• このエントリーをはてなブックマークに追加

アボカドの食べ過ぎは逆効果!? 高カロリーやアレルギーに要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アボカドは、森のバターと言われるほど栄養価の高い食べ物ではありますが、食べ過ぎは逆効果とも言われているようです。

アボカドは高カロリーのため、食べ過ぎると太ったり、アレルギー症状がでる可能性があるってことみたいなんです。

今回は、そんなアボカドのカロリーやアレルギーに関してご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アボカドの栄養価ってそんなに高いの?

アボカドの栄養価は高いとご紹介しましたが、どのような栄養価が多く含まれているのでしょうか。

  • カリウム
  • 食物線維
  • ビタミンE、ビタミンB6
  • 不飽和脂肪酸

これらの栄養素は、下記のような効果につながると言われているんですよ~。

むくみの改善につながる

カリウムは、体内の水分を排出する働きがあります。

そのため、体内に溜まった水分を排出し、むくみを改善に役立つと言われています。

腸内環境を整え、便秘の軽減に役立つ

食物線維は、腸内環境を整える働きがあります。

そのため、便秘に悩んでいる人は食物線維を多く取ることで改善につながると言われています。

憧れる肌へと導く

肌あれやニキビなどに悩んでいる人は、腸の働きを整えるとともに、ビタミンを多く摂取したほうがよいと言われています。

そのため、食物線維とビタミンを摂取できるアボカドを食べることで、誰もが憧れる肌に近づくことができるというわけです。

生活習慣病の予防につながる

現代人が悩ませる生活習慣病の予防につながる栄養素が不飽和脂肪酸です。

脂肪酸と聞くと、体に悪影響というイメージがある人が多いかもしれませんが、適度に摂取することで、悪玉コレステロールを低下させる効果を発揮すると言われているのです。

このように、アボカドには様々な効果の発揮につながる栄養素を多く含んでいる食べ物と言えるのです。

アボカドはやっぱり高カロリー?

アボカドはカロリーが高いと言われていますが、実際どのくらいのカロリーがあるのでしょうか?

アボカド1個あたり、374キロカロリーです。

(小さいアボカドの場合は、223キロカロリーです。)

思った以上に高いですよね。

その理由は、アボカドの20%以上が不飽和脂肪酸によって作られているからです。

脂肪分が多い分、カロリーが高いというわけですね。

「栄養価が高いから、毎日食べたい!」

という人は毎日1/2個までに抑えたほうがよいと思います。

カロリーの高いものを夕食に食べると、体に蓄積しやすくなりますよね。

そのため、私は朝食のサラダに1/2個のアボカドを輪切りにしていれています。

朝食にカロリーが高く、栄養価の高い食べ物を食べたほうがエネルギーを消費しやすく、さらに栄養素をしっかりと取り入れることができますのでおすすめです。

とくに、ダイエット中の人は1日1/2個摂取して、体の内側から綺麗になっていただきたいなと思います。

アボカドを食べて、アレルギー症状がでることがある!?

卵やそば、小麦などでアレルギー症状がでるという人は聞いたことがあるかもしれません。

しかし、アボカドも人によってはアレルギー症状のでる食べ物なんです。

そのため、子供に初めてアボカドを食べさせるときは、少量ずつ与えたほうがよいでしょう。

アボカドを食べることによって起きる症状を以下にまとめます。

・喉が腫れる

・口が腫れる、痒くなる

・吐き気がする

・腹痛

ちなみに私は20歳になってからアボカドのアレルギー症状がでるようになりました。

そのため、子供だけではなく、大人でも急にアボカドアレルギーと診断されることがありますので、注意が必要です。

私の場合は口がたらこ唇のように腫れて、痒くなりました。

喉が腫れてしまったりすると、最悪の場合呼吸困難となってしまいます。

とくに、子供の場合は気管が狭いですので、呼吸困難になりやすくなりますので十分に注意したほうがよいでしょう。

もし、アボカドによってアレルギー症状がでた場合は、バナナ、キウイなどでもアレルギー症状がでる可能性がありますので、食べるときには気をつけたほうがよいと言われています。

まとめ

アボカドを食べることによって、

・むくみの改善につながる

・便秘の改善に役立つ

・憧れる肌へとつながる

・生活習慣病に役立つ

ことが言われています。

アボカドは1個あたり374キロカロリーと高カロリーですので、1日1/2個までにしたほうがよいでしょう。

アボカドを食べることでアレルギー症状がでることがあります。

もしアボカドでアレルギーがでるのであれば、キウイやバナナなどでも症状がでる可能性がありますので十分に注意して摂取しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク