• このエントリーをはてなブックマークに追加

フットネイルの持ちや付替え時期の目安はいつ? 爪切りで切ってもOK?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏にサンダルを履いたら、ペディキュア(フットネイル)のおしゃれを楽しみたいですよね。

最近のフットジェルネイルだと従来のフットネイルに比べ、綺麗なまま長持ちするし、デザインもシンプルからゴージャスまで様々、どんな風にしようか考えるだけでワクワクしちゃいます。

けれどフットネイルの持ちや付替え時期の目安はいつか、爪切りで切ってもOKか、とか、ご存知ですか?

今回は足元のおしゃれする前に、フットジェルネイルの知っておくべき4つのことをご紹介します。

スポンサーリンク

フットネイルの持ち。短い人には原因がある!

従来のポリッシュを使ったフットネイルだと、1週間もしないうちにツヤがなくなり色が剥げてきましたが、フットジェルネイルは1か月から長いと半年以上は持ちます。

でも、1か月も持たないという方が中にはいらっしゃるようで、その原因はいくつかあります。

原因①:サイズの小さい靴を履いている

自分の足のサイズに合っていない小さい靴を履いていると、靴が爪にあたってしまいジェルネイルが剥がれる原因となってしまいます。

靴を履くよりもオープントゥのサンダルを履く方が、よりジェルネイルが長持ちしますよ。

かわいいフットジェルネイルを付けたら、オープントゥのサンダルで皆に見せちゃいましょう!

原因②:お風呂に入る時間が長い

長い時間お風呂に浸かっていると、皮膚と同じように爪もふやけてしまいます。

でもジェルネイルは固まったら伸縮しないので、爪との間に空気が入ってしまいます。

毎日の長風呂は、ジェルネイルが剝がれやすくしてしまうので、気を付けて下さいね。

原因③:自分の爪が柔らかい

自身の爪の強度も、ジェルネイルの持ちに関係します。

土台となる元々の爪が柔らかいと、ジェルネイルをしたとしても衝撃には弱く、剥がれる原因となるんですね。

原因④:ジェルネイルのつけ方

ジェルネイルを付けるとき、爪との間に細かいゴミが入っていたり爪の甘皮をきちんと処理していないと、ジェルネイルが浮いたまま固まってしまい剥がれる原因となります。

プロの方に付けてもらう時は問題ないと思いますが、自分で付けるときは気を付けたいポイントですね。

フットネイル付替え時期の目安と理由

フットジェルネイルは長い時は半年持つこともありますが、付け替え時期の目安は1か月から遅くても2か月です。

2か月経っても綺麗なままなのに、どうして付け替えなきゃいけないのと思うかもしれませんが、それには理由があるんです。

付替え理由①:自分の爪に悪影響

ジェルネイルを付けたまま放置しておくと、自分本来の爪の状態が全く見えません。

例えばジェルネイルの下で自分の爪が折れていたとしても、気づかない方が多いようです。

爪を折れたまま放置しておくと、爪の形が変形してしまう可能性があります。

付替え理由②:グリーンネイル

ジェルネイルは付けてから3週間程度経つと、殆ど気づかない程度ですが自分の爪から浮き上がってきます。

そのジェルネイルと爪の隙間は菌が繁殖しやすく、グリーンネイル(爪のカビ)というその名の通り爪の色が緑に見える感染症にかかる場合があります。

一度グリーンネイルになると、完治するまでジェルネイルは付けられず、完治までに1年程度かかる場合もあるようです。

グリーンネイル予防のためにも、正しい周期でジェルネイルを付け替えたいですね。

フットネイルは爪切りで切ってもいいの?

素敵なフットジェルネイルをしていても、爪が伸びてきたら見た目やデザイン的にも良くないし、ケガにつながる恐れもあるので切りたいですよね。

しかし爪切りで切ることは、ジェルネイルが爪から浮いてしまう原因を作り剥がれやすくなってしまうので、おすすめできません。

ジェルネイルと爪は密着しているため、爪切りで切るのは硬すぎて切れ味がとても悪くなります。

そうすると切った爪の端は傷ついてしまい、二枚爪のような爪のトラブルの原因となってしまいます。

爪を切るときは、ジェルネイルを取ってから切った方がいいですね。

爪が伸びて切りたくなるということは、ジェルネイルの付け替えの1つの目安と言っていいかもしれません。

ジェイルネイルを外した後の処理

ジェルネイルを外したら、自分の爪がボロボロなのは美しくないですよね。

ジェルネイルを外すことは、爪が薄くなるなど少なからず爪に負担をかけているので、アフターケアをしっかりしてあげて下さい。

ジェルネイルを取った後の爪はとても乾燥しているので、ネイルオイルで保湿したり、ベースコートや爪の強化剤をつかって爪を保護したりして、爪の健康に気を付けましょう。

爪のトラブルを防ぎながら健康を保ちつつ、フットジェルネイルのおしゃれを楽しみたいですね。

まとめ

フットジェルネイルが持つ期間は、1か月から長い方では半年持つ方がいます。

しかし長く持つからといって、ジェルネイルを付けたまま放置するのは禁物です。

その理由は爪の健康を損なうことや、グリーンネイルのような感染症にかかる原因となる場合があるからです。

ジェルネイルは、1か月から遅くとも2か月までには付け替えて下さいね。

また、ジェルネイルを付けたままの爪切りは爪を痛める原因にもなるので、爪を切るときはジェルネイルを外してからして下さい。

爪のアフターケアをし健康を守りながら、フットジェルネイルを楽しみましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク