• このエントリーをはてなブックマークに追加

髪や服のイヤな静電気を除去する方法と予防策。服の組合せにも秘密が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になって乾燥すると、セーターやマフラーを身に付けた時や、ドアノブに触ったときとかに、パチッと静電気がおこること、ありますよね。

わーなるなる、と思っているから、いつもビクビクしながらドアに触っていたりします。

せっかくセットした髪が逆立ったりして、困っちゃいますよね。

静電気を除去するグッズも、最近ではたくさん出ていますが、普段の生活で、カンタンに予防はできないのでしょうか?

髪や服のイヤな静電気を除去する方法と予防策や、服の組合せにも秘密があるというので、その辺のことをいろいろと調べてみました!

スポンサーリンク

静電気ってなぜ起きるの?

この世の中にあるすべてのものは、原子からできていますよね。

原子には、プラスの電気と、マイナスの電気があって、この2つがこすり合わさったりすると、電気のバランスがくずれてしまうんです。

そうすると、マイナス電気がはがれ落ちてしまい、プラス電気だけが物質に残ってしまうんです。

この状態を、静電気、というんですね。

静電気は、その文字透り、溜まったまま動かない電気のことです。

静電気の状態で、電気を通しやすい物に触れると、プラス電気が、マイナス電気と結合しようとして、その瞬間にパチッと火花が散り、私たちがよく使う「静電気がおこる」ことになるんですね。

落雷も、静電気がおこるのと、同じ理屈なんだそうです。

ドアノブや、車のドアのノブなど、電気を通しやすい金属でパチっとなりやすいのも、納得ですね。

静電気が起こりやすいのは、どんな時?

静電気は、いつでも、どんな時でも、私たちが気付かないだけで、おこっているのだそうです。

特に静電気がおこりやすい状況をあげてみました。

乾燥している時期

静電気は空気が乾燥していると、多発します。

気温25度以下、湿度20%以下の、空気中に水分が少なくなると静電気はおこります。まさに、冬の時期ですね。

水分がある程度あれば、電気は空気中に放電されるのですが、乾燥していると電気は逃げ場を失って、静電気となってしまうんですね。

ということは、乾燥肌の人も、静電気がおこりやすい、ということになりますよね。

冬の暖房などで、湿気のなくなったお部屋は、さらに静電気がおきやすい状況になってしまいます。

衣類などの素材がこすれ合う

コートを脱いだ時や、重ね着をした時など、パチッと静電気が起こりやすいですよね。

これは、衣類がこすり合って静電気が起きているんです。衣類の素材によって、または組み合わせによって、静電気が起こりやすいものもあります。

イスと衣類がこすり合って静電気が発生していることもあるんですよ。

静電気がおこりやすい体質もあるの!?

静電気がおこりやすい体質の人っているんです。

どんな人かというと、よく健康系のテレビや雑誌などで見る、体内の血液が酸性化してドロドロになっている人です。

健康な人の体内は弱アルカリ性の血液が流れています。でも、ジャンクフードやお菓子などばかり好んで食べている人や、睡眠時間が足りないなど不健康な人の体内の血液は、酸性になっていることが多いそうなんです。

身体が酸性化してしまうと、電気バランスが崩れてしまい、静電気をためやすい体質になってしまうというわけです。

洋服の組み合わせを考えれば、静電気を除去できるの?

セーターや、フリースは、静電気が起きやすい。と思っていましたが、洋服の組み合わせで、静電気がおきにくい、起きやすいが決まるそうなんですね。

洋服の素材にも、プラス電気とマイナス電気がありますよね。

静電気が起きやすいのは、プラス電気の素材とマイナス電気の素材の組み合わせです。

逆に、静電気が起きにくいのは、プラス電気の素材同士、マイナス電気の素材同士となりますね。

マイナス電気の素材とプラス電気の素材の一例をあげてみます。

アクリルやポリエステルと、ウール素材とを組み合わせると、電気が起きやすそうですね。

セーターを脱ぐ時にパチパチってなるのは、その下に化学繊維系の入った下着とかシャツを着ているときなのかもしれません。

今度、じっくりと素材を見て、組み合わせを考えたいと思います。

マイナス電気の素材(強い方から順に)

  • 塩化ビニール
  • ポリエチレン
  • ポリウレタン
  • アクリル
  • ポリエステル

プラス電気の素材(強い方から順に)

  • 毛皮
  • ウール
  • ナイロン
  • シルク(絹)

帯電しにくい素材

  • 木綿
  • レーヨンなど

冬の最強防寒、ニットとフリースの組み合わせは?

寒い冬の、最高に温かい来合わせといえば、ニットとフリースですよね。

でも、ウール素材のニットの場合、フリースはポリエステル素材なので、この組み合わせでは、かなり大きな静電気が発生しやすいのです。

フリースを着る場合は、アクリル素材のニットを組み合わせた方が静電気は起こりにくくなります。

また、ウール素材のニットを着る時は、木綿やレーヨン素材のインナーやシャツを合わせれば、静電気は起こりにくくなりますね。

このように、服の組み合わせを電気の性質によって考えることができたら、不快な思いは少なくなっていきますよ!

マフラーを巻くのも注意が必要?

マフラーや帽子など小物アイテムの素材も、アクリルやウール、カシミヤなどいろいろありますよね。

フリースには、アクリル素材の小物を合わせてくださいね。

ダウンジャケットも人気のアウターですが、素材はナイロンです。ウールやカシミヤ素材の小物を合わせると、静電気が起こりにくいです。

今すぐできる静電気の防止策!

マフラーやコートを脱ぐ時や、ドアノブに触る時など、静電気が起こるかも、と思った時は、革製の財布やベルト、コンクリートの壁や扉の木材などに触れてみると、静電気をあまり感じなくてオススメです。

これは、自然の「放電」効果。

アース、って聞いたことがあると思うのですが、それと一緒です。

市販の静電気防止グッズがやることも、基本はこれと一緒なんですね。

電気の流れを一瞬変えて、身体に流れてこなくなるようにする、ということです。

もちろん、そこに「除電」マークなどがあったら、迷わずタッチですね。

一番カンタンにできることなので、ぜひお試しを~!

まとめ

静電気が起きる原因が分かると、対策の理解も深まりますね。

しかし、衣類の組み合わせは、まったく予想してませんでした。

素材のプラス、マイナスを覚えておくと、役に立ちますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク