• このエントリーをはてなブックマークに追加

かかとの痛みに効果的なインソールは?中敷きは逆効果って本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かかとが痛いときってどんな処置をしていますか?

とにかくクッションのある中敷きを入れてみたり、湿布などでごまかしていませんか?

私は立ち仕事をしていたときに土踏まずとかかとが痛くなり、応急処置として土踏まずの間にティッシュを挟んで痛みをしのいだことがありました(泣)。

それから中敷き/インソールのことをめちゃくちゃ調べて、かなり詳しくなりましたよ!

中敷きならどんなものでも足は楽になるだろうと思っていたら大間違いでした。

私のようなかかとの痛みに効果的なインソール、ちゃんとあるんです!

中敷きは逆効果と言われる理由もわかりましたよ。

スポンサーリンク

かかとが痛い原因とは?

かかとが痛い原因には、普段の生活スタイルや仕事環境、トレーニングの行い方など様々な要因があります。

姿勢・歩き方・走り方

正しいフォームで走るようにとよくスポーツ指導者は言いますよね。

私は疲れにくくするため、速く走るためなのかなと考えていましたが、足の裏の疲弊具合まで考えて言われているとは思いませんでした。

正しく足を真っ直ぐ蹴り出すことで、かかとの負担が変わるんですね。

いわゆるX脚で走ることを「回内」、O脚で走ることを「回外」と言いますが、この状態で走るとシンスプリントというスネ周りの骨膜炎を起こす可能性が出てきます。この骨膜炎の一因になるのが、スネの筋肉とつながっている足底筋膜の炎症です。

また、普段の姿勢も正しく真っ直ぐ立っていないと、スネや腰、頭部の骨まで負担がかかり支障が出てきます。

立ち方・長時間の立ち仕事 

片足に重心を置く立ち方や、長時間の立ち仕事はかかとが痛い原因に多く挙げられます。慢性化すると骨盤の歪みも発生し、血流の悪化も招きます。立ち仕事の人に多いのがかかとの前部分が痛む足底筋膜炎です。

使いすぎによる疲労骨折

ハードすぎるトレーニングメニューやスポーツを行うと、かかとに限らずかかとや足指の疲労骨折などが、かかとが痛い原因になることもあります。

靴が合っていない

サイズや骨格に合っていない靴はかかとのみならず、いろんな体のトラブルを引き起こします。靴が大きいと足裏が安定せず腰や背中まで痛むようになります。

靴が合わずパンプスでかかとがパカパカと浮いてしまうと、かかとの皮膚の硬化まで起こしてしまいます。

人間の持っている骨の4分の1が足先にあります。

それだけ足は複雑に動かなくてはいけないし、負担が大きいものなんですね。

かかとの痛みに効果的なインソールは?

かかとの痛みに効果的なインソールを探している方に、買う時の注意や、気をつけるべき点などを簡単にまとめました。

販売店の選び方

販売店がインソールに力を入れている、またはインソールの知識がある販売店を選びましょう。「実際装着して履いてみてください。」と言ってくれるところがいいですね。

立ち仕事の場合は?

立ち仕事の人は土踏まずに厚みのあるインソールがおすすめです。

立ち仕事は土踏まずにある骨に体重が真上からかかるので、下から反発できるクッション性の高いインソールのほうが適しています。

動き回る人の場合は?

土踏まずが浮いた形のインソールがおすすめです。

歩くときに土踏まずに厚みのあるインソールを付けてしまうと、今度は反発が強くなりすぎてしまい腰や足にかえって負担がかかり出します。

かかとが痛い原因の解消にインソールをただ入れるだけではなく、さらに自分でカスタムするなんて目からうろこでした。こちらの動画でご紹介しています。

中敷き・インソールは逆効果なの?

よくインソールや中敷きを使うのは、かえって逆効果だっていう人もいるんですよね。

それって、いったい何でなんでしょう?

意味がまったくわからなかったのですが、いろいろ調べている内に、見えてきましたよ!

インソールの良い点、マイナス点をいくつか見てみましょう。

インソールの良い点

・姿勢や体の重心を正せる

・足裏やかかとの痛みを軽減させる

・スポーツでのパフォーマンスの向上

インソールの悪い点

・適当に選び、間違ったインソールを使用すると体全体の悪化を招く

・体の変化と共に修正が必要

安易にインソールを選ぶと、かかと以外の不調が発症してしまうことや、年齢の経過、仕事の変化などで修正をしなければいけないという点があげられます。

良い点と悪い点をしっかり認識した上でのインソール選びが必要ですね。

要は、インソールや中敷きそのものが悪いのではなく、間違った選び方や使い方をしていたら、毎日のことだし、足って、体全体のバランスを左右するものだから、かえって危険だし、かかとの痛みにとっても逆効果になる、ってことだったんですね!

かかとの痛みにおすすめのインソール

では、かかとの痛みに効果的なインソール、中敷きについて、ご紹介しましょう~。

BMZ

まさに足底筋膜炎で重要な、かかとの前部分に着目しているインソールを取り扱っています。女性用、男性ビジネスマン用、アスリート用とわかりやすく紹介しています。

インソールで足から健康な体を作るBMZ「BMZオフィシャルサイト」
BMZ インソール公式サイト。履くだけで足の骨格バランスを整え、理想的な『姿勢』と軽快な『動き』を生み出し、無意識のうちに健康な体へと導く高機能インソール。世界で初めて立方骨(cuboid)をサポートしたインソール。

SOFSOLE

アーチの形状にこだわりがあり、種類の多さにびっくりします。

私はこの会社のインソールを数個持っていて、かかとが痛いことや足腰の疲れることなどの足の悩みがすっかり無くなりました。仕事用とプライベート用と分けて使ったり、カッティングしてみたりと自分でカスタマイズしていますよ。

Sof Sole(ソフソール)|IMPLUS〈インプラス〉

整形外科のカスタムインソール

痛みの度合いがひどい場合や、自分でインソールを工夫しても痛みが引かず慢性化してしまった場合は整形外科でインソールを作ることを考えましょう。

整形外科では足の型を取って足底挿板という中敷きを作成してくれます。

かかとの痛みがある部分に穴が開いていて痛みの解消に有効です。

付け始めて2週間から2ヶ月ほどで痛みが解消されていきます。

まとめ

かかとの痛みに効果的なインソールは、痛みの軽減だけを考えるのではなく、生活スタイルと自分の体の負担に合った物を選ぶことから始まります。

インソールは、自分の靴をオーダーメイドに近づけるための賢い手段です。

かかとが痛いという思いを我慢せず、色々試して積極的に活用してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク