• このエントリーをはてなブックマークに追加

スキニージーンズで気になるお股の線!食い込みを消す履き方の工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脚が太い人にとって、スキニージーンズを履くことは勇気がいることだと思います。

スキニージーンズを履くことで、はっきりと脚の太さが現れるからです。

私もスキニージーンズに挑戦しようと思いましたが、歩こうとすると、股のところに食い込んでしまい、歩きにくく、脚の太さを強調していたので購入できませんでした。

もし、スキニージーンズを履くのであれば、そういった食い込みを防げるだけでも履こうという気持ちになりますよね。

そこで今回は、スキニージーンズを履いたときにできる食い込みを消す工夫の仕方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スキニージーンズで気になる食い込みを消す工夫とは?

スキニージーンズの特徴としては、脚をできるだけ細く見せる効果があるということです。

とくに、脚が細い人はスカートではわからなかった脚の細さをスキニージーンズによって周囲に見せることができます。

そのため、できるだけ脚にぴったりのものを選ぼうとしていませんか?

ぴったりしたもののほうが一番細く見えると思いますので、そういったものを選んでしまう傾向にあります。

しかし、ぴったりしたもののデメリットとしては、食い込みやすくなるということです。

歩くたびに食い込むのは嫌ですよね。

前から見たら、お股の線が…、そして後ろから見たらヒップに食い込んだり、下着の線が段になって見えていたり…

それでは、せっかくの脚長効果も「興ざめ」でしかありませんよね(涙)。

サイズが小さければ良いというものではないのです。

では以下に、選び方のヒントをお教えします!

必ず試着をしてから買おう!

スキニージーンズを試着せずに履く人がたまにいます。

店員さんに、「こちらはストレッチがきいているものですから、履きやすくなっています。」と言われて、そのまま購入してしまうということありませんか?

ストレッチがきいているといっても、もしかしたら自分が思っているよりもストレッチがきいていないことがあります。

そのため、1回は試着をすることをおすすめします。

そうすると、ストレッチがきいた状態でぴったりということもありえます。

ぴったりだと食い込みやすくなりますので、サイズを変更するとよいというわけです。

「洗濯後の若干の縮み」を計算に入れることも大切ですよ!

これ、皆、忘れがち。

もう縮まないように処理がされています、とか書いてあっても、綿という素材の性質上、多少はやっぱり縮みます。

ましてや乾燥機とか使っている場合は要注意。

試着した上で、少しだけ余裕があるのを選ぶのは、もう常識ですよね!

ストレッチ素材のものを選ぼう!

先ほども言ったように、店員さんから「ストレッチがきいている・・・」と言うものでもあまりきいていないものもあります。

しかし、まずはストレッチ素材のものがどの商品であるかを事前に店員さんに聞いていたほうが、選びやすくなります。

あとは、ニッセンなどの通販サイトでもストレッチ素材のものを特徴としているスキニージーンズが販売されています。

股の線を気にしている人のために、股の部分をとくにストレッチをきかせているものも販売されていました。

通販でスキニージーンズを購入することに抵抗があるかもしれません。

しかし、サイズが合わなければ返品交換をしていただけることもありますので確認をして購入してもよいと思います。

トップスを長めにして万が一に備えよう!

どうしても、ぴったりしたスキニージーンズじゃないと嫌、または周りから食い込みを見られるのが嫌だという人は、最終手段として、トップスを長めに着ることをおすすめします。

トップスが長めだと、股の部分を隠すことができます。

トップスを細く見せたいという人は、太めのベルトをお腹周りに巻くとよいでしょう。

下着もあまるタイトすぎると、かえって臀部に段差ができてしまいます。

下着なしで思い切るか、スパッツ型の下着ならば、臀部には段ができませんね。

そんな工夫もいろいろとしてみると良いと思いますよ!

食い込まず脚を細く見せるための選び方とは?

あんまり小さなサイズを選ぶと、食い込みが目立つのは避けがたいものがあります。

なので、ぴったりフィットしすぎないサイズを選びながら、でも、足が細く見えるにはどうしたらいいか。

それは、選び方の工夫次第でもあるんです!

足が細く見えるスキニージーンズ 3つの選び方のポイント

  1. 色は黒や紺色のほうがよい
  2. 柄は小柄でぼやけたものを選ぶとよい
  3. 丈の長さを長めにするとよい

この3つのポイントをしっかりと理解した上で購入するとよいでしょう。

柄が大柄ではっきりしたものを選んでしまうと、脚の太さを強調させてしまいます。

そのため、小柄でぼやけたもののほうがよいと言われています。

また、丈の長さが長いほうが足首の太さを気にさせないような効果があるようです。

逆に足首がとっても細くて自信があるという人は、足首を見せるために丈の長さが短いものを選んだり、曲げたりするとよいでしょう。

まとめ

食い込みを消す工夫の仕方を以下のようにまとめます。

・大きめのサイズを選ぶ

・試着をする

・ストレッチ素材のものを選ぶ

・トップスを長めにする

さらにスキニージーンズを選ぶときのポイントは

・色は黒や紺色のほうがよい

・柄は小柄でぼやけたものを選ぶとよい

・丈の長さを長めにするとよい

工夫点を活かしてスキニージーンズを無理なく履いていただきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク