• このエントリーをはてなブックマークに追加

白いパンプスの汚れを見事に落とすには?革や布、合皮素材別対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白いパンプスって様々な服に合わせやすくて、とても上品ですよね。

職場にもデートにも、何気ない日々使いにも最適、となると、どうしてもついてしまうのが汚れ。

しかも白いパンプスは汚れが目立ちやすいですから、しっかりと手入れをしていないといけないですよね。

足元から人柄がわかるとも言われますから、様々な種類のパンプスに対しての汚れの落とし方について、しっかりと理解して実践していきたいものですね。

今回は、白いパンプスの汚れの落とし方について、革、布、合皮素材(スエード)とわけてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

白い革製のパンプスの汚れの落とし方とは?

準備するもの

  • ブラシ
  • 靴用クリーナー
  • 防水スプレー

1、ブラシを使ってパンプスについているホコリを落とします。

この時大切なのは、パンプスが乾いている状態であるということです。

雨が降ったあとに、しっかりと乾かさずにそのまま放置していると、乾ききっていない場合があります。

そうすると、最初の段階でホコリを十分に落とすことができませんから、仕上がり段階で綺麗に汚れが落ちきっていないということになります。

2、ホコリを落としたあと、ブラッシングをして整えます。

3、靴用クリーナーで汚れを落とします。

使用する靴用クリーナーによっては、色落ちする可能性がありますので、目立たない場所で試してから使用したほうがよいと思います。

(靴の裏とかが一番目立たないのでオススメです。)

汚れを落とす際には、布を使って汚れを落としていきますが、布はいらなくなったTシャツを切ったものを使うとよいと思います。

また、力強くこすってしまうと傷つく可能性がありますので優しく汚れを落としましょう。

4、防水スプレーをふきかける

防水スプレーは、パンプスから20~30cmほど離して、1足あたり5秒程度ふきかけると効果があります。

写真商品 DOLCE LUCCI エナメル ハイヒール パンプス

白い布製のパンプスの汚れの落とし方とは?

準備するもの

  • ブラシ
  • 中性洗剤(重曹とクエン酸)
  • コットンor布

1、革製のパンプスと同様、パンプスのホコリをブラシで落とします。

2、中性洗剤を作ります。

普段使用している台所用の洗剤を使ってもかまいません。

私は、重曹とクエン酸を1:1の割合で水に溶かします。(重曹10g、クエン酸10g、水200mlを混ぜます。)

できれば37~40度くらいのぬるま湯のほうが汚れが落ちやすいですので、最初はぬるま湯を使用したほうがよいと思いますよ。

水に溶かした重曹とクエン酸を100均に売っているスプレータイプの容器に入れます。

これで中性洗剤のできあがりです。

この中性洗剤は、台所でも、掃除用でもどんなところにでも使えるので使い勝手がとてもよいのでおすすめですよ。

そして、重曹とクエン酸は、100均に売っているので長い目で見るととてもお得です。

3、コットンor布に2で作った中性洗剤をつけて、汚れている部分に叩くようにして汚れを落としていきます。

写真商品  パサージュ ミニョン passage mignon ヒールパンプス

白いスエードのパンプスの汚れの落とし方とは?

準備するもの

  • ブラシ
  • 防水スプレー
  • 消しゴム

1、最初に防水スプレーをかけます。

2、毛の流れに逆らってブラッシングをしたあと、毛の流れに沿ってブラッシングをします。

そうすることで、毛の流れがしっかりと整います。

3、消しゴムを使って汚れている部分をこすりとります。

この時大切なのは、使用している消しゴムを使う場合、黒くなって汚れている消しゴムの部分を使わないようにすることです。

黒くなっている部分で汚れを落とそうとしても、色が移ってしまい、逆に汚れがついてしまうからです。

そのため、未使用の消しゴムを使うことが一番オススメです。

どうしても未使用の消しゴムがない場合は、黒くなっている消しゴムの部分をしっかりとおとしてから使用するようにしましょう。

写真商品  [マリーファム] Marie Femme パンプス

どのパンプスの素材でも大切なこととは?

1、月に1回は手入れをする

できれば月に1回は手入れをするようにしましょう。

2、日陰に干す

もし直射日光に当ててしまうと、パンプスが日焼けをしてしまいますから傷みやすくなってしまいますので注意しましょう。

日陰に干す際には、つま先を上に立てかけるようにすると乾きやすいですよ。

まとめ

革製、布製、合皮素材のそれぞれのパンプスの汚れの落とし方をご紹介しました。

それぞれの素材によって汚れの落とし方は違いますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク