと答えられたらかっこいいですよね♪

ということで、今回はニットとカーディガンの違い、呼び方が違う理由と他に混乱しがちな物など、曖昧なファッション頭語をいくつかご紹介します!

スポンサーリンク

ニットとカーディガンの違いとは?

カーディガンは、ニットなのですが、ニットはカーディガンではない、と言ったら、混乱しますよね(笑)。

でも、実際にはそうなのです。

ニットというのは、総称みたいなもので、カーディガンは、その一例だからなんです。

以下に、それぞれについて、軽く説明しますね。

ニット

ニットとは、糸をループ状に編んだ生地のことを言います。

糸を編みこんで作られた生地は、伸縮性に優れているという特徴があります。

ニットは、糸を編んで作る生地全般のことを指すので、冬用のセーターなどに限らず、春夏用のサマーニットやマフラー、帽子、手袋、靴下、肌着など、ニット素材で作られていればそれらは全て「ニット」と言えます。

イメージだと、どうしても「毛糸」を思い出すかもしれませんが、素材はそれぞれ。

え、コレもニットなの?って驚くかもしれないほどです。

だけど、まあ、普通に日本で使う場合は、毛糸で編んだ服全体をさしていたりしますしね。

あんまり深く考えなくてもいいのですが、でもだからこそ、セーターやカーディガンと混乱しがちってわけですね。

カーディガン

カーディガンが、どんなものか想像がつかないという人は少ないのではないかと思います。

学生時代から制服として取り入れられていたり、夏の冷房対策でシャツや半袖の上から羽織っている人もいるのではないでしょうか。

カーディガンの特徴は、「毛糸類で編まれたジャケットで、前あき、ボタン留めができるもの」です。

つまり、ニットは衣類の素材のことを指し、このニット素材を使って作られる製品がカーディガンです。

カーディガンは、ニット製品の1つであるということですね~。

基本的には、羽織るもの。何かの上に着るものですね。

呼び方が違う理由と他に混乱しがちな物

カーディガンとニットの違いが分かったところで、他にも似たようなカタカナのファッション用語もいくつか簡単にご紹介します。

時に、その言葉は「形状」を指し、時に「素材」を指す言葉になります。

だから、必ずしも同列に並べられるものではないので、より理解が面倒くさいかもしれませんが、感覚的に覚えましょう。

ジャケット

ジャケットとは、ウエスト~腰丈までの上着のことを指し、一般的には前あき、襟付きのものを言いますが、頭からかぶって着る、プルオーバータイプのものも含まれます。

本来は、西ヨーロッパの男性用の前あき上衣でしたが、現在では男女関係なく着るようになりましたよね。

コートと似ていますが、相違点としては丈の長さが挙げられます。ジャケットは前に述べたようにウエスト~腰丈のもので、コートはそれよりも長いものを言います。ですが、実際には明確な区別がないとも言われています。

(参考商品 アマゾンより)

ブルゾン

ブルゾンとは、フランス語で「裾を絞ったブラウス」という意味で、ウエスト、または腰までの短いジャケットを言います。つまりジャケットの一種です。

膨らませた裾をベルトやタックで体型に合わせて絞ることができます。

英語では「ジャンパー」といい、元々は作業着として使われていたため、仕事着のイメージが強かったのですが、洗練されたイメージを持たせるため、ブルゾンという言葉が使われるようになったようです。

但し、名称が規格で決まっているわけではないので、お店によって呼び方は様々です。

(参考商品 アマゾンより)

プルオーバー

プルオーバーとは、前あき、後ろあきでない、頭からかぶって着るタイプの服全般のことを指します。

服の種類(製造方法)ではなく、形状(デザイン)のことを言います。

ですので、セーター、Tシャツ、カットソー、パーカー、ワンピースなどなど…とにかく頭からスポッとかぶって着るタイプの服であればプルオーバーなのです。

同じパーカーでも、途中までのジップならプルオーバー。前あきのフルジップならプルオーバーとは言わないというわけですね。

なんだかややこしいです。(笑)

(参考商品 アマゾンより)

セーター

セーターとは、ニット素材で作られた上衣(トップス)で、ニット製品の一種です。

日本では主に、頭からかぶって着るプルオーバータイプのものを言います。

糸の素材は、ウールやカシミヤなどの天然毛糸、アクリル、レーヨンなどの化学繊維など様々な種類が使われています。

編み方や模様も様々で、クルーネック、Vネック、タートルネック、ボトルネックなどデザインも豊富にあります。

セーターも規格で呼び方が決まっているわけではないので、その時のトレンドやお店によってはセーターのことをニットと呼ぶ場合もあります。実に曖昧です。(笑)

(参考 アマゾンより)

 

まとめ

ニットとカーディガンの違いと、呼び方が違う理由と他に混乱しがちなファッション用語をご紹介してきましたが、ここでまたざっくりまとめると…

・ニットは糸をループ状に編みこんだ伸縮性のある素材(生地)を指す言葉

・カーディガンはニット製品の一種。前あきが特徴

・ジャケットはコートよりは短い上着

・ブルゾンはジャンパーを少しおしゃれに言った言葉

・プルオーバーは頭からかぶって着る服全般

・セーターはニット製品の一種。プルオーバーなのが特徴

本当にざっくりまとめました。

ここでご紹介したのはほんの一部で、ファッション用語はまだまだたくさんあり、なかなか奥が深いです。

調べてみると、間違った使い方をしていた!と気が付くこともあるかもしれません。

これをきっかけに他にも調べてみると楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク