• このエントリーをはてなブックマークに追加

革靴の汚れの落とし方。手入れ法とクリームの手軽な代用品とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい最近、夫が仕事で使っている革靴を洗ってあげようと思ったのですが、実際にどうやって洗うのかがよくわかりませんでした。

もし傷をつけてしまったりすると、夫に怒られそう・・・

革靴って普段使っているスニーカーなどに比べると、汚れの落とし方やお手入れ方法が難しそうだと思いませんか?

しかし、実際はそんなことないんですよ。

そして、身近なものを使うことで、革靴用のクリームを買うことなくお手入れをすることができるのです。

そこで今回は、基本的な革靴の汚れの落とし方についてと、手軽な代用品についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

革靴の汚れの落とし方の基本

これを用意しておけば、基本的には汚れを落とすことができます。

準備するもの

・シューキーパ(靴の型崩れを防ぐために使用します。できればあったほうがよいでしょう。)

・ブラシ

・革用クリーム

・タオルorキッチンペーパー

汚れの落とし方の手順

1.靴紐をほどく

2.ブラシを使ってブラッシングをする

最初にブラッシングをしておき、靴についているゴミやホコリをとる必要があります。汚れがとれていないかなと思う場合は、少量の水を含んだキッチンペーパーで拭き取ってもよいでしょう。

このとき、ブラシでもキッチンペーパーでも言えることですが、ゴシゴシとしないようにしましょう。

革靴が傷つく可能性があります。

3.革靴についている古いワックスを落とす

革靴にはワックスが塗ってありますが、古いワックスの上からさらにワックスをしても、汚れを綺麗に落とすことはできません。

そのため、まずは古いワックスを落とす必要があります。

そこで使うのがクリーナーです。

クリーナーを使っていくと、ワックスの効果である光沢が徐々に薄くなっていきますので、薄くなったなと思ったら落ちている証拠になります。

4.革靴用クリームを塗る

革靴用のクリームの1回に使う使用量は、米粒2~3粒程度です。

これ以上の量を使ってしまうと、ベタベタとしてしまいますので多すぎないように注意しましょう。

まんべんなく塗ることがポイントです。

5.革用クリームを塗った後、ブラッシングをする

6.クロスを使って光沢をだす

革靴のしつこい汚れには、これ!

もしこの時点で汚れが落ちていない場合は、水洗いをしましょう。

でも、実は革靴にとって天敵なのは、水洗いなんです!

革靴に水を濡らした状態が続いてしまうと、皮革が劣化してしまうからです。

そのため、次のような手順で、十分に気をつけて水洗いをしましょう。

1.濡らしたキッチンペーパーで全体を濡らす

全体的に濡れているかなと思う程度にしましょう。)

2.洗剤(重曹がおすすめ)を使って洗う

3.泡をタオルかキッチンペーパーで拭き取る

4.しっかりと乾かす

ここがポイントです。

しっかりと乾かさないと、革が劣化してしまう可能性が高くなります。

直射日光ではなく、なるべく日陰に2~3日干すようにしましょう。

革靴のお手入れ便利グッズをご紹介!

本格的な革靴お手入れグッズがなくても、いろいろ代用品もでています。

また、短時間で同じだけの効果が得られる、本当に便利なグッズもいっぱい。

日本はとくに雨が多いので、水対策も十分にしたいですね!

ラナパー

ドイツの革靴お手入れ専門のクリームで、付属でスポンジとブラシがついています。

スポンジに少量のクリームをつけて、全体にのばしていくことによって、汚れが落ちるだけではなく、光沢をうみ、そしてカビが生えにくくなるという効果まであります。

革靴で仕事をしている人なら、雨の日にかなり水に濡れてしまうと思います。

そうすると、どんなに手入れをしていても、乾くのに時間がかかってしまい、臭いがついたりカビが生えたりします。

そのため、この商品を使用して、カビが生えにくい効果も実感してほしいと思います。

お求めはこちら

サラダ油

身近なもので、クリームの代用となるものは、サラダ油です。

油でもクリームの代用になるの!? と思いますが、意外とクリームとほとんど変わらないくらいの効果を発揮してくれます。

むしろ、安いクリームを使用するよりも、サラダ油を使ったほうが、光沢がでやすくなりますよ。

注意点としては、サラダ油をつけすぎないということです。

サラダ油をつけすぎてしまうと、ベトベトになってしまいます。

つけすぎたなと思ったら、タオルやキッチンペーパーでしっかりと拭き取りましょう。

まとめ

革靴の基本的な汚れの落とし方がわかっていただけたでしょうか?

水洗いをするという場合は、しっかりと最後に乾燥させることが大切になってきます。

革用クリームの代用品となるのは、「サラダ油」です。

サラダ油を使用するときの注意点としては、つけすぎないということです。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク