• このエントリーをはてなブックマークに追加

喪中に年賀状をもらった時の返事と喪中はがきの大事なマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喪中の時は、年賀状が出せないので、早々に喪中はがきで、連絡をしますよね。

でも、うっかり出し忘れてしまった相手から、または行き違いなどで、年賀状が届いてしまった時は、どうすれば良いのでしょうか。

こんな時、どのようなメッセージで返信すれば良いのか、そもそも返事をだすものなのか、悩んでしまいますよね。

喪中の時に、受け取った年賀状の対応の仕方や、喪中はがきの大事なマナーなどを調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも喪中はがきとは、どんなもの?

喪中はがきとは、身内に不幸があった場合、年始のあいさつや年賀状を出せないことを、お知らせする挨拶状のことをいいます。

喪中の時は、喪に服しているので、慶事や年賀状を出すことを控えます。そのことを、毎年、年賀状をいただいている相手に、事前にお知らせするのが、喪中はがきです。

「年賀欠礼状」ともいうそうです。

喪中とする身内はどの範囲まで?

この喪中とする身内の範囲ですが、ここで悩む人が、けっこう多いそうですよ。

一般的に、喪中となる身内とは、本人からみて2親等以内ということのようです。

2親等以内とは具体的に説明しますと、

・0親等 配偶者

・1親等 両親、配偶者の両親、子ども

・2親等 祖父母、配偶者の祖父母、孫、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹

でも、3親等以上であっても、同居していたり、親しい付き合いがあった身内などの場合は、喪中にする人が多いそうです。

服喪の期間は決まっていないの?!

意外にも、服喪の期間は、明確には決まっていないそうなんです。多くの人が、これまでの慣習を目安にしているようですね。

一般的な喪中期間がこちらです。

・配偶者と両親 12カ月〜13カ月

・子ども、祖父母 3〜6カ月

・孫、兄弟姉妹 1〜3カ月

これは、あくまでも一般的な期間で、実際には、亡くなった方とのお付き合いの程度や、自分の気持ちを重視して決めることに、何の問題もないそうです。

最近では、別居している祖父母が亡くなった場合は、喪中としない人も増えているようです。同居しているか、していないかを重視する傾向があるようですね。

喪中はがきを送る時期はいつがいいの?

喪中はがきを出す時期は、年賀状を書く前のころの10月〜12月上旬に、相手に届くように投函するのが良いそうです。

もし、12月に不幸があった場合など、喪中はがきが出せなかった時には、松の内が明ける1月7日(関西では1月8日)ごろに、「寒中見舞い」として送りましょう。

いずれにせよ、喪中はがきを出すことが決まっているのであれば、早めに用意して出すのが無難ですね。

Q&A 喪中はがきを送る相手はどんな人たち?

毎年、年賀状をやり取りしている全員に送るのが一般的とされています。

ただ、亡くなったことを知らせて、余計な気遣いをさせたくない人や、仕事関係でのお付き合いだった人には、喪中はがきではなくて、年賀状を出すということもあるそうです。

会社名で出す年賀状は、社長が喪中でも、欠礼しないのが一般的な常識です。

以下、具体的に、こんな場合はどうするの?という参考例を見ていきましょう。

葬儀に参列していただいた方にも喪中はがきを出すの?

そもそも、喪中はがきは「年賀欠礼」の挨拶状なので、葬儀に来てくださった方にも、喪中はがきを出すのがマナーなのだそうですよ。

親戚にも喪中はがきを出す必要がある?

喪中はがきは、年賀状のやり取りをしている全員に出すのが基本的なマナーなので、親戚へ送るのは一般常識のようです。

でも、常に行き来しているなど、近しい親戚であれば、喪中はがきを省略することもあるそうです。

喪中はがきを出していない人から年賀状が届いたときは?

年賀状をいただいた方には、いくら喪中とはいえ、返事を出さないのはマナー違反ですよね。

その場合は、松の内が明ける1月7日(関西では1月8日)から、立春に入る2月4日までに、「寒中見舞い」として返信するといいようです。

その際、年賀状のお礼や、近況報告など、一筆添えることをおすすめします。

喪中はがきを出した相手から年賀状が届いたときは?

この場合は、すでに喪中はがきで連絡をしているので、特別、返信を出す必要はありません。

寒中見舞いの挨拶状を出さなくても、失礼にはならないそうです。

喪中はがきを出す予定の相手から、先に喪中はがきが届いた場合は?

喪中はがきは、身内に不幸があった場合に、年賀状を出せないことをお知らせする挨拶状なので、相手が喪中であったとしても、きちんと喪中はがきを出すのがマナーです。

まとめ

喪中はがきを出せなかった時は、寒中見舞いで、ごあいさつをすれば良いんですね。

いずれにせよ、挨拶状は早めに用意しておかなければいけないということですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク