• このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルの意味|名前や歌詞、車にも。昴の語源はプレアデス星団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昴(スバル)と聞いて、一番初めに思い浮かべるのは何でしょうか?

人名にも使われているので、その人の顔を思い浮かべる人もいるでしょう。

歌や漫画のタイトルに良く使われているので、それを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

車の名前にも使われていますよね。

本来スバルは星の名前ですが、色々な所で使われているんですね。

でも、皆さんはスバルってどんな星なのかまた、その意味や語源などをご存知でしょうか。

とても興味深いので、ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

スバルとは何?

スバルは秋から春の3シーズン通して見られる星で、1つの星の名前ではありません。

別名「プレアデス星団」とよばれ、おうし座の牡牛の首辺りで青白く光る星の集まりです。

JAXA宇宙情報センターによると、青白い星は高温で燃えていて燃料を多量に使うことから寿命が短いとされ、約6000万年前に生まれた若い星ですが、約1000万年後には爆発により消滅してしまう可能性があるそうです。

私たちには想像出来ないほど長い寿命ですが、星にしては短いんですね。

スバルという言葉の意味、由来

日本では古来よりプレアデス星団をスバルと呼んでいました。

統べる(すべる)の自動詞が統ばる(すばる)で、「1つに集まっている」「統一されている」という意味があります。

統ばるが「たくさんのものが1つに集まっている」という意味の由来は、日本最古の和歌集「万葉集」の中に玉の飾りを紐でひとくくりしたものを「須売流玉」(すまるのたま)と呼んでいることから来ているそうです。

平安時代に清少納言によって書かれた随筆「枕草子」は、それぞれの四季の中で美しいと感じる事や物などが書かれています。

その中に「星はすばる・・・」とあり、星といえばスバルであると清少納言もその美しさを讃えています。

スバルの美しさは、昔から人気があったんですね。

「昴」という漢字の由来

スバルを漢字で書くと「昴」となります。

これは、中国の天文学や占星術で用いられた「二十八宿」(にじゅうはっしゅく)という28の星座の1つ昴宿(ぼうしゅく)から来ています。

中国ではプレアデス星団を「昴」と書いて(ぼう)と呼ぶそうで、この「昴」という漢字を和名のスバルにあてたようです。

日本でプレアデス星団が登場する最初の書物は、平安時代に作られた辞書「倭名類聚抄」 (わみょうるいじゅしょう)の中で、この時は「須波流」と記述されていました。

奈良時代に作られた風土記「丹後国風土記」の中には「昴星」という記述があるそうです。

奈良時代にはすでに「昴」の漢字が使われていたようですね。

プレアデス星団の名前はギリシャ神話から

プレアデス星団の名前はギリシャ神話に登場する7人姉妹の名前から来ています。

天を支える巨人のアトラスと海の精霊であるプレイオネの間に生まれた7人姉妹でプレアデスと呼ばれていて、月の女神アルテミスの侍女でした。

ある日美形でプレイボーイのオリオンは、森で踊っているプレアデス7人姉妹を見て好きになってしまい追っかけ始めました。

オリオンがあまりにしつこかったので、その気がなかった彼女たちは困ってしまい神々の王であるゼウスに姿を変えたいと頼みました。

その頼みを聞いて、ゼウスは彼女たちの姿を星に変えました。

その後オリオンも星の姿になって、今でもプレアデス7人姉妹を追っかけているそうですよ。

英語ではプレアデス星団を、セブンシスターズ(7人姉妹)と呼ぶこともあるそうです。

スバル「プレアデス星団」の見つけ方

広い空にたくさんの星が輝いている中からスバルを見つけるのは、難しそうですよね。

そういう時のスバルの見つけ方ご紹介します。

①冬の星座の代表オリオン座の真ん中の3つ星を見つけます。

②3つ星の延長上少し左に見える赤っぽい目立つ星アルデバランを見つけます。

③アルデバランからさらに延長上に見える雲のような塊がスバルです。

スバルは地球から約400光年離れていて、120個ほどの星が集まっています。

星が見える好条件が整っていれば視力がいい人だと肉眼で6~7つ程見えるらしく、昔はいくつ見えるかで視力検査に使われていたこともあるそうです。

また星が6つ見えることから、スバルを「六連星」(むつらぼし)と呼ぶ地方もあるようです。

スバルを見つけたら、星がいくつ見えるか試してみて下さいね!

参考動画:冬の星を見分ける

スバルと言えば…歌やマンガや車にも!

すばる、スバル、昴。

その名前はとても格好良い響きのせいか、その意味のせいなのか、あちらこちらで使われて、とてもおなじみですよね。

背景となる星雲の名前を知ってみると、さらにその名付けの理由もわかってきますし、興味深いことと思います。

漫画

カラオケの定番!

ハワイ島の天文台

まとめ

スバルはたくさんの星が集まっているプレアデス星団の事で、単体の星の名前ではありません。

肉眼でも目の良い人なら、6~7個の星を見つけられます。

スバルの見つけ方は、①オリオン座の真ん中の3つ星を探す、②その延長上にあるアルデバランを探す、③さらにその延長上にスバルがあります。

スバルの名前の由来は、1つに集まるという意味の「統ばる」から来ています。

ギリシャ神話を知ってから、実際の星の位置を見ると面白いですね。

歌や漫画、天文台、車にも使われているおなじみの名前。意味や由来を知ってみると、本当に興味深い!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク