• このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスツリーがもみの木なのはなぜ?飾りの意味や星の由来は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月になると、いよいよクリスマスの時期に入ったなーと思いますね。

私の家ではクリスマスの時期が近づくと、家の中にクリスマスツリーを準備していました。

もうすぐ子供が生まれるのですが、もし「なんでクリスマスツリーって、もみの木なの?」などを質問されたとき、おそらく答えることができないなと思いました。

私のように、飾りの意味や、てっぺんにつける星の由来についても知らない人が多いかもしれません。

そこで今回は、クリスマスツリーになぜもみの木が使われているのかについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クリスマスツリーでもみの木を使用している意味とは?

クリスマスツリーで使っているもみの木、使用している理由には様々な諸説があります。

ここでは、ちまたで言われている、諸説から、いくつかをご紹介いたしましょう。

真冬でも枯れない木だから

もみの木は、常緑樹の仲間にあたり、冬でも枯れない木になります。

枯れない木とされていますので、それだけ生命力が満ち溢れているという意味も含まれているようです。

アダムとイブを知っていますか?

アダムとイブは,禁断の果実を食べてしまうことで恥ずかしさを感じるようになり、局部を隠すようになりました。

キリスト教の話をする時に必ず登場するのがアダムとイブの話です。

なぜここでキリスト教の話がでてくるの?と思う人がいるかもしれませんのでご説明しますね。

クリスマスは元々ベツレヘムで生まれ育ったキリストの生誕を祝うための行事となっています。

そのため、キリストに関連するアダムとイブの話がでてくるんですね。

クリスマスツリーに飾られているボールは、このアダムとイブが食べたりんごがモチーフとなっているのです。

りんごの木をクリスマスツリーに使おうとすると、冬の時期には枯れてしまいます。

そのため,冬でも枯れない、もみの木を使うようになったと言われています。

もみの木の葉っぱが十字架にそっくりだから

キリストは,ユダヤ教の体制に対して批判をしてしまいます。

ユダヤ人はこれに対して怒り、反逆者としてキリストをローマ帝国へおくりだします。

そのあと、十字架にはりつけにさせられ、処刑されてしまいます。

もみの木の葉っぱは、その十字架にそっくりであるために、もみの木が使用されるようになったと言われるようになりました。

もみの木が使われるようになったのが、枯れないからという理由だけなら、ほかの木でもよかったのではないかと思いますが、この説も考えられるのであれば、もみの木を使う理由もわかりますね。

ただ、これは説ですので確実ではありません。

クリスマスツリーに飾りをつけるようになった理由とは?

クリスマスツリーには、星やボールを飾りますね。

これには1つ1つ意味があります。

星は、クリスマスツリーの一番上に飾ります。

キリストが生まれたのと同時に、東の空には「ベツレヘム」という星ができました。

先ほども説明したように、キリストはベツレヘムという地域で生まれていますので、ベツレヘムという星がその地へ導いたと言われているようです。

そのため、この星は、ベツレヘムを意味しています。

ボール

先ほども説明したように、アダムとイブに登場する禁断の果実を表しているのがこのボールになります。

りんごの意味をあらわしているんですね。

クリスマスリース

これはツリーとは関係がありませんが、クリスマス時期には、ドアにクリスマスリースを飾る家庭も多いようです。

リースって、円の形をしていますよね。

円は、終わりがありません。ですから、永遠の意味があるんです。

もみの木を円形にして、クリスマスリースとして飾ることによって、力強い生命力が永遠に続きますようにという意味にもなるようですよ。

ジョシュア・ノートン

このように、1つ1つの飾りつけには意味が込められているのです。

ちなみに、クリスマスに飾りを付けるようになったきっかけとなる人物は、「ジョシュア・ノートン」という、19世紀のアメリカの皇帝です。

ノートンは、「クリスマスには街路樹を飾り付けるべし」と言い,サンフランシスコの市民はこれを受け入れ、大喜びしたそうです。

ノートンは、とても偉大な人で、警察に浮浪罪の疑いで捕まってしまったとき、サンフランシスコの市民からの抗議があったくらいです。

元々事業家で、失敗したことを機に「アメリカの皇帝になる」と言い出して,皇帝になりました。

私には、あまりノートンの偉大さを理解することができませんでした・・・。(笑)

しかし、ノートンのおかげでクリスマスには飾り付けをするようになりました。

まとめ

クリスマスツリーにもみの木を使う理由は諸説あります。

・枯れない木だから

・もみの木が十字架にそっくりだから

クリスマスツリーに飾り付けをするものには1つ1つ意味があります。

また、その飾り付けをするようになったきっかけは、アメリカの皇帝であった「ノートン」によります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク