• このエントリーをはてなブックマークに追加

主人在宅ストレス症候群チェック!離婚、別居? いるだけで嫌?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは主人在宅ストレス症候群という言葉を聞いたことがありますか?

主人在宅ストレス症候群というのは簡単にまとめると、夫が定年退職やリストラにより1日中家にいることで妻がストレスを感じ心身に異変が起きてしまう病気です。

最近では夫が定年退職後に離婚してしまう熟年離婚という言葉もよく聞きますよね。

夫からすれば何十年も一生懸命働いてやっとゆっくり老後を過ごせるという時に夫婦関係がうまくいかないとなるのはかなりショックですよね(笑)

しかし実際に主人在宅ストレス症候群の女性たちは夫が家にいるだけで体調を崩したりしてしまうので深刻な問題です。

今回はストレス度チェックやどのような人がなりやすいか、どうすればストレス軽減できるかを説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

   主人在宅ストレス症候群になりやすい人とは?

主人在宅ストレス症候群になりやすい人の特徴は趣味がない(少ない)人、周りに相談できる人がいない人、あまり強く言えない控えめな性格の人などがなりやすいと言われています。

ストレスを発散する場所がなかったりストレスをため込んでしまうような性格の人がなりやすいようですね。

夫の方に問題がある場合も多く、細かいことにいちいち口を出したり家事も手伝わずに1日中家でごろごろしたりするような人は相手に多くのストレスを与えてしまっています。

主人在宅ストレス度チェック

主人在宅ストレス症候群になると胃潰瘍や十二指腸潰瘍、頭痛や動悸などの症状が出る恐れがあるので甘く見ていいものではありません。

自分でチェックするには夫がいた時といなかった時に気持ちの変化などに気づくことが必要になってきます。

ほとんどの人は夫がいるだけでイライラした気持ちになるのでこのような症状が続いた場合は注意が必要です。

他にも出かけていた夫がそろそろ帰ってくると思うだけで憂鬱な気分になったり体調が悪くなったりする場合もあります。

長く続くようであれば主人在宅ストレス症候群を疑った方が良いでしょう。

主人在宅ストレス症候群にならないためには?

主人在宅ストレス症候群になってしまうと夫婦関係の悪化は免れません。

主人がいるだけでストレスになるので当然ですよね。

ではどのような対策をすれば熟年離婚を防ぎ、主人在宅ストレス症候群にならないようにできるのでしょうか?

1.夫婦間でコミュニケーションをとる

まずは普段から夫婦でコミュニケーションをとることが必要になってきます。

どんな話でもいいのでこまめにコミュニケーションをとるようにしましょう。

コミュニケーションがとれないと次第に夫婦の会話は減っていき静かな家庭になってしまいストレスをため込んでしまいます。

一緒にテレビを見て感想を言うのもありですし、何を食べるかなど何でもいいので会話を増やすようにしましょう!

2.趣味を作る

お互いに趣味がなくずっと家にいる場合はかなりのストレスになってしまいますよね。

なので趣味を作りストレス発散できる空間を作ることが必要になってきます。

自分が楽しめる趣味なら何でもいいですができるだけ外出してできる趣味の方がおすすめですね。

家で出来ることだと少なからず負担になってしまうので外で出来る趣味を見つけるのが良いでしょう。

夫も趣味がなくずっと家にいる場合は一緒に誘うのもいいかもしれませんね。

仕事が終わり退屈な日々を過ごしている夫もストレスは溜まっているので一緒に発散できる場所ができるのはかなりおすすめです。

ゴルフやジョギング、ウォーキングなんかは年齢関係なく始められますし、ストレスも発散できるのでおすすめです!

まずは何でもいいのでとにかく自分が楽しいと思える趣味を作れるようにいろんなことに挑戦してみましょう!

3.愚痴を言える友達を作る

こればっかりはすぐにできるものではないですし難しい部分もありますよね。

近所にママ友などいればいいですがいない場合は話し相手がいなくなってしまいます。

そんな時に趣味があればそこで知り合った人と話すこともできるので友達づくりのためにも何か趣味を見つけるのが良いかも知れません。

また趣味で知り合った友達だと関係性も遠いので気軽に何でも話せますしね!

4.一緒に外出をする

ずっと家にいて同じ生活をしているとストレスは溜まってしまいます。

近場で美味しいものを食べに行くのも良いですし、たまには泊まりで温泉や観光名所に行くのもいいかもしれません。

旅行などを計画するとそこでの会話も増えますしお互いにストレスを発散できるので定期手計画するのがおすすめです。

まとめ

主人在宅ストレス症候群は珍しいことではなく多くの人が悩んでいる問題です。

実際街で主婦にアンケートをとっても夫には家にいないでほしいという人たちが多数を占めていました。

夫が家にいることで妻は1人の時間が無くなってストレスが溜まり、夫は急にやることが無くなってストレスが溜まってしまいます。

自分だけでなく他の人たちも悩んでいる人は多いのであまり抱え込まないようにできるといいですね。

夫の定年退職前から今回紹介した対策などをとっていけば少なからず負担は減っていくと思うので、まずは夫婦間のコミュニケーションを増やし自分の趣味を見つけるようにしましょう!

できることなら夫にも何か趣味を見つけるように上手く話をすることができれば最高ですね!

主人在宅ストレス症候群は自分だけの問題ではなく夫婦での問題ですが、まずは自分ができるだけの対策はとっておくように努力しておくようにしましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク