• このエントリーをはてなブックマークに追加

残留農薬の落とし方。専用洗剤や重曹で安全な除去方法おすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段食べている野菜や果物には、「農薬」が使われていることをご存知でしょうか?

野菜や果物には旬がありますが、1年中販売できる要因は、この農薬のおかげとも言えます。

しかし、野菜や果物についている残留農薬を少しずつ体内に取り込んでいくことで体内に影響を与えることがあります。

とくに、赤ちゃんや妊婦さんは気をつけなければいけませんよね。

そこで今回は、野菜や果物に残ってしまった残留農薬を洗剤や重曹などを使って、しっかりと落とす方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

残留農薬の現状とは?

まずは、残留農薬を使っている現状について説明します。

残留農薬とは、「殺虫剤」や「除草剤」などのことをいいます。

この農薬によって、野菜や果物が虫に食べられることが少なくなりますし、病気になりにくくなるのです。

野菜や果物を栽培していると、周りに雑草が生えてしまいますよね。

その雑草を農薬によって駆除することによって、野菜や果物に十分な栄養を与えることもできるのです。

そのため、大量生産ができるようになるのです。

このように、現代の農業の現状では、農薬は野菜や果物を安心して育てるためには必要なものとされています。

アメリカやヨーロッパなどでは、農薬を使わない「有機野菜」「オーガニック野菜」が簡単に手に入るようになっているのに対し、日本で売られているものは、まだまだ農薬を豊富に使ったものばかりです。

残留農薬による危険性とは?

農薬を使うことによって先程のようなメリットもありますが、逆にデメリットも豊富にあります。

まず、農薬が野菜や果物に残ってしまう、「残留農薬」が体内に影響をしてしまうということです。

少量であれば、そこまで体に影響はないとされていますが、残留農薬を摂取し続けることによって様々な症状がでてしまうことがあります。

症状としては、腹痛、下痢、呼吸困難、咳などがあります。

また、知らずにアレルギー症状がでることもあるのです。

とくに、妊婦は胎児に影響を与えてしまいますので気をつけなければいけません。

赤ちゃんも同様に、大人よりも影響を受けやすいと言えます。

また、残留農薬がないか検査を行うのですが、全ての食品を検査できるわけではありませんので、その分危険性が高くなるということになりますね。

年々と検査に不合格となる食品が多くなっているようですから、消費者自身がしっかりと残留農薬を落とさなければいけないということになります。

残留農薬の落とし方

農薬は、土の中に残っており、その影響を完全に落とすことはできないと言われますが、それでも危険を最小限に抑える工夫はしたいものですね。

下記の3つの方法が一般的に言われている、おすすめの方法のようです。

専用洗剤を使用する

野菜や果物を洗うための専用洗剤を使用することによって、しっかりと残留農薬やウイルスを落とすことができるのは、案外、知られていないですよね。

なぜでしょう?

それは、大手メーカーが大量に宣伝をしているわけでもありませんし、まだまだ農薬の危険性自体が、こそこそと言われる程度だから、ということにも関連しています。

洗剤、というと、何やら農薬よりもさらに強いものを想像するかと思いますが、自然成分を利用したもので、ナチュラルに農薬成分を分解して落とすものが人気のようです。

身体にとっては、「まるで水」そのものなのに、農薬やウイルスはきれいに落とせてしまうんですね。

身体に優しく、排水にも優しく、お財布にも優しい。

なぜ、もっと知らされていないのだろうと残念な気がします。

重曹を使用する

自然成分、重曹を農薬落としに使う方もいるようです。

その効果は賛否両論ですが、自然成分ですし、危険性があるわけでもないので、やらないよりはやった方がきっと良いのでしょう。

少なくとも、ツヤ出しのワックスなどはこれで落とせますね。

ボールなどに水をたっぷりいれて、小スプーンに重曹を1~2杯入れます。

そのボールに食べる分だけの野菜や果物を30分~1時間程度入れておきます。

面倒だなと思う人は、多めに洗っておいたほうが楽だと思いますが、しかし、そうすると後から野菜や果物が傷みやすくなります。

そのため、できれば食べる分だけ洗うようにしましょう。

30分~1時間程度野菜や果物を入れたあと、取り出して水でよく洗い流します。

皮をむく

残留農薬を落とす方法として一番簡単なのは、皮をむくことです。

野菜や果物の外側についている皮を落とすことが一番簡単ではありますが、その分皮に含まれている栄養を捨てていることにもなります。

安全性をとるか、栄養をとるかということになりますので難しいところですね。

できれば、上記2つの方法を使用することをおすすめしますが、妊婦や赤ちゃんがいるご家庭は皮をむくという方法でもよいのかもしれませんね。

信頼できる自然成分の農薬&ウイルス落とし

農薬やウイルスをきちんと落とせて、でも強くなくて身体に安心なものってないのかしら?と探していたところ、ママ友から紹介されたのが、こちらのベジセーフという洗剤でした。

洗剤というと、泡や合成化学薬品と思われそうですが、まったく逆で、簡単にいうとアルカリイオン水なんだそうです。

それが農薬と結びつくと、きれいに吸引をして表面の汚れも含めて、さっぱりと洗い流してしまうのだとか。

重曹のようにつけ置きする必要はなく、ササッとスプレーでかけるだけ、というのも、お手軽で嬉しいですね。

高い有機野菜をお取り寄せ、ってしなくても良い分、なんだか実はとてもお得に健康的な食品が手に入っている感じ。

百聞は一見にしかず。

まずはササッと振りかけてみて、黄色い油がいっぱい出るのを見てみると、説得力あります。

⇒ 野菜洗いの専用水【ベジセーフ】の詳しい情報はこちら!

まとめ

スーパーや市場などに売られている野菜や果物のほとんどは農薬を使っていることが多く、そのため、残留農薬がついているものがほとんどです。

この残留農薬を落とす方法としては、

・信頼位できる専用洗剤を使用する

・重曹を使用する

・皮をむく

という方法がありますのでぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク