• このエントリーをはてなブックマークに追加

暑中見舞いはいつ出すもの?暑中見舞い、残暑見舞いを送る時期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の暑い時期に、お世話になっている方や、親戚、友人らの安否の確認や、近況報告となるのが「暑中見舞い」です。

最近では暑中見舞いを送ることが少なくなってきており、いつごろに暑中見舞いを送るのかがわからない人が多いと思います。

暑中見舞いはいつ出すもの? 暑中見舞い、残暑見舞いを送る時期って、感覚的に暑ければいいの? それとも、何か決まりがあるの?

そう疑問に思っている方も多いですよね。

そこで今回は、暑中見舞い&残暑見舞いの出す時期について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

暑中見舞い、残暑見舞いはいつからいつまでにだすの?

暑中見舞いを送る時期を梅雨明けからお盆に入る前と覚えている方がいると思いますが、正確にはいつからいつまでなのかはっきりしないと思います。

そんなの決まりはなくて、暑ければ暑中で、秋からが残暑なんじゃない?って、思い込んでいたりする人もいませんか?

いえいえ、実は、ちゃんとこういうことには決まりがあるんです。

2017年度を例にご紹介します。

2017年の場合は、

7月19日~8月6日の期間に暑中見舞いを送ります。

そして、8月7日~8月31日の期間に残暑見舞いを送ります。

このように、暑中見舞いや残暑見舞いを送る時期というのは、毎年異なっています。

それでは来年はいつになるのかわからないじゃない!と思う方がいらっしゃると思いますので詳しくご紹介したいと思います。

「暑中」見舞いを送る時期は、二十四節気の小暑のあとから、二十四節気の立秋までとなっています。
そして、残暑見舞いを送る時期は、二十四節気の立秋のあとから、8月いっぱいまでとなっています。

さて、「二十四節気」とは何かわからないという人のために説明しますね。

二十四節気とは、日本が以前、太陰暦を使用していた時代に、季節をあらわすために1年を24つにわけた表し方のことをいいます。

太陰暦を昔から使っていたのに現在は太陽暦を使うようになった理由としては、太陰暦は、毎年11日ずつ季節がずれてしまうからです。

そうなると、日付と季節が異なってしまいますので、太陽暦を使うようになりました。

このように、太陰暦を使っていると毎年微妙に日付が異なってしまいますので、暑中見舞いや残暑見舞いを送る正確な時期を知りたい場合は「太陽暦カレンダー」を利用するとよいでしょう。

暑中見舞いで送るべきか、残暑見舞いで送るべきか

さて、暑中見舞いがきた時期が8月の初旬だと、暑中見舞いで送るべきなのか、残暑見舞いで送るべきなのかわからないことがあると思います。

2017年の場合を考えましょう。

2017年の8月6日以前であれば、「暑中見舞い」で返すのがよいでしょう。

しかし、8月6日以降に相手に返信が届く場合は、「残暑見舞い」で返しましょう。

一応、正確な時期というのは決まっていますが、地域によっても、その年によっても、実は暑さの状況はまちまちですよね。

相手の住んでいる地域の最も暑い時期に暑中見舞いを送り、夏が終わり始めているかなあという時期に残暑見舞いを送るのもよいとされていますので、そこまで気にされなくてもよいかと思います。

また、最近は9月に入っても、猛暑の勢いが続くこともありますよね。

少し時期から遅れたからといって、残暑見舞いを出してはいけない、というのも変な話です。

要は相手を思う気持ちをしたためて、届けることが「お見舞い」の意味。

あまり深く考えすぎなくても大丈夫なのです。

暑中&残暑見舞い 返信のルール

ちなみに暑中見舞いや残暑見舞いを受け取った場合、最低でも3日以内には返信をすることがマナーとされています。

そのため、暑中見舞いや残暑見舞いを受け取ったらすぐに返信を送るようにしましょう。

余談ですが、暑中見舞いや残暑見舞いのはがきには、おなじみの「かもめーる」を利用すると喜ばれるかもしれません。

かもめーるの最大の特徴は、「くじつき」ということです。

かもめーるは6月から発売開始とされていますので、暑中見舞いを送る場合でも利用されることが多いです。

ちなみに、かもめーるのくじびきの時期は、9月5日です。

9月5日をすぎてからかもめーるで残暑見舞いを送るのはよくありません。

くじがはずれたものを送るのは相手に対して失礼にあたりますからね(笑)。

そもそも、残暑見舞いは8月31日までには送るもの。だから、くじ引きも9月5日なんですよね。

暑中見舞いはLINEやメールではなく、はがきで送りましょう

最近では、暑中見舞いや残暑見舞いをLINEやメールなどで簡単にすませてしまう人が多いです。

しかし、はがきで送ることで「あなたのことを大切に思っています」という気持ちが伝わりやすくなります。

ちょっとした手間が、相手にとっては好印象を与えられると思います。

とくに、お世話になった人にははがきで送るようにしましょう。

大雨や台風などで甚大な被害があったりする年もありますよね。

そのため、安否を確認するためにも暑中見舞いや残暑見舞いをはがきでおくるとよいでしょう。

まとめ

暑中見舞いを送る時期は、二十四節気の小暑のあとから二十四節気の立秋までとなっています。

そして、残暑見舞いを送る時期は、二重四節気の立秋のあとから8月いっぱいまでとなっています。

暑中見舞いと残暑見舞いのどちらで送るべきか迷った場合は、二十四節気の立秋前か後かで考えるとよいでしょう。

立秋は、暦の上だけでの「秋」の始まりで、実際には8月6日頃。

現代の暦では、まさに暑さ真っ盛り。涼し気なデザインのお便りを送るのも、風流ですね~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク